命の揺りかご

昨日は常連さんのHさんご夫婦がラストオーダーの

いつもの時間にご来院くださいました。

いつもながらの楽しいブラックジョーク満載の話をしながら、

ふと、やはり指圧という手技は最早絶滅を間逃れないと、

そんな言葉が口をついて出ました。

「指圧の心 母心 押せば命の泉湧く」のキャッチフレーズで

一世を風靡した浪越徳治郎先生がご他界されたあとの空白の20年。

その長き20年のあいだに我が業界は指圧の啓蒙を怠ってしまった。

それが結果として無資格のエセマッサージの乱立を招き入れて、

今やこれらのジャンク代替医療が幅を利かせるご時世となった。

安かろう、悪かろう、はまさにデフレ・トレンドにはドンピシャだ。

なんのスキルも、コンテンツもなくとも、

見よう見まねで素人が指圧に似たことをやってしまう無資格リラク産業の台頭。

このジャンクマッサージの隆盛は本物を駆逐するに十分なインパクトがあった。

わたしたち有資格者の本物が今後生き残るには、いったい何をしたらいいのか?

そんなことに四六時中、思いを馳せるなかから、

自分にしか言えない事だけをこれからはここで公開していこうと決意した。

そうして脳裏に降臨した言葉が「養生クリエイター」だった。

本ブログを開くと左側にカテゴリー欄があります。

今夏、その一番下に最新カテゴリーとして

「養生クリエイター」がエントリーされました。

これからの記事はすべてここに収められます。

Hさんの地竜穴を昨日に押していて感じたのですが、

指先にマックスのパワーが乗ってきています。

指圧は力ではない、と私は言っていますが、

もちろん力なくして指圧などできません。

まず十分な力を乗せた指圧ができる。

これはプロの指圧師に当たり前に要求されるスキルです。

なぜここ最近になって指先にマックスのパワーが乗ってきたのか?

たぶん、それは今年になって筋トレを継続しているからでしょう。

わたしももうじき47歳。50の坂が見えてきました。

寄る年波を実感する今日この頃です。

筋肉は使わなければしぼんでしまいます。

しぼんだ筋肉ではパワー指圧はできません。

今年の正月1日に親戚に正月の挨拶回りに行った際に、

ある従兄弟に開口一番、「みつおみ、お前、なんだか痩せたな?」と

言われました。これがもの凄いショック療法となりました。

次の日、いてもたってもいられずに筋トレバーを振りたくって、

「チャンバラエクササイズ」がスタートしました。

チャンバラは手首を痛めることがわかり、6ヵ月経った頃から、

懸垂と腕立て伏せにプログラムを変更しました。

この8月は少し筋トレが中断しましたが、

ここのところ再開し、ようやく中断前の筋力が戻ってきました。

マッチョでムキムキになるつもりは毛頭ありません。

だって、今まで買ったお気に入りの洋服が着られなくなっちゃうからね(笑)

仕事に必要なパワーが出せるだけの筋肉は確保する。

この絶対必須の命題をクリアするために、

これからも毎日の筋トレに精進する所存です。

指先に十分なパワーが乗り、そこにさらに意念を乗せる。

その先にワン&オンリーのわたし独自の指圧宇宙が広がるのです。

指圧宇宙は大宇宙と共感呼応します。

指先のビッグバンは宇宙創生の響きです。

今日も患者が待っている。

この指先に命の揺りかごが宿ります。

スポンサーサイト

2016.09.10 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

最近またすごいパワーですね!

鍼とか灸がいいと言われて 指圧だけでないほうがいいのかと思ってたのだけど 夫が灸を嫌うようになって… ←チャングムのやりすぎ (^^♪
先生の指圧パワーが一段とUPで これだけで大感謝です。背中押してもらってるときにお腹がにグォーンと気入ってきますね。ここんところ ヨーガでも追いつかないほど不摂生が続いてて ガチガチで申し訳なかったですが 
もう 帰りにはピョンピョン 今朝もさわやかな寝覚めでした。また来月よろしゅうです <(_ _)>

2016/09/10 (土) 22:01:02 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

ご来院ありがとうございました!


ばっちゃんの身体は自分の術レベルを正確に把握するから、

恐ろしいお客さん(笑)、いな、頼もしい常連さんです。

24年目にして味わう新たな指感覚がある。

それを実感させてもらえる仕事に就けていることに、

こちらこそ感謝しなければいけません。

来月はさらなる進化を遂げているように、

こちらも精進潔斎に励みます。


2016/09/11 (日) 03:22:46 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR