奔放な混沌

「元気は何れも自然の運行である。

医師は病に臨んで、自然の運行の

欲するところが如何なるかを

視るのみである」漢方医・新宮凉庭


幕末に長崎に留学し来日していたオランダ医師に学び、

オランダ商館のオランダ人たちを鮮やかに漢方薬で

治療した名医であった漢蘭折衷派の医師、新宮凉庭。

彼は携帯用の薬箱に螺鈿で冒頭の文句を刻んだ。

また、同じ箱の別な面には、

「人身は、本来、元気がある。

医師の技は、ただ、その奴隷にすぎない」

「医師は自然の下僕である」とも書かれている。

江戸中期の思想家、三浦梅園は

「天地を師とするにしくはなく候」

と言った。

日本初の人体解剖をおこなった鍼医、山脇東洋は、

「理は或いは顛倒(てんとう)すべし、



物は焉(いずくん)ぞ誣(し)ふべけんや」

と解剖書「臓志」に著した。

この山脇らの実地解剖を是とする機運に反発した時の

漢方医、望月三英は、

「形象も死にては気がなき故、

生きて居る人の臓腑にあらざれば

医者の用には立たぬなり」と

死後解剖をして命の何たるか?の理解の役に立つのか、

と疑義を呈した。

新宮凉庭は自然の運行、人身本来の元気を重んじた。

三浦梅園は天地を師とした。

山脇東洋はリアルを重視した。

望月三英は生きている気に注目した。

四人はそれぞれの立場でリアルな世界を見て、

その背後に自律する理を洞察した。

デーヴィッド・ボームはこの世界を

インプリシット・オーダーとエクスプリシット・オーダーという

ふたつの層で解読を試みた。

目にみえる明在系というエクスプリシット・オーダー。

その目にみえる明在系を生み出す目にみえない暗在系という

インプリシット・オーダー。

明と暗。光と闇。白と黒。

表と裏。マクロとミクロ。

そして見(けん)と観(かん)。

あるものをあるがままにみる時、

いったいそこにひとはなにを見い出すのか?

それはおのおののセンス次第といえよう。

私はヒトの体壁筋肉系に触れる仕事をしている。

私にとっての「リアルな気が運行する天地自然」は、

このクライアントの体壁筋肉系だ。

そのクライアントの体壁筋肉系に、

わたしは25年間、触れ続けることで、

わたし独自の生命観を作るに至った。

「命は摩訶不思議なカオスでコスモスでフラジャイルな存在」

これが私が25年間の治療師生活で生みだした生命哲学だ。

命は「奔放な混沌」ゆえに、思い通りにはいかない。

しかし、治療という線形的な方法論がうまくはまると、

時に劇的な好転を引き起こす。

しかし、まかり間違っても我が術に溺れてはいけない。

あくまでその劇的な好転は命が主体となった現象だからだ。

命を畏れ慎み、命に向かう。

明日は仕事始め。

リアルな治療師の日常がスタートします。




※ 「鍼灸指圧 光伯堂」からのお知らせ

  年始は1月4日(水)から営業します。

  県内は 沼津市、富士市、静岡市、焼津市、藤枝市、島田市
      吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、
      磐田市、浜松市から





  

国内は 宮城県、千葉県、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県、

      
      山梨県、長野県、愛知県、三重県、岐阜県、福井県、

    
  奈良県、大阪府 から、

  



  国外は アメリカ、ドイツから、

  
  これまで多くのクライアント様に
ご来院頂いております。





  

  世界でここだけの ワン&オンリーな治療をモットーとする
  
  「鍼灸指圧 光伯堂」を、
どうぞ御利用くださいませ。

  




  光伯堂 TEL 0548ー22ー8740

スポンサーサイト

2017.01.03 | | コメント(7) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

奔放な流れに秩序を生み出す


この正月三が日は、懸垂と腕立て伏せを、毎日こなしている。

命はカオスだが、そのなかにひとつの秩序、コスモスを生み出すためだ。

その成果は乳酸の増産となり心筋や遅筋のミトコンドリアを滋養しスタミナとなる。

また当該部位の筋肉が肥大し、夏の盛りにTシャツ一枚でサマになる容姿が獲得できるはず。

身体改造3カ年計画の2年目に突入した。

さて、頭を丸坊主にして、明日に向けて気合を高めていこう!

2017/01/03 (火) 13:11:34 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/03 (火) 22:04:32 | | # [ 編集 ]

亡六爺さんへ


ご訪問、まことに嬉しく思っております。

「在野の竜王」の命名は、わたしの誇りです。

その節は含蓄あるレスを、度々頂きましてありがとうございました。

階段100段駆け上がり、続けていますか?

自分は昨年は、筋トレによる身体改造元年と位置づけ、後半は懸垂と腕立て伏せを続けました。

脇腹を覆う筋肉が少しずつ出来てきています。

スタミナの秘訣は速筋が産生する乳酸にあります。

競走馬のサラブレッド並みのスタミナを目指し、今年もコツコツと肉体改造に励みます。

どうぞ、こちらへもお気軽にコメントしてください。





2017/01/05 (木) 06:05:30 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

<在野の竜王>さん

本日も100段駆け上がり続行中です。

やり始めて2ヶ月程になりますが、体調は絶好調。

2時間のトレーニングコースは、その9割が坂道。

上り坂は大股歩き、下り坂は上半身を左右に揺らしたりねじったりしながらのスローなジョギング。

神社の石段100段駆け上がりは、前半はスピードを5割位に抑制し、後半に8割位にスピードアップしゴールの雪崩れ込む感じです。

坂道以外の平坦なコースは時間としては僅かですが、心身共リラックスして力を抜き、体をくねらせながらチンタラ歩きのリラックスタイムです。

この時、いつも唾液が湧き出てきて、その分泌量でその日の調子を判断しています。

山の中で空気が澄み、起伏の変化に富んだ飽きのこないコースなので、雨の日以外、毎日楽しみながらやっています。

2017/01/05 (木) 20:10:49 | URL | 亡六爺 #- [ 編集 ]

まさに「乳酸筋」トレーニングですね。

ハードとソフトの使いこなし。

ハードで速筋を使い乳酸を増産し、ソフトなインターバルでその乳酸を心筋と遅筋へと回していく。

かつて狩猟時代の原始人類は、狩りをするなかで獲物を全力で追い、また疲れては休み、また全力で追い、を繰り返したことでしょう。

そんななかで乳酸という分子をこの身体はさらに上手に利用するシステムを生みだしていったと、私はみています。

自分の今のルーティンは、懸垂と腕立て伏せと青竹踏み風の段差足踏み+ストレッチといったところです。

ここに頭皮のテイ鍼や、合谷と足三里の鍼、などを時に応じ組み込みます。

筋肉を使い乳酸を増産し、それを乳酸トランスポーターで搬出・搬入する際には血流を使う。

だから血流を促進する一酸化窒素の分泌促進はフォローの養生として必須のメソッド。

そうして乳酸をうまく回せばミトコンドリア数が増えていく。

理論的な根拠はこんなところでしょうか。

あとは体感で実感できれば良し。

しかし、亡六爺さんのトレーニングコースは理想的ですね。

2017/01/06 (金) 05:22:28 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

室内では週に2~3回トレーニングを行っています。

その場足踏み(上半身を左右にねじりながら)・ブリッジ・腹筋・ゴキブリ体操・腕立て伏せ・股関節柔軟などがメニューです。

特に、股関節柔軟は念入りに行い、股割り(股裂き?)で上半身を左右と前に倒しながら骨盤の歪みをチェックしています

これらを一通り終えると、血液が全身を循環し出す感じがします。

あとは、呼吸を静かにゆっくりと行う時間を多く持つことです。

2017/01/06 (金) 07:24:17 | URL | 亡六爺 #- [ 編集 ]

いやはや、屋外、屋内ともに、言うことなしの、素晴らしいメニューですね。

しかも、ゼニは一銭もかならない。

養生法の探求道、略してヨータン道の格付けでは、すでに横綱といえます。

さらなる精進をもって名取りになってください(笑)

2017/01/07 (土) 04:49:02 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR