オレ竜 5

凝りが力ずくで物理力だけで取れるのなら、

ライザップな筋肉ムキムキな治療師こそが指圧師に向く。

しかし、凝りはべつに力などいれないで、

うまくすれば、ただ凝りを押しているだけで、

勝手に凝りが動き出して勝手にひとりでに柔らかくなる、

という事実を知るものは、世界広しといえど、

たぶん、わたしくらいのものだろう。

指圧を物理力だけで押す治療術と誤解している者は、

なにもあなただけでなく、恐らくは、ほぼ100%の者が、

指圧=指で押す治療、と思っているはずだ。

たしかに指圧=指で押す治療、なのだが、

その内容となると、ディテールはまったく違った様相を呈してくる。

というか、指圧という治療術のディテールなど、

これまで誰も解説しなかったのだから、

指圧をただ漠然と押す治療と誤解して当然なのだ。

凝りが勝手に動き出したら、ほとんど物理的な筋力を必要としない。

もちろん、一定の圧を負荷するだけの筋力は必須だが、

ウンウンと唸って押すような無駄な力は一切いらない。

凝り竜が動きだしたら、あくまでその動きを邪魔しないで、

凝り竜が自由自在に動くように見守るのみなのだ。

凝り竜の動きとは、身体が自分で自分を治す自己治癒力そのものの動きだ。

この凝り竜の自発的な自己治癒運動も、

ホメオスタシス(恒常性)のひとつとみなして良いだろう。

つまりオレ竜指圧とは人体のホメオスタシスを利用して治療する指圧だ。

今日は名古屋から常連さんのKさんがクルマでご来院下さいました。

片道2時間余のハイウェイ走行を苦にせずに、

はるばる片田舎の光伯堂まで、本当にありがとうございました。

3時間コースの最後の1時間の美顔指圧の際に、

いい感じに眼竜穴(がんりゅうけつ)の竜が動き出しました。

その前に膝下三里の地竜穴(ちりゅうけつ)を押した際に、

胃が蠕動運動を起こしてグレリンが分泌された事が我が耳で確認できましたので、

これは今日はいい徴候だ、と思い美顔に移行して、

数十分経過すると、いよいよ眼竜穴の竜が躍動を開始しました。

お蔭で眼の周囲の凝りに十分な血流が周り、

美顔指圧後の眼の色や顔色は、来たときよりも、

はるかに美しくなりました。

2時間の全身指圧プラス鍼、そのあとの1時間の美顔指圧プラス美顔鍼の成果が

十分に発揮された今日のオレ竜指圧&鍼治療でした。

それもこれも、月1回、定期的に通ってくださるKさんのお心がけの賜物と、

感謝申し上げる次第です。

凝り竜が動く時、凝りの周囲には血液が満たされて、

温かさが戻ってきます。

指圧により分泌が高まった一酸化窒素がもたらす血管拡張作用による

血流促進の効果です。

凝り竜は血液の栄養と熱を吸って、生気を取り戻し、

やおら動きだし、宇宙の虚空へと帰還します。

分子レベルから宇宙のはてまで。

オレ竜はミクロとマクロを自在に行き来します。

スポンサーサイト

2016.08.20 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/21 (日) 22:36:18 | | # [ 編集 ]

先日はお電話にてご予約を頂きましてありがとうございました。

また今回はご連絡先をお知らせ頂きまして、ありがとうございます。

海外からの、ご来日時に、当院へご訪問頂きますこと、たいへんに光栄でありがたく存じます。

当方も当日の出会いを楽しみにしております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2016/08/23 (火) 21:26:54 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR