女神のウインク

食虫植物のハエトリソウは、ご存知のように

開いた葉にウッカリ止まったハエを

葉のセンサーで感知して、その葉を閉じて、

ハエを閉じこめて、粘液で消化して

葉の内部へハエを吸収する。

なんで光合成で必須成分を作りだせる植物が、

ハエをわざわざその葉で「食べる」のか?

実はハエトリソウの産地の土壌には窒素が少ないのだ。

豆科の植物などはその根で窒素固定細菌を誘引することで、

窒素の少ない土壌でも窒素固定細菌の空中窒素固定によって

窒素を供給してもらうことで窒素を確保できる。

しかし、ハエトリソウはこうした窒素固定細菌に頼る戦略ではなく

大胆にも、窒素源として動物を食べてしまう、という

戦法を編み出したのだ。

昆虫と植物の共生の歴史もまた長い。

およそ3億年はすでに植物と昆虫は共生してきた。

食虫植物がいったいいつから虫を食べるようになったのか、

はまだわからないが、ハエトリソウの生態は植物と動物の中間と

いえなくもない。

ちなみにハエトリソウの葉をいたずらに何度も閉じさせると、

ATPを使い果たし枯れてしまうという。

植物体内のミトコンドリアが生みだした貴重なATPが

いたずらによる葉の開け閉めに使い果たされて、

生きるエネルギーが奪われて死んでしまうのだ。

植物もまたミトコンドリアに生かされた存在だ。

ハエトリソウの英語名は「ビーナス・フライ・トラップ」。

その葉の形がまるで女神の目に似ていることから、

女神のハエ取り罠、なる英語名がついている。

ハエの旦那、女神のウインク、美女のハニートラップには

くれぐれも気をつけろよ。

生命はあらゆる手段を行使して必須な成分をこの地球環境から

獲得する。ヒトもまたこれまであらゆるものを食べてきた。

ハエトリソウも驚くほどにヒトは昆虫も食べてきた。

昆虫は窒素源つまりタンパク源として優秀なだけでなく

ミネラルやビタミンや良質な脂質に富むヒトにとっての

貴重な栄養源だった。農薬を散布して昆虫を殺すよりも、

昆虫も食べるようにすれば農薬代も要らずに、

昆虫と栽培植物の両方が食べられるという意見すらある。

ニュージーランドにはネズミ大にまで大きくなるウェタと

呼ばれるコオロギが絶滅危惧種として生きている。

こいつを牧場で養殖したらタンパク源がたくさん取れそうだ。

「ミミズだって、オケラだって、アメンボだって、

みんなみんな生きている」( by やなせたかし )

生きることは食べること。食べることは生きること。

生き物はみな食べるために生きて、生きるために食べる。

美味しいものを求めることはヒトとして健全だ。

スポンサーサイト

2017.02.08 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

食虫植物は

おもろいですね。
あるプロレスラーがこの専門家なんですが、いろんな逸話を去年の夏場にラジオで披露していて、もっと聞きたいなと思ったもんです。
欲する滋養が土中から得られるのなら、やっぱ、食うの止めちゃうんだろうなー。

2017/02/09 (木) 15:01:50 | URL | 陣中見舞い #- [ 編集 ]

食中植物って、もしかして植物のプロトタイプ?かしら。

土壌がまだ未完成の古生代に、まずは昆虫などの節足動物の祖先をバクバク食べてたのが植物の祖先?とかね(笑)

そんで、土壌が出来て、根っこから栄養源が吸い取れるようになるにつれ、

食虫の習慣を止めた、という筋書きのトンデモ大胆仮説も、おもろいね。

こりゃあ、映画リトルショップオブホラーズも顔負けのバケモン植物が古生代に跳梁跋扈してたかも。

そんで歩けたりしてね。

化石に残っていなければ、エビデンスを立証できないけど、

なかなか想像力が試される領域だね。

2017/02/09 (木) 19:13:17 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

その仮説

ワクワクしますね。今の我々の身体は、
地球の生命史の保管庫として生かされている訳ですね。
人間の活動に必要な情報なんてケシ粒程度なんでしょう。
うん、この命、正に借り物ですな。

2017/02/10 (金) 07:13:20 | URL | 桑畑五十郎 #- [ 編集 ]

桑さん、なんでも古生代には、6メートル高にまで大きくなったキノコが生えてたというし。

何人分のキノコパスタが出来るんだって話(笑)

リトルショップ・オブ・ホラーズの人食い植物なみに、大きい食虫植物がいれば、

恐竜もひとのみかも(笑)

エリシア・クロロティカでしたかね。ウミウシの一種は植物と動物の中間のような生態で、

葉緑体で光合成をする段階になると、完全に植物の性質を帯びるとか。

動物とか植物という分け方も、なんだかけっこう画一的ですね。

実際は食虫植物やエリシア・クロロティカみたいな中間タイプもいるわけでね。

人間にも太陽を見てるだけで飯を食わないとか、そんなタイプもインドあたりに出現してるようだし。

植物にも視覚や聴覚や嗅覚に類する遺伝子はぜんぶ揃ってる。

そしてミトコンドリアも完備してる。

脳神経系は無いし、筋肉はないけど。

でもフェロモンで仲間同士でコミュニケーションをとるし、バクテリアともうまくやってる。

それで、やっぱりあの繁殖力はスゴイですわ。

ヒトよりもはるかに長く生きるしね。

アタシ、最近、ちっと、植物を見る目が変わってきた。

ヤツラ、やっぱり、最強だ、とそんな風に。

2017/02/10 (金) 19:33:15 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR