フォースと共に

「あらゆる生物システムの形態または組織は、複雑な動電場によって形成される。動電場と、それを構成する物理的化学的成分との間には、『成分が場を決定し、逆に場が成分の動向を決定する』という関係が部分的に成り立っている。動電場は、物性的には電気的性質をもち、その特性ゆえのかたちで生物システムと結びついている。また、この場というもの自体、生物システムの存在に起源を起源をもつ部分がある。したがって、動電場とその構成要素は、相互依存の関係にある。動電場は、単にパターンを形成するだけでなく、生命体の盛んな物理化学的新陳代謝の中で、パターンを維持し続ける能力がある。だから、それは生命体をコントロールするものであり、その活動により、生命体に全体性、組織性、および継続性が生じるのだといえる。したがって動電場は、ドリーシュのエンテレヒー、シュペーマンの発生場、ワイスの生物場などにも匹敵するものである」ハロルド・サクストン・バー著 神保圭志訳「生命場の科学」日本教文社




東洋医学はヒトの身体をただの物体と見なすことなく、

物体としての身体を取り巻き、それをはぐくみ、

養うある種の生命力の根源的エネルギーと呼べる気(き)と

いうナニカを設定することで、東洋医学の生命観を打ち出した。

まだいまのように科学が発達していなかった2000年以上前の

中国で、古代の鍼医は気などという意味不明のトリセツ用語を

設定することで、大衆を煙に巻き、医療という既得利権を

保持する姑息な手段を使ったのか?



気など無いと、現代科学に洗脳された者たちは思いたいだろう。

しかし、鍼灸指圧師になって25年余。

気などあるわけがない、という思いを十分に尊重できるほどに

現代的価値観に洗脳されていた私ですら、

やはり何らかの気と呼べる現象が確実にある、と思うに至るに

十分なエビデンスを体感しているのだ。



気をひとことで説明できる科学用語があればどれほどありがたいか。

気をひとことで説明できる科学用語があれば、

きっともう東洋医学をウサンクサイなどど言ってはいられなくなる。

バイタル・フォース(生命力)という概念が

スッポリと抜け落ちた現代医学を盲信する一般大衆の視線を、

どうにかこちら側に向けさせることはできないものか?



そんな事ばかりを考えて、関連書籍を読み漁っているうちに、

日本の先駆的皮膚科学者の傳田光洋博士の著書のなかで、

冒頭の動電場のネタがフューチャーされている記述を発見した。



うん? なになに? 動電場だって? なんのことだ?

そいつは、漢字の読みのとおりの、動く電気の場のことかい?

動電場についての唯一と言える専門書が日本の出版社で

復刻されていることをその傳田博士の本で知り、

私は即座に書店に注文を入れて、今か今かとその本が

届くのを待ちに待った。

ようやくその本が手に入った!

興奮の坩堝と化して読みふける。

待望の本には、まさに私がずっと求めていたものがあったのだ!



名門の誉れ高きイエール大学・神経生理学教授ハロルド・サクストン・バー博士。

現代医学の正統アカデミズムの殿堂にあり、

異端を貫いた西洋の間中善雄。

その30年以上に渡る地道で精密な実験は、

ヒトの生命が宇宙と電気的に連動し、

ヒトの身体と心が電気的に共鳴していることを

ついに立証したのだ。



冒頭本の最初のページにはバー博士の英知溢れる肖像画が掲載されている。

スター・ウォーズ・シリーズでジェダイ・マスターを演じた

俳優のリーアム・ニーソンに少し似ている風貌だ。

そして次ぎのページをめくると序文に、



「私たちのいる宇宙。私たちと密接不可分の関係にあるこの宇宙は『法則』と『秩序』の場なのです。それは偶然に生じたものではなく、混沌でもありません。宇宙は、すべての荷電粒子の位置と動きを決定できる『動電場(エレクトロ・ダイナミック・フィールド)』によって組織され、維持されているのです。ほぼ半世紀の間、この仮説の論理的帰結が厳密に管理された実験にゆだねられてきましたが、否定する結果には、いちども出会っていないのです H・S・バー」



と書かれている。



東洋医学の哲学において中核となるコンセプトが

天人合一(てんじんごういつ)というアイデアだ。

天とは天空のみならずヒトを取り巻くすべてを意味する。

そのヒトを取り巻くすべてとヒトは同一、

つまりヒトとこの宇宙は密接不可分だと訴える究極のエコロジー思想だ。



バー博士はヒトのみならず植物や動物などの地球に生きる生き物の

すべてが、その生命体の内外に電気的な場を保持し、

その電気的な場が鋳型の導きとなり生命は胚から発生分化し、

その電気的な場は宇宙の電気的な場と連動しながら、

生命の成長を養い、生命は電気的な場の栄枯盛衰と共に、

生長化収蔵のサイクルを過ごし、

生老病死の一生を電気的にトレースする、ことを実験で立証した。

このように東洋医学の天人合一思想は、バー博士の動電場理論と

見事な一致を見せる。



であるのなら、気というバイタル・フォースを表現する

ひとつの有力な証拠として動電場をピックアップしても

それほど荒唐無稽ではない、と私には思えたのだ。



気 ≒ 動電場 ?

いや フォース ≒ エレクトロ・ダイナミック・フィールド ?



銀河最強のジェダイ・グランドマスターのヨーダは

気についてこんな風に語っている。



「・・・フォースは、わが強き味方。生命がそれを産み、はぐくむ。そのエネルギーは、われわれを取り巻き、われわれを結び付ける。われわれは輝ける存在。こんな粗雑な物体ではない。身の周りのフォースを感じるのだ。ほれ、わしとお前の間にも、そこの岩と木の間にも、いたるところにある・・・」冒頭同書より引用



フォースはヒトの体壁筋肉系の活きた凝りにも宿る。

その活きた凝りのフォースが開放された時、

ヒトは宇宙と一体になる。



気とはわたしたちと天を結びつけるかけがえのないフォース、

動電場だ。

スポンサーサイト

2017.03.27 | | コメント(3) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

差し出がましい提案ですが・・・

バイタル・フォースよりもバイタル・パワーという
言葉のほうが良いと思います。

「パワーかフォースか」という本をご存知ですか?
デヴィッド・ホーキンズ博士の定義では
フォースは、エネルギーを奪う力、
パワーはエネルギーを与える力と
いうことになるので、「生命力」という場合は
「バイタル・パワー」が良いのではないでしょうか。

先日、私も、「パワーかフォースか」という記事を
書いたばかりで、ハリィ~♪今村さんとシンクロしちゃった♪
と勝手に喜んでます♪

リンクどうぞ、ということなので(笑)
「パワーかフォースか」
http://blogs.yahoo.co.jp/shihihaida/15501069.html

3804

2017/03/27 (月) 17:25:05 | URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

リアル・ヨーダとしては、やっぱりフォースという言葉は譲れない(笑)

ちなみにバー博士のこの著書でも、普通にフォースに訳語として力と明記されておりますので、

そのあたりを尊重し、わたしの論説にも統一性を持たせるためでもあります。

パワーのほうは、活きた凝りはパワースポット、という表現で以前に使用済みでした。

バイタル・フォースという思想は西洋の生命観においても、底流を成すもの、とされます。

しかし西洋アカデミズムの世界では、いつからかスルーされてしまった案件のようです。

2017/03/27 (月) 17:39:38 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

了解です。

ハリィ~♪さんは、こだわりがあって
この言葉をつかったんだろうなーと
思っていました。

ポジティブとかネガティブとか判断するのも
人間ですからね。
自然界には、そういう区別さえ本当はないん
ですよね。。。

ばい菌といわれて人間から忌み嫌われて、
消毒、滅菌の対象となってしまっている
微生物にも命があり、役割があるのですから。。。

4561

2017/03/27 (月) 17:46:41 | URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR