竜の教え 10

ひとの身体を健康に保つ新ポイントは以下の3点。

① 頭部と上肢の自重が負荷する肩の天竜穴ライン

② 腰よりも上の自重が負荷する人竜穴ライン

③ 膝よりも上の自重が負荷する地竜穴ライン

うえから肩のライン、腰のライン、膝のラインの

3つのGショック水平ラインの凝りを取ることで、

全身は復元する。

日本初、世界初のオレ竜・東洋医学の核心をここに述べてみた。

地球に生きる生き物はバクテリアから高等生物にいたるまで

すべて地球の重力を受けて生きる。

ひとを垂直に真上から見ると、そこには頭部と肩が見える。

肩には地球の重力がしっかりと負荷するのだ。

その垂直の物理力である地球重力は身体中を通過して、

やがて腰へと負荷をかけて、さらに膝下へと移行し、

最後に足の裏にいたる。

普段は意識しないが、宇宙飛行士が地球に帰還した時に、

こんなにも自分の身体が重かったのか、と慨嘆するように、

わたしたちは毎日、毎日、自分の重さと闘っているのだ。

この地球の回転力から身体を守るために、

そこに凝りが発生すると分析できる。

凝りとは分子レベルでは変性タンパク質の事をいう。

ひとの身体はタンパク分子で構成されており、

このタンパク分子は重力負荷により形が歪む。

この形が歪んだタンパク分子を変性タンパク質という。

タンパク分子は遊びのある柔らかい構造ではじめてその機能を発揮する。

それゆえに遊びのなくなった歪んだ変性タンパク質は

速やかにもとの形に戻す必要がある。

変性タンパク質をもとの形に戻す分子がヒートショックプロテインだ。

ヒートショックプロテインは指圧による圧力刺激に応答して分泌される。

歪んだタンパク分子の変性タンパク質の凝りは、

指圧により分泌されたヒートショックプロテインにより、

速やかに修正されてもとのキレイな柔らかいタンパク分子構造へとよみがえる。

トグロを巻いていた変性タンパク質はその瞬間に

トグロをほどき、元通りになるのだ。

これが凝り竜が動きだす時の分子レベルのメカニズムだ。

重力が負荷する場所に凝りが発生する。

その主要な場所は天竜穴、人竜穴、地竜穴の天地人の3つのヨコの竜穴だが、

地球コアに向かって垂直に引っ張る重力負荷が描く

頭を支える首から脊椎両側を下降して下肢の背面を経て足裏までの

タテの1本のラインも凝りがよく発生する場所だ。

このタテの竜穴の凝りをよく取ることも健康を保つうえで大事だ。

ヨコの3本の竜穴ラインとタテの1本の竜穴ライン。

そこに浮かびあがりし文字シンボルは「王」という文字。

凝りという竜が描きし王の紋章。

なんと、ひとの身体には竜王が棲んでいたのだ!

「竜王の息子」はついに竜の王国の秘密を手に入れた!

人体というフロンティアにいま新たな歴史が刻まれる。

竜王をなぞることで、竜王をたどることで、

ひとは凝りから解き放たれて健康になれる!

竜王の門こそが未病治の上医への扉だったのだ!

凝りに触れて25年。

触った凝りは優に3万タッチ。

3万の凝りは私に誰も知り得なかった

アヴァンギャルドな身体観をプレゼントしてくれました。

3万の凝りたちよ、おまえたちのお蔭でここに到達できた。

本当にありがとう!

命に導かれ、命に育まれた25年。

オレ竜の東洋医学という蝶の羽ばたきは、

やがて竜巻になるかもしれません。

全編書き下ろし、

自分の奥底から湧いてくる魂の言葉で挑んだ全20講、

ドラゴンシリーズのご精読、まことにありがとうございました。

スポンサーサイト

2016.08.17 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

拍手!

先生にしか語れない世界、息を殺して読みました。

最近また日課になった温灸で「王」をなぞっています。

次のシリーズが楽しみです。

2016/08/17 (水) 06:57:13 | URL | たがやすべえ #- [ 編集 ]

この間の指圧も最高でしたよ

今回は何やってきたの?って言われたほど トホホだったけど 翌日はもうスッキリ あれから スマホは ほどほどにしてます。暑い日ざしが ようやく和らぎ 昨年のお父ちゃんの目眩い事件から もう1年。 すごく用心深くなって感謝です。そうだ、この間待合室で入れ替わりになった ご婦人86才にはとても見えず ようし私も頑張る と思いました。ここでの出会いも嬉しいです。先生も夏休みとって 休んで下さいね~

2016/08/17 (水) 06:58:29 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

25年の重み


たがやすべえさん、

このシリーズは私からの間中博士への恩返しになりそうです。

X信合系仮説を、一歩でも前に進める。

それが間中学徒の責務です。

今の時代にそれをやろうとしている者が果たしてどれほどいるのか?

自分が発見した凝りの王字ラインは、原(元)経絡か、もしくは新経絡と捉えることも可能です。

あるいはまったく別の概念を持ってきて、Gラインと呼んでもいいかもしれません。

2000年前の生理学、医学、物理学、科学の常識と今の時代のそれとは圧倒的に違います。

であるのなら、東洋医学も「2016年・宇宙の旅」に出ても、いや出るべきなのです。

新しいものを生み出すのには、それなりの時間と経験の重さが必要なんですね。

すべてのコピペを廃し、オリジナルを生み出す。

その思いがようやく結実しつつあります。

天界の恩師よ、とくとご覧あれ。






ばっちゃん、このあいだもなんだか、えらく凝ってたよね(笑)

おとうちゃんが目まいになって1年。

奇跡の一発指圧治療の証人になって、いつかご夫婦で本にでも登場してもらわな(笑)

86歳のあの御婦人は今日もご来院くださいましたよ。

若い頃からの熱烈な指圧フリーク。

指圧がアンチエイジングにいかに優れた治術であるかを証明する生き証人です。

ばっちゃんも120歳超えの仙女目指して、レッツ指圧だぜい!

2016/08/17 (水) 19:36:37 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

うん やりたいこと多すぎて

 簡単には死ねないなあ
 よろしゅうお頼み申し上げます

2016/08/18 (木) 07:35:36 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR