ぼくらはみんな生きている

ミミズがいなくなると世界は落ち葉に埋もれ

植物も動物も死滅する。

ミツバチがいなくなると受粉の媒介者を失い

世界の30%の植物性食料がなくなる。

土壌中に棲む窒素固定細菌がいなくなると

植物への窒素供給が絶たれ植物が死滅し

植物を食料としている動物も死滅する。

シデロホアという分子をキレートに鉄元素を

自然界から取りこむバクテリアがいなくなると

鉄元素をこのバクテリアから供給されることで

命を養う植物界と動物界の生態系が全滅する。

手の平を太陽にすかしてみれば、

真っ赤に流れる僕の血潮のなかの

赤血球のヘモグロビンの鉄元素には、

酸素と一酸化窒素と一酸化炭素がくっついて

全身へと運ばれて、ミトコンドリアでは

酸素を鉄元素の酸化還元反応によりATPという

エネルギーに変換することで

わたしたちは生を得る。

この赤血球のヘモグロビンの鉄元素が

一酸化窒素の血管拡張作用により

血流を通して全身へと酸素を運び、

全身の細胞内のミトコンドリアにある

鉄元素を中心に抱えたチトクロム酵素が

ATPを生み出すからわたしたちは生きているのだ。

ぼくらはみんな生きている。

でも、生きていられるのは、

ミミズやミツバチや窒素固定細菌や鉄固定細菌や

ヘモグロビンやミトコンドリアやチトクロム酵素や

酸素や窒素や二酸化炭素や鉄元素や、・・・

つまり自然界のお蔭だ。

スポンサーサイト

2017.02.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR