佃煮

「伝統的な科学では、科学的装置によって検出された対象自体を実在とみなすが、これはあくまでも自然界に対するひとつの解釈にすぎないことを忘れてはならない。ホログラムの例に見られるように、空間と時間が融合した形で存在する情報は、そのままでは科学的装置および人間の五感によって検出することはできない。これが、デヴィット・ボームの仮説による暗在系に相当する。直接には観測することのできない実在としての情報ーそれがホログラムの特長であり、暗在系という仮説を認識するためのモデルなのである。『存在の根源としての気』は、暗在系のように直接には観測できない実在なのかもしれない・・という可能性は否定できない。ホログラムに含まれた情報は、適当な方法で検出可能なかたちに変換されることによって、三次元の像として、人間または装置に認識される。これが観測された存在、すなわち『明在系』に相当する。我々は観測された方を実在と思いがちだが、ホログラムから作り出された明在系としての三次元像は幻であり、直接には観測できないホログラムの情報が実在であるというパラドックスが成立する。ホログラムとのアナロジーで考えれば、科学的装置によって検出された物理的存在としての外気は、暗在系の実在としての気が検出可能なかたちに変換された一種の『影』なのかもしれない、という仮説が成立する。もしも、このような推察があたっていれば、『存在としての気』は、既存の物理学の枠内ではとらえられないことになる」国際基督教大学教授・物理学 石川光男「気と現代科学の接点 気の科学的研究とは何か?」別冊宝島103「気は挑戦する」より



いわゆる素粒子のニュートリノに質量があることを証明したのが、

岐阜県飛騨市神岡町にあるスーパーカミオカンデという観測装置。

地下1000メートルの深さにできた

直径39.3メートル、高さ41.4メートルの円筒の壁に

光電子増倍管という光センサーが1万1000本備え付けられて、

この水筒に5万トンの純水が蓄えられている。

この水筒を貫通したニュートリノが、

水分子に当たりチェレンコフ光を放つと、

これを光電子増倍管が捉えて電気信号に変換し、

ケーブルを使って解析機にデータを送信し、

そこでデータ処理が行われてニュートリノ振動が検出される仕組みだ。

ニュートリノは一日に30個ほどが検出されているそうだ。

かかった金額を聞けば腰を抜かすような国家予算を投入した

この巨大プロジェクトにより、

ついに17種類ある素粒子のひとつであるニュートリノの観測に

成功したのだ。

まあ、スゲエ、はなしだよね。

気を素粒子のひとつと仮定してみる。

どうにかそれをとらえる観測装置を作れないものか。

国家予算を投入して大規模なプロジェクトXを組む。

ここ、中島みゆきのあの曲をBGMに流して読んでよ。

よく知らないけど(笑)

ジャジャーン!

果たして出来あがった気観測装置はスーパーカミオカンデとは

似て非なるまったくお得でコスパな簡易な装置。

その名も「スーパー気ミオカンデ」(笑)

いや実は装置ですらない。

だって、ほら、このオレオレ、俺様、

わたしこそが気の観測装置なんだから。

チャンチャン!

日本にはまともな東洋医学研究所すらない。

だから気の問題がクローズアップされた時、

率先して気の科学的研究に取りこんだのは、

私立大学の教授たちだったと記憶している。

この国は東洋医学に対して徹底的に冷たい。

いや冷たいどころではない。

差別そのものだ。

ある皮膚科学者の本にはこんな事が書かれている。

その皮膚科学者が学会で知り合った学者仲間に、

東洋医学の研究をしたい旨を告白した。

するとそれを聞いたその学者は、

自分も気のようなものは絶対にあると常々思っており、

研究したいのはやまやまだが、

もしも、それをクチにすれば、科研費の予算が

取れなくなり失職する。

だから悪いことは言わないから、

君もまずは今の自分の研究を優先し、

自力を付けてから、気の研究なり東洋医学の研究なりに

移ればいい、と忠告したというのだ。

気や東洋医学には興味津々だが、

その研究を許さない日本アカデミズムの風土とは、

いったい何なのか?

これがリアル、これが現実なんだぜ、みんな。

東洋医学をウサンクサイものとして永遠にスルーする。

この国家的アカデミズムの風土が、

一般大衆をそうした差別意識へとハーメルンの笛よろしく

誘導してきたのだ。

スーパーカミオカンデにかけたくらいの国家予算を

気の研究につぎこんでみなよ。

ノーベル賞なんか佃煮にできるくらい

たくさんのとてつもない発見が相次ぐからさ。

命に直結した問題にはゼニを一銭も出さず、

言っては悪いけどどうでもいい研究に

膨大な税金が食いつぶされている。

なんだっけ、ほら、モンジュだっけ。

何兆円も投入して生みだした電力は0だったってアレ。

おい、その何兆円を返してくれよ。

その何兆円があれば、日本国立東洋医学研究所くらい

たぶん簡単に作れるからさ。

あるいは日本東洋医学ランド。

ディズニーランドよりも面白い夢と魔法の鍼灸指圧テーマパークだぜ。

ジェットコースターの座面がボコボコにしてあって、

ツボ押し座面。それで急降下するから、

ケツが痛いのなんの(笑)

生命誕生から医療を俯瞰するという大きなコンセプトのもとに、

やっぱりアイスマンのレプリカでお化け屋敷だよね。

アレが歩いてきたら、相当、怖いよ(笑)

水槽に生きたサバを鍼で眠らせてプカプカ。

サバだけでなく、色んなサカナを眠らせた

サカナ睡眠館。見てもぜんぜん面白くない(笑)

江戸期ニッポンの鍼医をずらっと蝋人形で並ばせて

見せる江戸ニッポンスター鍼医館。

おっ、これはけっこうイケルかもね。

日本国立東洋医学研究所の横に、

テーマパークの東洋医学ランド。

おれこっちの東洋医学ランドの初代会長になるわ(笑)

国立東洋医学研究所の初代所長は、

おれにはちょっと荷が重いからさ。

優秀でインテリジェンスに溢れた我が業界のスターに

そっちはお任せ。

まったく、この国は、ほんと、へんな国だよ。

自国の伝統医学をこれっぽっちも大事にしない。

子供の教育にも良くないってぇの!

まあ、文句を言えばきりがない。

とりあえず、生きたスーパー気ミオカンデ、

今日も気の検出に励みます。

スポンサーサイト

2017.03.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR