わたしとは

「 DNAはウイルスを生じ、ウイルスはバクテリアを生じ、
バクテリアは衆生一切を生ず」今村光臣


わたしたちの体の内外には夥しい数のバクテリアが

棲み着いている。このヒトの体に共生している

バクテリアのDNAやその仕組み、働きを

まとめてマイクロバイオームと表現する。

ヒトの細胞数は60兆個ほどだが、

例えば腸内細菌だけを数えても100兆個をくだらない。

その他の部位のバクテリアを入れれば、

ヒト・マイクロバイオームの総数は軽くヒトの細胞数を

上まわる。

わたしという体は私の細胞とはべつにこれらの

夥しいバクテリアも含めての存在なのだ。

さらにヒトの細胞のなかにはかつてのバクテリアの

なごりをとどめるミトコンドリアという生き物もいる。

ミトコンドリアの総数は1京8000兆個だ。

だからヒトという存在は60兆個の細胞と

数百兆個のバクテリアと1京8000兆個のミトコンドリアが

つながった存在といえるのだ。

また今までは生命とカウントされなかったウイルスを

ここに加えれば、ヒトという存在はさらに複雑で多層となる。

ヒトとは、地球の生き物とは何なのか?

地球の生き物は共生というオーダーで貫かれた存在だ。

ヒトに共生するウイルスもバクテリアもミトコンドリアも

元気になるような養生法がもっとも優れている。

そのひとつのヒントは腸内細菌を元気にする

プレバイオティクスとプロバイオティクスにありそうだ。

ネバネバヒートなメソッドがまさにそれだ。

わたしのことをわたしといったとき、

そのわたしには夥しいウイルスとバクテリアとミトコンドリアも

ふくまれる。

わたしという存在は孤独ではなかった。

常に多くの微生物の共生体が味方になり、

わたしの生理作用を補助していた。

かれら微生物の共生体は生命史38億年を生き抜いた

地球生命界の大先輩だ。

かれら微生物を師匠にすれば養生は間違いない。

38億年前、地球には恐らくはまずウイルスが誕生した。

やがてウイルスよりも少し複雑なバクテリアが

ウイルスの中から進化した。ウイルスとバクテリアのみの

何十億年かを経て、様々なタイプの複相化がすすみ、

ついに細胞タイプの始原生命体が誕生した。

ウイルスやバクテリアはわたしたち地球生命の生みの親だ。

そしていまもずっとわたしたちを見守り育んでいる。

スポンサーサイト

2017.01.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR