安らぎ

「近代通信技術の父である、忘れられた天才ニコラ・テスラは、20世紀初頭、宇宙空間を満たす「原・媒体(オリジナル・ミーディアム)」について語り、それを光を伝播するエーテル、アーカシャーになぞらえた。彼が1907年に書き、未発表に終わった論文には、この一種の力の場(フォース・フィールド)である原・媒体は、生気(プラーナ)の作用を受けると物質になり、その作用が停止すると、物質としては消滅して元のアーカシャーに戻ると述べられていた。この媒体はすべての宇宙空間を満たしているので、宇宙に生じるすべてのものはこの媒体に由来すると考えることができるとした。テスラは、当時アインシュタインによって提唱されていた空間の彎曲によって存在の由来を説明することはできないと主張した。しかし、20世紀の最初の10年が終わるころ、物理学者たちはアインシュタインが数学的に厳密に構築した四次元の彎曲する時空連続体を採用し、小数の異端の理論家たちを除いては、宇宙を満たすエーテル、媒体、力の場などの概念を採用しなくなった。テスラの洞察に満ちた考え方は不評を買い、やがて忘れ去られた。だが現在、テスラの考えが再び脚光を浴びている。ボーム、パソフをはじめ、一部の科学者たちは、自然界における情報の役割を再発見し、自然界の情報場(インフォメーション・フィールド)は、量子真空ではないかと考えている。しかもそのような科学者が次第に増えつつあるのだ。量子真空は、まだ完全に解明されていないものの、現在盛んに議論されている宇宙空間を満たしているエネルギーの海なのである」アーヴィン・ラズロ著 吉田三知世訳『叡智の海・宇宙』日本教文社より




宇宙の根本となる原・媒体(オリジナル・ミーディアム)が

宇宙をあまねく満たす量子真空という情報場(インフォメーション・フィールド)。

この量子真空に生気(プラーナ)が作用すると、

量子真空は重力場と電場と磁場と音場などに分裂する。

この量子真空から分かれた幾つかの場がリンクしながら、

原子や分子を集める役割を果たす。

ヒトの身体もだから量子真空というインフォメーション・フィールドを

おおもととし、その構成要素である重力場や電場や磁場や音場が

合わさり、そこに原子や分子の集合体である物体としての肉体が

同化している存在だ。

東洋医学で言う気とは、もしかしたら、

テスラの理論を借りれば、

量子真空と物質界をつなぐ役目を担うのかもしれない。

ある気の研究者は気をエネルギー情報だ、と捉えた。

気とはエネルギーと情報のふたつの機能を持つという認識だ。

わたしが気の世界に同化した時、

わたしはエネルギーと情報のふたつの世界に同化し、

量子真空に接続されているのかもしれない。

そんな時、わたしは得も言われぬ安らぎを感じる。

スポンサーサイト

2017.04.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR