棲み分け

ネットで健康になるための情報を探している皆様に、

熱烈に崇拝されてるか、もしくは支持の高い医学者の先生が、

何人かおります。

わたしもそれらの先生の論説はすべてではありませんが、

サラッと読みました。

ですが、今、わたしはそれらの先生やその論説を、

熱烈に崇拝し、支持しているわけでは、

まったくありません。

独断と偏見で言わせて頂くのなら、こうした先生たちだって、

やはりムラの一員なのです。

一読して超過激な内部告発に思える論説も、

そのうちに馴染んでしまって、

とくに既存の体制の変化にまではいたりません。

ようは既存の体制に対して不満を抱えている主にネットを

情報源とする情報強者を自認している皆様の

その不満のガスを吸って抜き取るガス抜き要員としての

役割くらいは果たしているが、

とくに業団の利権をおびやかすほどの圧力はない、ということなのです。

そもそも99.9%の一般人は既存の業団の医学体制で良し、なのですから、

ほんの一部の良心的な医学者が正論を吐いたところで、

ほとんど体制に影響力などないのは自明です。

さらに、その良心的な医学者の正論の中身にしても、

よくよく吟味すれば、99%は正論だが、

1%はナンダコリャ、が混じった

よくある手口だったことがわかったりします。

三大療法のうち、なぜか放射線治療だけは無害と思わせるように誘導したり、

免疫の専門家なのにホルミシスを礼賛したり、

東洋医学に精通しているようで、東洋医学なんか何もわかっていなかったり

と、そんなアラが見えてくると、なるほど、世の中に出回り売れるとは、

こういうことかと真相が見えてきます。

本当のホンモノは決して常にオモテには出ません。

本当のことをもしも言ったら、

とてつもないバッシングとスキャンダルで即座に

粛清される運命が待っています。

ですから、こうした売れっ子の皆様はその虎の尾を踏まないように

上手に論説を展開して、ニッチな立ち位置を確保しているのです。

いわゆる今西錦司博士の提唱した生態系における「棲み分け」ですね。

ネットのなかでドヤ顔で健康指南を展開する皆様にも、

こうした業団のニッチに棲み分けて棲息する良心的な医学者を

崇拝し賛美するする風潮が見受けられます。

疑いつづけ、みずからで思考することの難しさが、

ここに垣間見られます。

どんな偉い先生だって、どんな崇高な内部告発者だって、

みんなみんなオマンマを頂いて、生きていかねばならない。

そのためには、割り切って毒饅頭のひとつやふたつは

喰らうということなんです、たぶん。

このへんがわかってくると、健康指南の領域では、

まず騙されなくなります。

アタシだってここまで到達するには、

散々に騙されてきたはずです。

トラップを幾つもかいくぐり、

皆様も真の養生法に到達されますように、

お祈り申し上げます。


※ 本記事のこういう論説はあまり粋でもないし、

センスも良くない好例です(笑)

スポンサーサイト

2016.11.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR