養生の極み

「ここのところ凄く体調が良くなって、

顔のケイレンもあと一息で完治しそう」



昨日に訪れた常連さんが開口一番に放った言葉だ。

このYさんという患者さんは50代の御婦人で、

主訴は顔の左側の筋肉の頻発するケイレンで、

それを治したくて我が治療院に通い始めた。

最初は月2回を3ヵ月ほど続けて、

あとは月1回の治療で半年を経過した。

都合10回ほどの治療で、主訴の改善を見ている。

施した術は指圧のみだ。

初診時の顔の筋肉の固さは、かなりの強度だったのを覚えている。

それでも初診時に、顔の凝りが自発的に動いたので、

これはイケルと予想した。

予想を現実化できたことは治療家としては嬉しい限りだ。

顔面部の主訴であっても、もちろん顔面部だけを治療するわけではない。

むしろ顔面部よりも顔面部に通じる様々な部位の凝りを

動かすことを目標に治療してきた。

更年期の女性は、やはり血の道を整えることが大事だ。

だから腰の付近の血流や足の血流を良くすることが肝要だ。

またYさんは事務職でパソコンを凝視する時間が長いから、

肩こりや首こり、背中の凝り、上肢、上腕の凝りを取ることも大事だ。

こうした総合的な全体の凝りを動かすことで、

顔面部の血流を上げていった。

お陰様でYさんの顔の血流が良くなり、

顔面部の血色はキレイなピンク色に変わり、

見違えるほどに良くなった。

ご本人がそのことを一番よくわかったからこその、

冒頭の言葉と言えよう。





話が変わるが先日、自動車メーカーのホンダが、

スポーツカーのNSXのニューモデルをリリースした。

日本のものづくりを象徴するクールジャパンな素晴らしい車だ。

私もこんなカッコイイ車を乗り回してみたいが、

なにせ販売価格は優に田舎の建て売り住宅一軒分に相当する。

残念ながら子供の頃に100円玉をつかんで駄菓子屋に出向き、

フェリックスのガムやよっちゃんイカやシゾーカおでんを買うように、

気軽に手が出るシロモノではない。

高額な商品にはそれ相応なプレミアムなステイタスがつく。

一般人は簡単に手が出ないのもステイタスな世界の魅力だ。





自分が治療師になって早24年が経過した。

開業後に触った凝りの数は

仕事やプライベートを含めて、

3万はくだらない。

3万タッチの凝りと共にこの24年間を過ごしてきた。

患者の凝りをいかにしてほぐすか、

患者の体調をいかにして良くするか、

そればかりを追及する日々を生きてきた。

そんな治療という職業を生きるなかで、

わたしの価値観もだいぶ変容した。

モノがどんなに優れて素晴らしく高額であっても、

そのモノが頭痛を治す事は出来ないし、

便秘を改善するわけでもないし、

体調を良くすることもない。

高価な貴金属にどれほどのパワーがあるか知らないが、

ダイアモンドで頭をさすって頭痛が治った、なる事実はない。

モノはあくまでモノでしかない。






指圧という手技はモノではなくワザだ。

ワザは目に見えるシロモノではない。

そして指圧という手技は患者と治療師の

あいだだけで完結するワザの世界だ。

だから指圧の価値はそれを受けた患者にしかわからない。

大多数の人にアピールできるモノではないがゆえに、

指圧の素晴らしさを伝えることは至難を極める。

指圧がNSXよりも価値があると声高に叫んでも、

世間の嘲笑を誘うことは必至だ。

しかし、指圧はどんな高額なモノよりも優れた価値がある、

と私は常々考えている。






本当に価値があるとはどんな事を言うのだろうか?

治療師にとって、最も大事なことは、

患者を楽にすることに尽きる。

患者の悩みの症状が改善されることは、

治療師にとっても、これほど嬉しいことはない。

わずか10回の治療で冒頭のYさんの症状が改善されてきた。

かかった費用は4000円×10回分だ。

たったそれだけの金額と見るか、そんなにかかったと見るか。

評価、価値観は別れるところだろう。





ひとの命に値段は付けられない。

ひとの命の重さは地球1個の重さに相当するとも聞く。

体調が良くなるということは、

命の調子が良くなるということだ。

クルマの調子を良くするための整備費に

わたしたちは毎年、幾ら使うことだろう。

そのくせ、自分の命の整備には、

ほとんど費用をかけない。

スマホゾンビではないが、

現代人はあまりにモノに支配され過ぎていないか?




有形のモノの価値はわかりやすい。

そのカタチのかっこよさ、

そのモノの機能性、

こうしたモノがアピールする広告効果は

実にわかりやすい。

しかしそれに比して無形のワザの価値はわかりにくい。

指圧がどんなに素晴らしくても、

それは指圧を受けた患者にしかわからない。



いや、待てよ。

指圧をした治療師には、

その指圧の価値はハッキリとわかるのだ。

わたしが指圧の素晴らしさを伝えなくて、

いったい誰が伝えるというのだろうか?





指圧はどんな高額なモノよりも価値がある。

なぜなら命の調子を良くすることができるからだ。

命ほど大事なモノはない。

命あってのクルマ、貴金属、家、人生だ。

その命を良くする指圧には、

だからNSXが足もとにも及ばない価値がある、

と、これからは声を大にして唱えよう。

世界中のどこに体調を良くする医療があるだろうか?




体調を良くすること。

これまさに養生の極みなり。

スポンサーサイト

2016.09.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR