治癒力の源泉

ヒトの体壁筋肉系の凝りに潜む竜のような動きの

DLS( Dragon Like Stream )が

指圧の治療中に見えてくると、

それが鍼の治療中にも、灸の治療中にも、

見えてくるようになった。

鍼を腰に打っていると、全身へとそのDLSが波及し、

患者の手の指先が呼応しタップを鳴らし、

足先がステップする。

腰に温灸を当てていると、

やはりDLSが顔を出し、

患者の全身が振動する。


【体壁筋肉系のある一点への鍼灸指圧の入力情報は、

体壁筋肉系のすべてを振動させる。

それは体壁筋肉系にはDLSというメカニズムが

作動しているからなのだ】


これまで東洋医学2000年の歴史において、

いま私がここに書いたようなコンテンツを

公開提示できた者がいただろうか?

そもそも、指圧の術を極めて凝りに潜む竜の存在を

発見した者とて、恐らくはいないはずだ。

だから今ここに私が書いている内容は、

これまでの2000年の東洋医学史においては、

初の公開となる非常に斬新な発見であることを、

ここに明記しておく。

よく言う秘伝や門外不出の情報などは

私にとっては単なるコケオドシの釣りに過ぎない。

そうした秘伝の魔法があると喧伝することで、

そうした派閥におっちょこちょいを吸引し、

しばりつけておくのが組織の生き残り戦略なのだ。

私はこれまで自分の知見をすべてタダで

ここに公開してきた。

25年余かけて私しか知り得ないDLSの真相も、

いまこうして無料で公開してしまった。

隠していては、世紀の発見も埋もれてしまう。

ネタにも旬があるのだ。

DLSがあるから時に奇跡的な治癒に成功する。

DLSこそ治癒力の源泉だ。

スポンサーサイト

2017.03.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR