ありのままで

抗酸化トレンドに一矢←クリックしてお読みください。


地球上のとくに地表は酸素濃度が20%ほどだ。

だから、普通にボンヤリと地表にいるだけで、

酸素による酸化の危険性がある。

しかし、酸素は酸化の危険性があるが、

ひとたびヒトの体内に入り細胞まで運ばれると、

細胞内のミトコンドリアという内燃器官により、

酸化還元反応がおこなわれてATPという

人体に欠くべからざるエネルギーとなる。

だから酸素は酸化の危険性があるが、

酸素は人体に必須なのだ。

そしてミトコンドリアにおける酸化還元反応において

活性酸素という酸素分子よりもさらに反応性の高い

分子が発生するが、これを無毒化して水と二酸化炭素に

してしまう抗酸化酵素があらかじめミトコンドリア内には

備わっている。だから安心して酸素を吸ってイイのだ。

いや酸素は吸わなくてはイケナイのだ。

近年にいたり健康カテゴリーでは、さかんに抗酸化を謳うサプリや

グッズやマシンがトレンドと化している。

しかし、地球上の地表の酸素環境に棲むすべての生命体は、

みなすでに抗酸化体質なのだ。

だから、今さら抗酸化物質を積極的に摂取せずとも、

抗酸化サプリや抗酸化グッズや抗酸化マシンを使用せずとも、

まったく関係ないのだ。

では、いったい抗酸化マーケットとは何なのか?

それは言わば、酸化=悪、という不安要素をダシに

藁をも掴む情報弱者から虎の子の金銭をかすめとる大がかりな

詐欺市場だと断言できよう。

そう、わたしたちは地球生命史38億年を生き抜いた抗酸化のベテラン、

抗酸化の達人中の達人、抗酸化の名人、抗酸化のスペシャリストなのだ。

よくよく足もと、いや細胞生理やDNAに備わった機能を観察すれば、

そんなことは自明であり、決して抗酸化トレンド詐欺などに

騙されたりはしないはずなのだ。

楽して健康になれる?

お金さえ出せば健康が手に入る?

いんや。お金なんか出さんでエエ。

ただ自然界をよくよく観察して、それをマネすればエエ。

いやいや、そうではなかった。

すでにワッチらのからだ、DNAには、そんただ抗酸化な機能は

ぜんぶ備わっていただ。

なんでこれまでそんただことに気がつかんかった?

まあ、これだけ無駄に情報が多いと迷うのは当たり前だね。

迷った先にようやく真実が見えてきた。

そう、ありのままで、イイのよ。



※ 「鍼灸指圧 光伯堂」からのお知らせ

  2月の営業スケジュール

  休日は、6日(月)
      12日(日)、13日(月)
      20日(月)、
      26日(日)、27日(月)です。

  県内は 沼津市、富士市、静岡市、焼津市、藤枝市、島田市
      吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、
      磐田市、浜松市から





  

国内は 宮城県、千葉県、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県、

      
      山梨県、長野県、愛知県、三重県、岐阜県、福井県、

    
  奈良県、大阪府 から、

  



  国外は アメリカ、ドイツから、

  
  これまで多くのクライアント様に
ご来院頂いております。





  

  世界でここだけ ワン&オンリーな おもてなしの治療がモットー  
  「鍼灸指圧 光伯堂」を、
どうぞ御利用くださいませ。

  




  光伯堂 TEL 0548ー22ー8740

スポンサーサイト

2017.02.06 | | コメント(5) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

ありのままで、イイんだけど


微量元素の鉄分と良質な油脂は、かなり大事かも。

もっとも、この両方の成分が不足なく加味されているのが、

植物のタネに属する食品群でしょうね。

動物の肝、レバーになぜ鉄分が豊富かというと、

肝臓という臓器は解毒器官であり、いわば酵素反応を盛んにすることで血液を解毒する。

その肝臓における酵素反応の酵素の中心元素が鉄元素だから、必然的にレバーのなかには鉄分が多くなる。

また海藻類に鉄分が多いのは、海藻はその細胞壁から直接にフルボ酸鉄から供給された鉄元素を取りこむから。

森や沼や棚田の腐植土層のなかで作られたフルボ酸鉄は河川から海へと流れ込み、海藻へと鉄元素を供給する。

森や沼や田んぼが有機で豊かならば、そこ由来のフルボ酸鉄が十分に流域に供給されて、

川や海の植物性プランクトンや水草や海藻は繁茂し、川の石に生えるコケを食べるアユや、

海藻をエサとするサザエやアワビや魚やエビやカニが育ち、それらをエサとする大型の魚やタコやイカが育ち、

さらに大きなマグロやカツオやハマチが育ち、こうして食物連鎖の流れで、

やがて森や沼や棚田を出発点としたフルボ酸鉄の鉄元素は、

ヒトの口へと入り、ヒトのヘモグロビンやチトクロム酵素の鉄元素となって、

酸素を吸着して酸化防止剤の役目と

酸化還元反応を促進しミトコンドリアでATPを産生する。

つまり鉄分が欲しければ、森を沼を棚田を有機で豊かにしなければならない。

小手先のアンチエイジングではなく、土壌つまり地球そのものを若返らせることが今、喫緊の課題なのだ。

健康になりたい者は、いつも目先の食い物だけを見て、エゴイスティックな近視眼的な見方しかしない。

だから、もうそんな時代じゃあ、ないんだって。

自分が健康になりたければ、地球そのものを健康にしなければならない。

そんな当たり前の提案がこれまで健康カテゴリーでは、まったくトレンドにならなかった。

まったく恥ずかしい限りだ。

2017/02/06 (月) 17:00:27 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

自分で

作ってみないと、ホントの所は見えてきません。
自分で作ったベーコンを食べた時の驚き、今も忘れていません。
それが結局、今の生活につながっている事を思うと、
今感じたり、考えたりしている事を30年程日々実行していると
この難しい状況を乗り越えられるかも、と思えてきます。
これから30年も息が続くとは思えませんがね。(笑)
食べ物とスタートレックの話題しかなく、お恥ずかしい。

2017/02/07 (火) 10:22:03 | URL | 桑畑五十郎 #- [ 編集 ]

桑さんちのお野菜を一度でも食べたら、

ホンモノとは何か、をみずからで感じる力が芽生えます。

食い物こそ命を、心を、養うもっとも大切なもの。

食い物のことばかりを言うことは、だから当たり前、

いや当然なのです。

ヒトの前世はイネだ、とお釈迦様は仰ったそうです。

前世占いで、前世が昔の欧州の貴族と言われて喜んでいるタレントに、

ハリセンで思い切り叩いてあげたい(笑)

ただ、健康カテゴリーも、今だけ、金だけ、自分だけ、の

コレさえやればマンビョウが治るロジックしかない。

エエ加減にせんかい、と常々思います。

もう、そういうの古いよ。古すぎ。

鉄元素や窒素の流れをよくご覧。

ぜんぶつながってるじゃん。

そういう視座で今後は論説をぶちます。

スタートレックのスターシップから俯瞰する視座です。

鉄も窒素も銀河宇宙から賜ったもの。

あの太陽こそ元素を生み出す原子炉です。

ヒトのチトクロム酵素は太陽光線で励起する。

チトクロム酵素の中心元素である鉄は自分の生まれたふるさとが

太陽のような恒星であることを、ちゃんとわかっているんだね。

手の平に太陽を、やなせたかしさんも、わかってた(笑)

2017/02/07 (火) 13:21:45 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

追伸

窒素についての考察、大変勉強になりました。
ありがとうございます。
昔の人は地味といって、土を口に入れて
あれこれ判断したといいます。今年は口に入れたくなるような
土作りを目指します。(笑)

2017/02/07 (火) 18:39:10 | URL | 桑畑五十郎 #- [ 編集 ]

いやいや

まさに釈迦に説法です、お恥ずかしい。

自然農を20年以上なさってきた桑さんちの畑に実る野菜たちには、

窒素固定細菌から供給された窒素をもとにしたアルギニンやトリプトファンなどのアミノ酸が豊富で、

シデロホア経由やフルボ酸鉄経由の鉄分も、段違いに豊富でしょう。

そして脱窒素細菌もいっぱいいて、硝酸態窒素もみんな空中へと窒素ガスになって返還される。

そして腐植土層からフルボ酸鉄が地下水へと流れ、やがて河川や海へと運ばれて海の生物を育む。

しかし、あのニラ卵とか、もう絶品でした!

ニラだけでなく、トマトは国宝級、もう食べる宝石の域。

まあ、すべてスペシャルに旨い。

アッ、でも、あんまり、こんなことを書くとオーダーが殺到しちゃうから。

あくまで、これだけは今のところ、ブログ主限定品なので。

土を食べて土の具合を確かめた先人はやっぱりスゴイですね。

土食という習慣が世界各地にあるとか。

これ土壌菌を腸内に直接投入して棲まわせるハイパープロバイオティクスでしょうか。

漢方では古いカマドの土を生薬にします。

色んな味が混ざったレアアースかしら(笑)

土壌に関しては、まだまだ素養が足りません。

とくに実践。

でも昨年は奇跡的に枝豆がうまく実りました。

今年は作付け面積を猫の額からライオンの額くらいにまで拡大する予定です。

窒素固定細菌よ、うちの庭に、カモン!

2017/02/07 (火) 19:18:47 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR