身体論の解体と再構築 5

あまり知られていないがヒトの皮膚は

酸素濃度を感知するセンサーとして機能している。

だからもしも皮膚に触れる空気の酸素濃度が

低くなると、赤血球を、つまりヘモグロビンを

増産するシグナル(信号)となるホルモンを

産生する。この赤血球(ヘモグロビンも)を増やす

ホルモンの名をエリスロポエチンという。

エリスロポエチンは普通は腎臓で産生されるが、

実は皮膚でも作られている。

腎臓は血圧を調整する器官でもあるが、

流入する血液量をモニタリングして、

いつもより血液量が少なくなればエリスロポエチンを

産生して骨髄造血巣に赤血球をたくさん作るように

指示する。それと同じような機序で

皮膚は皮膚で酸素濃度をモニタリングし、

もしも低酸素濃度になればヘモグロビンを多く産生する

ことでより効率的に少ない酸素を吸着するために

エリスロポエチンを産生することで骨髄造血巣に

赤血球の増産を促すのだ。

この皮膚で産生されるエリスロポエチンと

鍼灸指圧はどうも密接にリンクしているようだ。

鍼灸の臨床関連書籍の治験例には、

よく貧血症状の改善例が列挙されている。

つまり鍼灸指圧により赤血球が増産されたという

エビデンスが多数あるのだ。

この鍼灸指圧による貧血症状の治効機序を

ザックリと単純に説明するのなら、

鍼灸指圧による刺激が皮膚の細胞核セントラルドグマに

作用することで、皮膚でのエリスロポエチンの増産を促し、

皮膚で作られたエリスロポエチンが血液に乗って

骨髄にまで運ばれると骨髄造血巣における赤血球の

産生が増して、その結果、血液量が正常になった、

と解析できるだろう。

ヘモグロビンは毎秒アポトーシス&リモデリングで

400兆個! もの膨大な数が瞬間、瞬間に

骨髄で生みだされている。

このヘモグロビンのヘム鉄に酸素や一酸化窒素や一酸化炭素が

くっつき、全身の細胞に一酸化窒素の血管拡張ホルモンの

作用で送られることで、

細胞内のミトコンドリアや細胞質の解糖系で

ATPが生み出されてヒトは元気をもらうのだ。

鉄も酸素も一酸化窒素も一酸化炭素も

ATPも乳酸もグレリンもエリスロポエチンも

必須栄養素も

動物も植物もバクテリアも

大地も川も海も大気も

地球も宇宙も

すべてが揃ってはじめてわたしたちの命がある。

鍼灸指圧とは

皮膚に触れることで、

このすべてとつながる医療だ。




※ 「鍼灸指圧 光伯堂」からのお知らせ

  2月後半の営業スケジュール

  休日は、20日(月)、
      26日(日)、27日(月)です。

  県内は 沼津市、富士市、静岡市、焼津市、藤枝市、島田市
      吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、
      磐田市、浜松市から





  

国内は 宮城県、千葉県、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県、

      
      山梨県、長野県、愛知県、三重県、岐阜県、福井県、

    
  奈良県、大阪府 から、

  



  国外は アメリカ、ドイツから、

  
  これまで多くのクライアント様に
ご来院頂いております。

  ホンモノがわかる顧客に愛されて25年





  

  世界でここだけの ワン&オンリーな おもてなしの治療がモットーの
  
  「鍼灸指圧 光伯堂」を、
どうぞ御利用くださいませ。

  




  光伯堂 TEL 0548ー22ー8740


スポンサーサイト

2017.02.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR