5年前

今から5年前の記事←クリックしてご覧下さい。


この冒頭クリック記事は今から5年前、

このブログをスタートした直後にアップしたものだ。

先日に話題の本と宣伝されて購入した「土と内臓」という本を

読了したあとに、この私の記事を読み返すと、

なるほど、自分で言うのも何だが私のセンスもまんざらでもない、

と僭越ながら自負する次第だ。

今ちまたにはそれこそ膨大な健康に関する情報が溢れている。

しかし、そのなかに果たしてホントウに必要とされる情報が

どれだけあるのか?

私に言わせればほとんどは要らないくだらないジャンクな情報だ。

そんなジャンク・コンテンツのごみくずの山のなかから、

砂金ならぬホントウに必要な養生メソッドの精髄を拾い上げる。

それこそが私の役目、務めだ。

この5年前の冒頭クリック記事は、まさに砂金

いやダイヤモンド、いやいや、そんな他愛もない洗脳贅沢品などが

足元にも及ばない超高級で超ゴージャスで超セレブな

ハイパークラス・コンテンツだ。

ヒトが生きていくうえでホントウに必要とされる情報とは、

このような情報を言う。

しかし、そんな情報は世界のどこを探しても見つかることはない。

本当に冗談ではなく、そんな希有な情報はココだけにあるのだ。

ヨータン百賢の皆様は、どういういきさつかは知りませんが、

このエキセントリックなブログにたどりついた。

今、世界の健康常識、医学常識は

プロバイオティクス(微生物投与)とプレバイオティクス(微生物培養)

という新たなパラダイムを得て全面リニューアルするタイミングを迎えた。

わたしはすでに5年前にその先駆けとなるプレ・パラダイムをここに公開し、

その先鞭をつけていた。

ヒトの腸内に棲みついている共生菌である腸内常在菌。

このヒトの腸内常在菌をいかに健やかに維持するか、

に本体である宿主の健康バランスがシンクロするのだ。

発酵食品を摂取するプロバイオティクスと、

腸内常在菌を元気にする多糖体(ネバネバ)を摂取するプレバイオティクス。

このプロとプレのふたつのバイオティクスなメソッドを実践することで、

ヒトの腸内環境は無敵のバイオレメディエーションを獲得するだろう、

と私は仮説を立てた。

バイオレメディエーション(生物による汚染除去)とは

自然界において土壌菌などが有害物質を無害化することを指す用語だ。

森林の土壌に棲む白色腐朽細菌は腐った木を酵素で分解する。

この白色腐朽細菌の産生する強力な酵素は、

わたしたちが産業毒として生みだしたDDTを

はじめとした殺虫剤の成分、

四大公害病のひとつであるカネミ油症の原因物質のPCB、

TNT火薬の原料であるトリニトロトルエン、

その他のプラスチック類という分解が容易でない

これら強毒性の有害物質をなんと無毒化するのだ!

311後にわたしたちを悩ましているのが放射能による

恒常的な内部被曝の危険性だ。

口腔や鼻腔を介して侵入する放射性物質はN95マスクをするか、

ガスマスクでもしなければ防ぎようがない。

しかし、口から食べ物を通して腸内に侵入する放射性物質は、

もしかしたら防げるかもしれない。

ヒトの腸内常在菌の中に森林土壌に棲む白色腐朽細菌と同じか、

それ以上の酵素を分泌する細菌が棲んでいて、

口から侵入した放射性物質を無毒化できるとしたら、

私たちは311後の憂鬱を幾ばくか減らすことができるだろう。

ヒトの腸内常在菌に放射性物質を無毒化できる細菌がいるか、

どうかのエビデンスはまだ確認されたとは聞かない。

しかし、その可能性にかけ、それを後押しする養生メソッドを

構築することは無駄な努力とは思えない。

プロバイオティクス + プレバイオティクス = 腸内バイオレメディエーション。

わたしはすでにこんな養生メソッドを新たにイメージした。

ネバネバヒートなライフスタイルは、きっと実践した者を

生体内バイオレメディエーション体質にリモデリングするはずだ。

棡原村の食の叡智は人類の宝だ。



※ 「鍼灸指圧 光伯堂」からのお知らせ

  1月の残りの営業スケジュール

  休日は、16日(月)
      22日(日)、23日(月)
      30日(月)です。

  県内は 沼津市、富士市、静岡市、焼津市、藤枝市、島田市
      吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、
      磐田市、浜松市から





  

国内は 宮城県、千葉県、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県、

      
      山梨県、長野県、愛知県、三重県、岐阜県、福井県、

    
  奈良県、大阪府 から、

  



  国外は アメリカ、ドイツから、

  
  これまで多くのクライアント様に
ご来院頂いております。





  

  世界でここだけ ワン&オンリーな おもてなしの治療がモットー  
  「鍼灸指圧 光伯堂」を、
どうぞ御利用くださいませ。

  




  光伯堂 TEL 0548ー22ー8740





スポンサーサイト

2017.01.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR