身体論の解体と再構築 31

「ヒトもまた光合成生物である」今村光臣(C)




ヒトの皮膚は太陽光線の紫外線を浴びると、

コレステロールを材料にビタミンDの前駆体である

コレカルシフェロールを合成する。

このヒトの皮膚で合成されたコレカロシフェロールは、

その後、血流に乗って肝臓や腎臓に送られて、

ビタミンDに加工される。

するとこのビタミンDは腸において

カルシウムやリンの吸収を促進する。

ビタミンDはビタミンと名が付いているが、

れっきとしたホルモンだ。

ビタミンDの不足は高血圧、結核、

がん、歯周病、冬季うつ病、末梢動脈疾患、

1型糖尿病、免疫疾患と関連すると言われる。

つまり太陽光線を適度に浴びて、

皮膚でビタミンDの前駆体のコレカロシフェロールを

産生し、血流を良くして腎臓や肝臓へと

コレカロシフェロールを送り、

ビタミンD合成に励むことは、

結果として上記の疾患の予防になると予測できる。

ヒトの皮膚はビタミンDの前駆体だけでなく、

酸素濃度の低下を感知するとエリスロポイエチンという

ホルモンを合成する。

エリスロポイエチンは普通は腎臓で合成されるホルモンだが、

このように皮膚でも合成される。

エリスロポイエチンというホルモンは骨髄造血巣に働きかけて

赤血球産生を促進するホルモンだ。

赤血球が少なくなることを貧血というが、

貧血になれば赤血球のヘモグロビンに酸素を吸着して

全身の細胞内のミトコンドリアへと運ぶ酸素の量が減る。

するとミトコンドリアが酸素を使って生み出すATPも減り、

ATPは生理活動のエネルギーだから、エネルギーが不足し、

いつも顔色が青白く、力が入らない貧血体質になる。

エリスロポイエチンは鍼灸指圧により皮膚で増産できるかもしれない。

だとすれば鍼灸指圧は貧血体質の予防や治療になる。

実際に過去の臨床例から言えば鍼灸指圧で貧血が治った例はゴマンとある。

皮膚はビタミンD前駆体やエリスロポイエチンだけでなく、

押されれば一酸化窒素とATPを合成し、

優しく撫でればオキシトシンやβエンドルフィンを合成し、

その他にも脳腸ホルモンと呼ばれる何種類ものホルモンを合成する。

皮膚はホルモンの合成器官なのだ。

ホルモンというとこれまではいわゆるヨーガの

世界でいうチャクラの位置にある内分泌器官

(脳下垂体、視床下部、松果体、甲状腺、胸腺、膵臓、副腎、性腺)から

分泌されるホルモンばかりがホルモンであると

習ってきた。

しかし、むしろ、こうした内分泌臓器という器官に特化したホルモンは

後発モデルであり、例えば皮膚や血管壁で合成される一酸化窒素や、

バクテリアの時代から使用されてきたメラトニンやセロトニンなど

が、老舗の由緒正しきブランドホルモンである、ことが

近年になりわかってきた。

そのブランドホルモンを産生する本拠地が皮膚なのだ。

太陽光線との関係で言えばバソプレッシンというホルモンは

光りを浴びることでサーカディアンリズム(生体時計)をアジャストする。

バソプレッシンはオキシトシンと構造がほぼ同じで抗利尿ホルモンだが、

男性的な愛情表現を演出するホルモンとされる。

バソプレッシンというホルモンもまたもしかしたら太陽光線を浴びて、

皮膚で合成されているかもしれない。

ビタミンD前駆体に関して言えば、ヒトは皮膚で光合成をしている

といっても過言ではない。

ミトコンドリア内の酵素の鉄や赤血球のヘモグロビンの鉄は

太陽光線を浴びると活性化する。

ヒトという存在はある意味、光合成生物の側面がある。

スポンサーサイト

2017.03.09 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

お日さまフリークです♪

副題の、「ヒトもまた光合成生物である」今村光臣(C)だけで、おぉーって思っちゃいました。

こんなに、はっきりと分かりやすく明言してくださって、ありがとうございます。

そうなんですよね!

曇りの日、雨の日は、昔から、元気が出ませんでした。
お日さまの光を浴びたら、それだけで、元気復活、というのを実感しているので、人間というか動物も実は、光合成しているんだろうな、となんとなく感じていましたが、常識に囚われてしまっていました。
ミトコンドリアの存在を再認識したのが、数年前。。。
高校の生物でやったはずなのに、生だけは覚えていましたが、役割のことをすっかり忘れていたんです。
その上、小説「ミトコンドリア・イブ」を読んだことさえもすっかり忘れていました。
2010年にアメーバ・マニアになり、2011年からの乳酸菌培養を経て、2013年にミトコンドリアとの再会で、今村さんとも出会うことができました。

私、若いころは一応お化粧したこともあったのですが、どうしても、皮膚が呼吸できない気がして、気持ち悪くて長続きしませんでした。
クリームとかも、塗ると苦しい感じがして、だめでした。
そんなこんなで、化粧もクリームなどの保湿なども全くしないので、顔をちょちょいと洗って済ますだけの洗顔しかしませんが、ほぼしわなしの肌です。

お化粧嫌いがどこからくるのか分からなかったけれど、皮膚の細胞のミトコンドリアが私に、お日さまが大切であることを教えてくれていたんだなーって今なら分かります。
ミトコンドリアがエネルぎーを供給してくれるから、ホルモンを合成できるし、体を動かすことができる。
お日さま、酸素が大好きなミトコンドリアが私たちに自然回帰を促しているんですよね。
この声に耳を傾けることができる人と、できない人の二極化が始まっています(笑)
3580

2017/03/11 (土) 06:43:49 | URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

オリエントスズメバチ


という昆虫の蜂は、外骨格の茶色の部分で太陽光を捕獲し、黄色の部分で発電して電気を生みだしているそうです。

その電気を何に利用しているかは未解明らしいのですが、つまりオリエントスズメバチは、ソーラー発電、太陽光発電をしているのです。

ひろみさんも、オリエントスズメバチなみに先を行ってる?(笑)

2017/03/11 (土) 13:02:47 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR