身体論の解体と再構築 27

「鍼灸指圧はスポーツだ」 by 今村光臣(C)



鍼灸指圧は医療、というのが世の常識だ。

果たしてそうだろうか?

たしかに痛みや各種症状を取り除くから、

医療の側面があることはたしかだ。

また伝統鍼灸の分野では西洋医学でも治せない難病が

治るケースもある。

まさに医療としての鍼灸指圧の面目躍如だ。

しかし、そうした医療としての鍼灸指圧の素晴らしさは

ほとんど一般化しない。

いやまったく一般化していないのだ。

だから鍼灸指圧を受けるひとの人口は日本では

受療率3%といわれる。

ハッキリ言えば、鍼灸指圧をルーティンに受けてる日本人

の数は無いに等しい。

つまり鍼灸指圧はすでにそういう状況なのだ。

鍼灸指圧が医療といっても、

西洋医学がこの国で正統医療として認められて

すでに130年以上が経過しているのだ。

だから医療といえば西洋医学、現代医学と

普通に思うのは当たり前なのだ。

そして現に西洋医学や現代医学はある意味、非常に優れている。

東洋医学では絶対にできない感染症に対する抗生治療、

外科手術、非可逆的な症例への処置など

その素晴らしさは鍼灸指圧など足もとにも及ばない。

そうした分野でもしも張り合うのなら、

鍼灸指圧はもちろん完敗だ。

では医療の術としても、人気としても

鍼灸指圧はダメダメなのか?

オーマイゴッド!

だからね。

発想の転換が必要なのさ!

鍼灸指圧は医療としてもそれなりに優れているけど、

鍼灸指圧をスポーツと見たらどうか?

エッ、鍼灸指圧がスポーツだって?

おまえ、頭がおかしくなったんと、ちゃうんか?

いやいや、大まじめ、マジメに言ってるんですよ。

だって、鍼灸指圧を受けると血流が促進されて、

筋肉が動いて柔らかくなって、

マジで超気持ちよくなるんだから。

スポーツの語源は「気晴らし」。

まさに鍼灸指圧は気晴らしにうってつけのスポーツなのだ!

鍼灸指圧をスポーツとして楽しむ国に日本がなれば、

医療費の高騰問題は自然に解決するだろう。

鍼灸指圧はスポーツだ!

エッ、そこのアンタ、まだスポーツとしての鍼灸指圧を

知らない? やったことない?

受けたことないの? 参加したことないの?

おっくれてる〜!

ただベットにごろんと横になって

術者の指に身をゆだねるスポーツ。

それが鍼灸指圧のスポーツとしての醍醐味だ!

スポンサーサイト

2017.03.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR