森の医学

「目に見えない経絡や経穴が、かくも精緻にとらえられてきたのは何故だろうか?長年の試行錯誤と経験の積み重ねによって身体をめぐる経絡が一つ一つ探り当てられていったというのが常識的な理解ではあるだろう。しかし、紀元前にすでに経絡の大半が記載されていたことを考えると、経験の積み重ね説にはどこか無理がある。むしろ、身体を流れる気の通路を実感できる『経絡敏感人』や気の流れが目に見える特異能力を備えた人びとによって、経絡はその存在をとらえられてきたと考えた方が自然なのではないだろうか。事実、それを裏付けるような話を白寿会診療所の森万寿夫博士から聞いたことがある。白寿会診療所にある日来診した少女は、自分自身だけではなく、いろいろな患者の経絡を指でたどり、ツボを指摘したそうだ。それが経絡図とぴったり一致するので驚いた森先生がどうして分かるのかときくと、少女は目に見えるのだと答えたという。この少女は中卒で、経絡や医学に来する知識はまったく持っていなかった。森先生はこの少女の特異な能力について、いろいろな角度から検討して詳細な記録を残しているし、東洋医学研究の第一人者である間中善雄博士もこの少女を診察している。ただし、この少女の透視能力は、病気が治るとともに消失してしまったらしい」勝田産婦人科医院院長 勝田正泰『気から経絡を考える』別冊宝島103「気は挑戦する」より



紀元前をさかのぼる古代中国大陸の表面は

今のはげた黄砂の大地と異なり、

国土の80%以上が樹木に覆われた大森林だった。

鬱蒼としたその森にはゾウやトラが跋扈していた。

そうまるで「もののけ姫」の世界だ。

森の空気は澄み、そこに住む人々の感性は

豊かで鋭敏だったはずだ。

そんな時代に東洋医学の基本コンセプトができた。

そんな時代に暮らした森の住民は、

その鋭敏な感性で、経絡や経穴を直接に

見ることができたのか?

きっとできたのではないだろうか。

そんな仮説をこの冒頭文を読んだのちに、

ずっと私はこの胸に温めてきた。

今の時代に生きる鈍感な者でも、

訓練を積めば、どうにか気を感じるくらいはできる。

と、自分の経験を踏まえて感じる。

こんな汚れきった世界でも気は感じることができるのだ。

だとしたら、汚れていないまっさらな古代の森の中なら、

きっと経絡や経穴は見えた、

いや今よりもはるかに気を捉える能力は

高かっただろう。

現代人の常識など古代世界には通用しない。

想像力をたくましくしなければ、

東洋医学の真実は読み解けないのだ。

スポンサーサイト

2017.03.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR