ネバネバ

「美は物体にあるのではなく、物体と物体との作り出す陰翳のあや、明暗にあると考える」谷崎潤一郎『陰翳礼賛』中公文庫


先日に入手して今3分の2ほどを読みおえた本は、

「土と内臓」D.モントゴメリー+A.ビクレー著、片岡夏実訳、築地書館、だ。

原題は「 The Hidden Half of Nature 」とある。

直訳すれば「自然の隠された半分」となろうか。

わたしたちは普通は肉眼で見える半分の世界だけを見て、

自分の世界観なり自然観なりを頭に描く。

しかし、それは明暗で云えば明の部分だけであり、

目に見えなかったり認識の対象にならない暗の部分は

うっかりスルーしてしまっているのだ。

そのうっかりスルーしてしまっていたもう半分の暗の部分に

焦点を当てたコンテンツがこの本のキモだ。

そのキモの大半は微生物に対する記述だ。

微生物でも日本題に「土と内臓」とあるように、

特に土壌菌と腸内細菌をフラクタル(相似)に論説する

視座がこの本の核心だ。

先年末に新聞に掲載されたこの本の広告文を見て、

買いたいと思っていた本だ。

3分の2を読み終えたところの感想を云えば、

まずまずの当たりと云えるだろう。

どんな食が健康に寄与するか、というトピックでは、

野菜や果物をたくさんと、なるべく精白されていない穀類と、

良質な油と、適度な肉魚という極めて当たり前のレシピが

推奨されていて、好ましかった。

特別な制限食やコレだけ食を推奨していないのは正統といえる。

食というものを腸内細菌を養うエサという視点で見直している。

そんな視点は非常に新鮮でラディカルだと感じた。

またぜんぶを通読し終えたら、ここに感想を書こうと思う。

ネバネバヒートはかなりトレンドの先を行ってることが

見えてきた。ネバネバはもちろん腸内細菌の大好物だ。

ペプチドグリカン、リポポリサッカライド、βグルカン、

マンナン、多糖体、これらネバネバは

ヒトの腸内細菌を活性化する筆頭分子だ。

ご飯に味噌汁に漬けもの、の朝食。

こんな普通の和食が実はネバネバを多く含む

腸内細菌活性化レシピだったのだ。

ネバネバは細菌や植物の内と外の境界の

細胞壁に多く産生される。

美は陰翳のあやに在り。

健康のカギも内と外、明暗のはざま、

ネバネバの陰翳にあり、か。

スポンサーサイト

2017.01.13 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント


明日から寒波来襲のようですね。

今日は室内&屋外トレーニングのダブルの日でした。
寒さのせいで、体が少し硬くなっていると感じ
トレーニングのペースを少し落としています。
100段駆け上がりは普段の半分以下のスピードです。

最近は新しい本を読むことが少ないのですが
「奇跡の脳」(ジル・ボルト・テイラー 新潮文庫)
を読み始めています。

まだ全部を読み終えてはいないのですが
惜しむらくは、時間方向からの視点が欠如していることです。

4次元世界(空間3・時間1)は、空間3に対し時間1の次元割合。
世界や宇宙に思いを巡らすのであれば
何故、時間方向を2次元・3次元・・・と考えないのか。

神経解剖学者ならば致し方のない視点のように思えますが
専門性の高さが裏目に出ているというところでしょうか。

寒波来襲の折、我慢しながら読み終えるつもりです。

2017/01/13 (金) 20:25:31 | URL | 亡六爺 #- [ 編集 ]

亡六爺さん、今年も宜しくです。

寒波いよいよ来ましたね。昨日に地元の常連さんが、

「温暖化っていうけど、なんだか寒いよな」と漏らしておりました。

でも、アタシはアレって原発を推進するためのフェイクだよ、とは言いませんでした。

それだけ大人になったってことかしら(笑)

普通に地球はこれからも冷え続ける。コアの熱もどんどんと減衰していくし。

まあ、とはいえ、科学でわかっていることなど、浜の砂をひとすくい手の平に乗せた分だけ。パスカルの言か。

残りの浜全部と地球上すべての砂粒くらいの領域が、まだぜんぜん未解明。

ってことは、ほとんど、なんにもわかっていない、ってこと。

だから、わかった気になって地球温暖化をどうこういうのは、やっぱり大人ではない。

「土と内臓」は読み終えて、次ぎに

「触れることの科学」デイヴィッド・J・リンデン、岩坂彰訳

に取りかかってます。

日本の皮膚科学者の傳田光洋博士のコンテンツと、どのくらいバッティングするか。

そのへんがアタシのツッコミどころです。

本は当たり外れがあるから、ほんとバクチみたいなもんですよね。

だから余計に簡単に買わなくなった。

しかし、僭越ながら自分で言うのも何だけど、

アタシのここのコンテンツは、完全に世界レベルのトレンドをとっくに超えてるみたいだ。

2017/01/14 (土) 05:29:58 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR