Don´t believe,doubt

わたしが鍼灸指圧の実業に入り25年が経過した。

そのかんに触れたタッチ人数は優に3万人を超える。

また読んだ書籍文献は、家人に迷惑がられるほどの

本棚から溢れるくらいは読了した。

実地臨床におけるナマの実感を、

書籍文献のデータでフィードバックする作業を、

コツコツと馬鹿みたいに、

ここ25年余、ひとりでおこなってきたことになる。

そうして体得した私なりの哲学のひとつは、

「信じるな、疑え」ということだ。

ブルース・リーの名セリフの

「考えるな、感じろ」の

ハリィー版というわけだ。

世の中にはナニゲに信じられている仮説という定説がごまんとある。

例えば「乳酸害悪論」「酸化害悪論」「ダーウィン進化論」など。

またナニゲに単一のドグマ(原理)を論じるというトラップ(罠)に

陥っている例では「ミトコンドリア丸投げ論」「自律神経丸投げ論」

「身体を温めれば丸投げ論」「腸内細菌丸投げ論」

「少食粗食絶食丸投げ論」「糖質制限丸投げ論」などがある。

なぜ、ナニゲ仮説やナニゲ丸投げ論に

「はまる」かといえば、それは

「信じて、疑わなかった」からだ。

命の世界は線形的なロジック(論理)で描出することが

できない複雑系である、ことは既存の科学でも広く認められたことだ。

だからあえて複雑系の科学なるカテゴリーまで作られているのだ。

しかし、この複雑系の科学をもってしても、

命のすべてを描ききることなど到底できない。

それがわかっているはずなのに、

なぜ要素還元論の罠にひっかかるのか。

それはたぶん、人間にはわかりたいという欲望が強く、

わかった気になって安心したい、という願望があるからだろう。

できればチョー簡単に病気の原因をサクッと解明し、

万病を予防し治療する方法を提示しちゃうオレって、

すげぇイケテルし、カッコイイだろう?

こんなスタンスのネット先生が後を絶たない。

情報強者のつもりなのでしょうね。

でも、そんなネット教祖様の提示している内容といえば、

どこかのダイセンセイのコピペのオンパレードの満艦飾。

よくも、これだけ貼り付けたの貼ったりサイトがほとんど。

自分独自の論究と考察だけで自分オリジナルの言葉で

語るサイトなどほとんどない。

だから、騙されるんです。

また、読者も読者で、

そうしたネット教祖様を簡単に崇めて信じて、

ネット教祖様の推奨する方法をなんの疑いもなく、

即、実践してしまう。

こうしてステルスマーケティングな詐欺商品が、

つぎつぎに販売され流布されていくのです。

申し訳ないですが、わたしはネット教祖様の言うことは

信用していません。

いや、そもそも、他人の健康法アドバイスなど

まったく聞く気がありません。

なぜなら私は一応はプロの鍼灸指圧師ですし、

鍼灸指圧師は医療家ですからね。

さらに養生法の探求を続けて25年+ですから、

そのへんの素人先生とは、わけが違います。

わたしはわかった気になったことなど一度もありません。

いつもわからないというなかで生きています。

あるツールで治療が成功しても、

その方法が歯が立たない臨床例が必ず浮上してきます。

そうした経験を積むことで、

わかった気になる傲慢さが消えていきます。

わからないというなかから命に対する謙虚さが生まれます。

命は「奔放な混沌」です。

とてもじゃあないが、人智ではわかり得ないのが命。

その命に触れつづけることで私独自の哲学は生まれました。

「Don´t believe,doubt」

そう、すべてを徹底的に疑え!




※ 本年も当院をご愛顧頂きましてありがとうございました。

  12月の残りの営業スケジュール


  
  

休日は
  26日の月曜日 です。




  

       23日の天皇誕生日と

  
       25日の最後の日曜日は、
営業いたします。





 

  年末年始のお休みは、12月30日から1月3日まで、となります。

  県内は 沼津市、富士市、静岡市、焼津市、藤枝市、島田市
      吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、
      磐田市、浜松市から





  

国内は 宮城県、千葉県、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県、

      
      山梨県、長野県、愛知県、三重県、岐阜県、福井県、

    
  奈良県、大阪府 から、

  



  国外は アメリカ、ドイツから、

  
  これまで多くのクライアント様に
ご来院頂いております。





  

  世界でここだけの ワン&オンリーな治療をモットーとする
  
  「鍼灸指圧 光伯堂」を、
どうぞ御利用くださいませ。

  




  光伯堂 TEL 0548ー22ー8740

スポンサーサイト

2016.12.22 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

統合の前段階は疑義の提示

先生、パワフル、パワフル。爆笑

これぞ、
先生ならではの養生哲学であります。

つまり養生法に於ける、

>二十五年の観察体験智=帰納法
=ベーコン

>本棚から溢れる書籍=理性=合理論
=演繹法=デカルト

は、
疑義を真ん中に挟んで相克でありながら、
不足を真ん中に挟んで相互補完であります。
ところで、
その疑義や不足を提示するのは誰や?
と言えば、
現象を観察する自分なんですな。
この認識主体は偽か真かと問うたのが
カントであります。
カントが結果、
経験論と合理論を統合したと言われる所以は、東洋に遅れること二千年の、
経験と思考相方への疑義提示にあります。
本稿はそんな想起をさせてくれました。
先生、アザーす!笑

2016/12/22 (木) 19:26:20 | URL | 陣中見舞い #- [ 編集 ]

アウフヘーベン


いやはや、さすがというか、ならではというか、オンリーワンというか、

陣の兄貴のコメントのレベルには、いつも唸ります。

テーゼとアンチテーゼをぶつけてアウフヘーベンするとジンテーゼが生まれる、とヘーゲルが言ったと、

さっき検索バカして知りました(笑)

これって、易学の対極マークの理をロジックに直しただけですかね。

陰と陽の間の接線から万物が生じると。

まあ、アタシのパワフルの源は、それほど高尚なものではなく、単なる泥臭いドロドロとした怨念みたいなものですが(笑)

結局、みんな、ダイセンセイに丸投げが大好きなんですね。

そのダイセンセイが今ではネットの貼ったりサイトだったり、ネットの教祖様だったり、ちょっと帰依するベクトルが変化してるように見えてるだけで、

きほんてきに、他者の判断を借りてることに変わりはない。

その誰かを賛美しその判断を追従する行為は、盲信とか、奴隷とか、信者ってことなんだけど、ご本人たちは自分の判断だと錯覚してドヤ顔で威張っちゃう。

つまりテレビや新聞の捏造情報を反芻する皆様をB層と揶揄するんだけど、実はネットのなかで情報強者と勘違いしている皆様は、

まったくそのB層と精神構造は同じ。

だから私みたいな泥臭いドロドロした怨念のような思惟は今では貴重なニッチになりつつある(笑)

私もネットに初出の際には陰謀論丸投げサイトでデビューしてますから、十分に丸投げの愚かさを痛感しております。

どんな浅薄な思惟であったとしても、みずからが疑義を提示しみずからが答えを出す作業が、やはり快感です。

2016/12/23 (金) 05:10:30 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

泥の勲章

あっしが子どもの頃は、
遊びの手仕舞に泥「で」手を洗ったもんですよ。
汚いまんま帰るとおかんにドつかれるから。笑
泥やら藁にまみれた体験と思いからわき起こる不立文字を先生がこうして文字変換してくださる。
そこにデオドラントの香りからは得られない、多大な恩恵があるのですよ。
ところで先生、
人の目にそう見える天然の所為、
陰陽二元と人心が為す弁証法との間にある、
深くて長いし河については、
機会あらば、へんなとこで、
しかも小声で吠えたろ思っとります。爆笑



2016/12/23 (金) 10:55:32 | URL | 陣中見舞い #- [ 編集 ]

泥の香り付きの文章


陣さん、自分も拙い文を書くようになって、そこそこの期間が経ちました。

それで、他者の文を読んで共感する時は、そこにある種のその書き手特有の香りみたいなものがある時だ、

ということに気づきました。

香りが抜けてるような脱臭済みの文は、やはり全然面白くない。

さらにそれがコピペや貼り付けのハリボテてんこ盛りだったりすると悪臭がプンプン。

詐欺臭までしてきたら、もう鼻つまみですわ(笑)

毒のような香りは逆にオッケーというか、だいたい編集で毒気は抜かれていますがね。

かすかにそんな残り香を嗅ぐと、安心します(笑)

陰陽五行論丸投げ東洋医学が2000年以上も続いてきたわけです。

これに異を唱えると当業界、とくに伝統系の派閥では確実にパージされる。

それがわかっていながら、あえて、アタシはそれをやっているんですが(笑)

易にしろ、陰陽論にしろ、五行論にしろ、それはあくまでサスペンディッドな案件だったはず。

2000年前の科学では、そういう世界観を作り、世界を理解するに足る予定調和のロジックを組んだ、というだけのハナシだったはず。

2000年後の今には、それにふさわしい東洋医学の世界観があるに決まってる。

それなのに、なぜいまだに2000年前の陰陽五行論丸投げ東洋医学のままでいられるのか?

わたしはもっともっとフューチャリスティックでアヴァンギャルドな東洋医学を生み出したい。

陣さん、陰陽二元と弁証法の深き谷間論、大声で吠えまくってください。

アタシも向かうところすべて敵で、新世紀東洋医学論をこれからも吠えまくります。

2016/12/24 (土) 05:39:20 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR