鍼治のこと 3

静岡県は東海道線は草薙駅の近くで

古くから伝えられた家伝灸の老舗「桜井戸の灸」の灸法。

それは手の親指と人差し指の谷間にあるゴウコクという

ツボへ面疔の痛みが無くなるまで、100回でも200回でも

つづけてお灸をすえ続ける方法だった。

面疔の痛みがなくなる頃に、自然に排膿されて治ったという。

だから、沢山の灸をすえたゴウコクはヤケドとなり、

灸痕(きゅうこん)が手形のように刻まれた。

それを称して「静岡県人の手形」と言ったのだから、

静岡県に住む者には往時は、この灸法が常識だったのだろう。

さて、今ではこんな昔話をしても、ほとんどの者が

スルーか、へぇ〜、で終わりと思われる。

しかし、いち鍼灸指圧師は、この桜井戸の灸法の叡智から、

多くのアイデアを獲得した。

ヒトの皮膚にはマクロファージと同じく免疫システムの司令塔となる

免疫細胞のヘルパーT細胞へと抗原提示という情報伝達をおこなう

免疫細胞が常駐している。それは皮膚というバリア機構を破って、

侵入してくるウイルスやバクテリアなどの病原微生物に備えての仕組みだ。

これが植物になると免疫細胞などないから病原微生物を溶かして殺したり、

それら微生物が嫌いで忌避するような分子を細胞壁に産生することで、

こうした外敵に植物は備えている。

こうした植物たちが枝葉や幹や根っこに産生する分子が、

ネバネバした多糖体であったり、酸味や辛味や苦味のフィトンチッドや

フィトケミカルなのだ。

植物たちは、だからこうした自前の迎撃分子を備えることで

外敵から身を守る。

それと同じように動物は免疫細胞でまずは外敵を判別するのだ。

この外敵と接する最前線でまず外敵を捉えて、それがいったい何者なのか、

を識別するのが、ヒトの皮膚の場合は、

皮膚にいる樹状細胞と呼ばれるランゲルハンス細胞という免疫細胞だ。

ランゲルハンス細胞は樹状細胞というだけあって手足が樹木の枝のようだ。

この樹木の枝のような手足を使って、その手足をニューッと伸ばして、

皮膚から入ってきたウイルスや細菌などの異物をまずつかまえる。

すると、そのつかんだ異物をある程度の大きさに砕き、

そのつかんだ異物が何者なのか、をヘルパーT細胞へと伝達する。

この時にランゲルハンス細胞が異物を識別する受容体こそが、

常日頃、わたしがネタにしてまったく受けないというジンクスてんこ盛りの

トールライクレセプターというわけだ。

であるからして、ようはランゲルハンス細胞のトールライクレセプターに

ヒットするプライミング分子を、しかるべき方法でヒットさせると、

ヘルパーT細胞からすべての免疫システムを活性化できるということだ。

はい、本記事のキモの頂上へと今、到達しますから、

ここが大事ですよ!

でね、ようはヒートショックプロテインというプライミング分子を、

ヒトの皮膚のランゲルハンス細胞のトールライクレセプターにヒットさせれば、

皮膚ランゲルハンス細胞からT細胞を介して

全身の免疫系が活性化できるというわけだ。

はい、だから皮膚刺激、皮膚を治療ポイントとする鍼灸指圧が、

ときに劇的な治療譚を演出するわけなのだ。

そう、だから、名灸「桜井戸の灸」の秘密とは、

ゴウコクという虎口とも呼ばれるツボ、洞穴に

潜んでいる皮膚マクロファージのその首に手綱を巻きつけて、

ゴウコク・ランゲルハンス細胞という虎に

またがって免疫システム全体を上手に乗りこなし制御したから

あんなにもうまく面疔が治ったということなのだ。

いいですかね。流れはこう。



鍼灸指圧治療→

ヒートショックプロテイン→

皮膚ランゲルハンス細胞のトールライクレセプターがヒートショックプロテインを識別→

皮膚ランゲルハンス細胞がプライミング→

ヘルパーT細胞へと免疫活性化の伝達→

ヘルパーT細胞が活性化→

すべての免疫システムが起動する→

最強免疫養生法!



こんな風にわかりやすくヒートショックプロテインから

トールライクレセプターを介しての鍼灸指圧による免疫増強作用を

解読した者は、たぶん世界広しといえど、

わたくしアヴァンギャルド鍼灸指圧師&養生クリエイターの

ハリィーこと今村光臣くらいのものだろう。

ナイナイ尽くしの馬の骨だからこそ、わかることがある。

あなたは、今、まったく新しい東洋医学と出会っている!

スポンサーサイト

2016.12.05 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

合谷って素晴らしいツボなんですね。

最近は厚着になってきていますから、
今まで以上に合谷に温灸しています。

長時間車に乗っていたせいで、昨日から腰痛がでてしまい、
真っ直ぐに立つのが少々辛いのですが、
お灸の御蔭か昨日よりも悪化はしていません。

以前からちょっと腰が痛い時、大腿部の内側を親指で押していくと
とても痛いところがあって、
そこを、時間を見つけては押しているのですが、
不思議なことに、押して痛みが薄くなるにつれて
腰も楽になっていきます。

今回も、腰痛を感じて、すぐに大腿部を押してみると
やはり、とても痛いところを発見したので折に触れて押しています。
こんな素人療法でもいいでしょうか?

2016/12/06 (火) 15:40:24 | URL | あるご #yNvNoxY. [ 編集 ]

アイスマン


あるごさん

スイスとオーストリア国境のチロル地方で発見された5000年以上前の男性ミイラ、アイスマンは坐骨神経痛を患っていたようです。

その証拠が鍼治の痕跡ともいえる当該箇所のツボに残った入れ墨痕。

坐骨神経痛の患者に現代鍼灸師が常用するツボが正確に取穴(しゅけつ)されていました。

では、アイスマンは鍼灸師か?

いや、そんな資格は5000年以上前の欧州トライブたちにはなかったはずです。

いや、あったのか?

それはともかく、すでに5000年以上前の欧州人には鍼治の常識があり、ルーティーンとして鍼治ができた、という事実。

これはやはりとてつもない衝撃です。

あるごさん、その太股の圧痛点は、あるごさんだけに出現するマイツボです。

その世紀の発見の「あるごツボ」を、大事に押して下さい。

身体と対話するものは、みなそうした叡智を獲得します。

身体という神は、こちらが意識を向ければ、応えてくれる時もあるのです。

でも、命は奔放な混沌ですから、常に裏切られることも多々ある。

予定調和の綺麗事でいかないのが命のよいところでしょうかね。

2016/12/07 (水) 05:47:48 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

マイツボの御蔭?で、今日はほぼ問題ないところまで回復しました。

こういうことが出来るようになったのもこのブログ、ハリィーさんの御蔭。

もちろん、あちらもフォローしてますよ。
ハリィーさん、とってもイキイキしてますね。


先日も某まとめサイトが非公開になりました。

それにしても、内情は酷いものですね。
バイトに書かせて、チェックなし状態。

以前、行った歯医者さん、
HPに「抜かない歯医者」と書いてあったので、
先生はなるべく抜かずに治療するんですね?と言ったら
あれは業者が作ってるから、私じゃないとの返事が。

嘆いてばかりいる訳にはいかないですけど、一事が万事こんな感じ。


ハリィーさんの活躍楽しみです。

2016/12/07 (水) 10:31:51 | URL | あるご #yNvNoxY. [ 編集 ]

あるごさん、だいたい世にいきなり流行り出すブームはすべて広告代理店に丸投げがルーティーンのようですから、

ネットの宣伝サイトも似たようなものでしょうね。

広告代理店などいっさい関係ない、のナイナイ尽くしの馬の骨の一匹狼が大盤振る舞いで送る奇天烈養生大百科が、ここの真骨頂です。

えっ、あっちで、そんなに活き活きしてますかね?

なんだかお恥ずかしい(笑)

2016/12/07 (水) 21:11:14 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR