疫癘

今朝の中日新聞の一面トップは、

鳥インフルエンザウイルスが猛威というニュースだ。

先日には名古屋の東山動物園が休園になった。

日本各地の動物園や水族館が今、鳥類の展示で頭を悩ませているという。

鳥類はご存知のように恐竜の末裔だ。

あの6500万年前の白亜紀末期の隕石衝突のディープインパクトにより、

巻き上げられた膨大な粉塵は太陽光線を遮り、

惑星アルベト(地球の日傘効果)がバランスを失い、

地球はその後、急激な寒冷化に見舞われた。

この寒冷化を生き延びた、たくましき生命力を保持してきたのが、

現生鳥類たちだ。

鳥たちの体温はだから人間よりも高い。

平均で2℃は高いだろう。ニワトリの体温は42℃だそうだ。

また、寿命が長いものでは80年、100年と平気で生きる。

そしてそれら長命種の鳥類は見た目に年老いた感じがないのだ。

アンチエイジングの達人、免疫力のスペシャリスト、

そんな呼び名がふさわしいのが鳥類だ。

その鳥たちに、今、鳥インフルエンザウイルスが蔓延しているのだ。

どうしたわけだ?

最強の免疫力を保持して進化した鳥たちの身体に何か異変でも起こっているのか?

311後、鳥たちは以前と変わらずにこの地球の大空を舞っていた。

311後の地球の大空は311前の大空とは少し異なる様相を帯びていた。

それがいよいよ影響を及ぼしはじめたのだろうか?

真相はすべて闇の中だ。

それはいつものことだが、何百年か先にもしも人類が生き延びていれば、

その頃には、白黒がすべてハッキリしているかもしれない。

いや、待てよ。

その頃には恐らくは人類など地球から姿を消しているだろう。

だから、こんな希望的推測など無意味だ。

ノロウイルスがそこかしこで流行りだしていると

我が治療院のクライアントが私に告げた。

古き中国ではウイルス性疾患を

「疫癘(えきれい)」という疾病概念で認識した。

「それ温疫の邪の病を為すは、風に非ず、寒に非ず、

暑に非ず、湿に非ず、すなわち天地の間 別に一種の

異気 ありて 感ずる所」

「邪は口鼻より入る」

この今から376年前、1642年の明の時代に

呉有性によって書かれた「温疫論」の文中における

「一種の異気」が「疫癘(えきれい)」だ。

他の別名には、疫気、瘰気、戻気、毒気、乖戻の気、雑気などがある。

同じく「温疫論」から

「この気の来るや、老少強弱を論ずるなく、

これに触れる者はすなわち病む・・

邪の着く所、天受あり、伝染あり、

感ずる所は殊(こと)なるといえども、

其病は則ち一つなり」

さらに時代を遡りし1400年以上前の

隋の時代610年の巣元方の著による「諸病源候論」には、

「人 乖戻の気に感じて病を生ぜば、

病気は転相染易して、

すなわち滅門に至る」とある。

鳥インフルエンザウイルスとノロウイルスの

二つの「疫癘(えきれい)」のファクターの

背後のパラメーターに地球の大気中を舞い続けていた

ある「ホットなエキレイの粒子」を洞察することは、

果たして荒唐無稽だろうか?

最強免疫を獲得したはずの鳥たちの異変は、

わたしたち人類への最終警告のような気がしてならない。





※ 本年も当院をご愛顧頂きましてありがとうございました。

  12月の残りの営業スケジュール


  
  

休日は
  19日の月曜日
    
 
       26日の月曜日 の2日間です。




  

       23日の天皇誕生日と

  
       25日の最後の日曜日は、
営業いたします。





 

  年末年始のお休みは、12月30日から1月3日まで、となります。

  県内は 沼津市、富士市、静岡市、焼津市、藤枝市、島田市
      吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、
      磐田市、浜松市から





  

国内は 宮城県、千葉県、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県、

      
      山梨県、長野県、愛知県、三重県、岐阜県、福井県、

    
  奈良県、大阪府 から、

  



  国外は アメリカ、ドイツから、

  
  これまで多くのクライアント様に
ご来院頂いております。





  

  世界でここだけの ワン&オンリーな治療をモットーとする
  
  「鍼灸指圧 光伯堂」を、
どうぞ御利用くださいませ。

  




  光伯堂 TEL 0548ー22ー8740




スポンサーサイト

2016.12.19 | | コメント(12) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

鳥たちの異変は作られたものだと思う

 

なぜダメリカの支配下のにっぽんとはんぐに

鳥インフルと口蹄疫がはやるのか、その種をまく奴が

いて、報道(プロパガンダ)の自由があるから。

目的は食料を金儲けの手段としているダメリカ(隠れユダヤ帝国)の食料を買わせるため。

プロパガンダを規制している中国、ロシア では

あまり声高に騒がない、第一それらに罹患した動物を

食べてもたいした実害は無い。

いわんや種蒔いている、ダメリカでは流行らない。

何万 何十万と言う家禽、家畜を虐殺してもなんの

心の痛みを感じない人間たち!

皆報道の自由のなせる業。

マーズ、サーズの大騒ぎも似たようなもの

多分日米合同委員会やら韓米合同委員会(あるかどうか分からないがあると思う)で指図を受けての
大騒ぎ裏では薬屋の大もうけ。



2016/12/20 (火) 05:08:58 | URL | 嘘と欲 #- [ 編集 ]

ウイルスはDNAベクター


いぜんにエイズウイルスが陰謀軍が開発した人工の生物兵器だ、という陰謀論が盛んに喧伝されました。

でも、エイズウイルスのDNAを精査すると、小型のサルエイズウイルスが2種掛け合わされて、

それがヒトの体内でミックスしたものであることが判明しました。

ブッシュミート(森の肉)、森で狩猟した鳥獣、それを主食とするアフリカの原住民が

サルを狩って食べる習慣があることから、サルを解体する時にサルの返り血を浴びて、

その血液中のサルエイズウイルスがヒトの体内で培養されて、ヒトエイズウイルスが誕生し、エイズのパンデミックのキッカケになったのです。

自然界の動物たちは、他種にとっては病害をもたらす強毒性のウイルスを共生させています。

しかし、それらの共生ウイルスはその共生している種には普通は実害をもたらしません。

鳥インフルエンザウイルスが人工なのかどうか、については私には確証となる情報はありません。

ただ、ウイルスはいかようにも遺伝子が変化して、つぎつぎに新しいウイルスが生まれてくることは確証できます。

X線を照射したショウジョウバエの遺伝子は簡単に変異したのです。

だとしたら、α β γ の電離放射線を照射する膨大な微粒子が、

自然界のウイルスの遺伝バランスを乱し、鳥インフルエンザウイルスにあらたな強毒性ウイルスの新種を生じさせても、なにも不思議ではありません。

ウイルスの本当の役割は、種を越えて有用な遺伝子を運ぶベクター能力であり、

その時々の地球環境に応じた種の変化をもたらすことだと、わたしはみています。

この鳥インフルエンザウイルスの危機を乗り越えて、鳥たちはさらに強靱な生命力を獲得するかもしれません。

しかし、ヒトたちが今後、どのようになっていくのか?

これはまったくわかりません。

2016/12/20 (火) 05:59:14 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

おはようさんです ハリィー兄ぃ


エイズに付いては1980年代に徳間書店から出版された~~なんとかセーガルさんが書いた

origin of aids が信憑性がありますが、

今調べた所もう完全に消されているみたいです、

その中で彼はエイズはダメリカで作られたもので

エイズに関しての第一人者が星だと言っていました。

真物は贋金作りに消される 笑い!

2016/12/20 (火) 06:30:38 | URL | 嘘と欲 #- [ 編集 ]

今見つけました。 貼り付けます



興味がある肩はお読みください

http://science5.2ch.net/test/read.cgi/life/1093854986/

2016/12/20 (火) 06:38:48 | URL | 嘘と欲 #- [ 編集 ]

パンデミックは免疫で収束しちゃう


嘘と欲さん

資料のご提供、ありがとうございます。

ウイルス兵器説は根強いんですが、

生命体にはウイルスの強毒性を鈍化させて、丸め込み、取りこむ力があります。

だから、けっきょくは、人口削減など、これまで果たせていないわけです。

わたしはウイルス兵器説はスルーですがね。

ウイルスはそんな陰謀論よりも、本当の役割を知ることに意味があります。

ウイルスは地球生命の誕生に重大な関与をしているはずです。

海洋は膨大な未知のウイルスの宝庫です。

ですが、海水浴に行っても、人間は未知なる海洋ウイルスで病気になり、パンデミックには陥りません。

2016/12/20 (火) 07:32:49 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

109のコメント


嘘と欲さん

貼ってくれたスレッドの109のコメント内容が、わたしの持っている文献の内容と一致します。

たぶん、そんなところではないでしょうかね?

2016/12/20 (火) 19:21:18 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

手の込んだスピン


インチキホルミンシスと同じ構図かもね。

目くらましのインチキ説で、なにがコアな論点なのかを、ぼかしてしまうみたいな。

ガンに関しても、これと同じトラップがありそう。

ようは、ものすごく本当っぽい嘘を仕込むことで、

その嘘に騙された者を釣って、

そうでない者にとっては、解析がやたらと難しくなって、

結果、誰も真相に到達できないみたいな。

あのAセンセイですら、糖質制限のトラップにはまったかもしれないんだから。

まったく、もって、洗脳の森を脱するには、かなりの根気が要りますな。

2016/12/20 (火) 20:30:21 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

一の真実 万の嘘


 ハリィ兄 文献あさりご苦労様です。

 オピニオンリダーのハリィ~さんが真実に

 到達されるのを願います。

2016/12/21 (水) 03:41:30 | URL | 嘘と欲 #- [ 編集 ]

ところで


 ハリィ兄 私が貼り付けた所を覗いた時

 グーグルの広告が邪魔をしませんでしたか、

 私が真実だと思うサイト EX 桜井ジャーナル

 等を覗きに行くと私のパソコンはググルの

 広告がシャシャリでて覗くのを邪魔しに来ます

 交わし方は知っていますから問題ないけど

 ネットの全ての情報は100分の1に

 読み取られています。

2016/12/21 (水) 03:56:03 | URL | 嘘と欲 #- [ 編集 ]

可能性に本ではないかなあ~


  アメリカやEUでは政府や有力メディアの嘘を明らかにする情報の発信源に対

する攻撃が強まっています。情報操作が機能しなくなってきているとも言えるで

しょう。日本で政府や有力メディアがそうしたキャンペーンを展開していない最

大の理由は言論統制が徹底しているからにほかなりません。そうした状況を突き

破るためにも「櫻井ジャーナル」を支援していただきたく、お願い申し上げます。


天下兼相愛則治、交相惡則亂(墨子、巻之四)
順天意者、義政也。反天意者、力政也。(墨子、巻之七)
天下有義則治、無義則亂。(墨子、巻之七)

天下は人々が相愛すれば治まり、互いに憎しみあえば乱れる
天意に従う者は義に従って正す。天意に背く者は強制する
天下に義があれば治まり、義がなければ乱れる

2016/12/21 (水) 04:23:35 | URL | 嘘と欲 #- [ 編集 ]

上記の説明


 上記の文章は櫻井ジャーナルの序文です

 彼は一貫して真実を述べていると思います。

2016/12/21 (水) 05:07:06 | URL | 嘘と欲 #- [ 編集 ]

いろいろとありがとうございます。


たしかにどちらのサイトにも、へんな広告がよく出ますね。

さて、人工ウイルスに関しては2002年に米国で作成に成功しているようです。

生物兵器への転用に注意が必要との記載があります。

ウイルスに関しては、まだ人類は、ほとんどなにも知らない、というくらいウイルス学は、まだ序の口の学問です。

ですから、そう言う意味でも、わたしは生物兵器説は、眉唾で眺めるようにしています。

ウイルス生物兵器説は、これまでのウイルス怖い怖い詐欺プロパガンダを強化再生する役割は果たしたといえましょう。

しかし、ファージウイルスはヒトの腸内に棲みついて大腸菌を破壊することで腸内細菌のバランスを保つ重要な働きをしています。

同じく海洋ウイルスは海洋バクテリアに感染することで、海洋バクテリアのバイオマスを調節し、

大気中の酸素濃度や二酸化炭素濃度をもコントロールします。

ウイルスについては、まだまだ、うっかりしたことは言えません。

2016/12/21 (水) 19:28:22 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR