華麗なる日々

唐辛子の効用、オレの投稿まとめ ←クリックしてご覧ください



ここのところ暑さが一段落したせいか、治療院の仕事量が多い。

暑い盛りには、汗ばむせいか、お客さんたちも、

ひとに触られるのがイヤになって、やおら仕事量も減るが、

暑さが収まると、暑い最中のダルサが、いっぺんに噴き出して、

常連さんが列を成すとまではいかないが、

予約がたてこむものだ。

さて、冒頭クリック記事は、かつて自分が熱心に投稿していた

とある掲示板における唐辛子に関するトピックをまとめて、

どなたか存じ上げない方が阿修羅掲示板に投稿してくれたものだ。

面識はございませんが、その方にこうしてスッキリとまとめて頂いたせいか、

ネタを投稿した当の本人もちょくちょく読み直して、非常に重宝している。

検索に「養生法の探求」と検索ワードを入れると、

上位にこのサイトの記事がひっかかってくる。

阿修羅掲示板は、オモテのメディアが報じない裏の情報が載る

なかなかいいサイトであり、そこにこうして自分の発信した情報が

掲載されていることは名誉なことと嬉しく思っている。

先日、忙中閑有りの休日に大都会(笑)の静岡市に出掛けた折りに、

老舗の蕎麦屋でカレー南蛮を頂いた。

またその帰り道には焼津市の人気パン屋で、夕食用にカレーパンを買った。

翌日の昼は地元のスーパーで買ったレトルトのタイカレー。

カレー続きの、まさにクルクミン三昧の華麗なる日々を過ごしたというわけです。

カレーの主成分のターメリックに含まれる黄色色素のクルクミンにも、

すぐれた抗酸化作用や薬効があることが判明しています。

クルクミンは生姜(しょうが)にも含まれる成分です。

唐辛子の辛味や生姜の辛味の、辛味成分は舌の味蕾では弁別できないといわれます。

舌の味蕾は塩味、甘味、苦味、酸味、旨味、の5種類の味を弁別します。

辛味はですから、味蕾とは別の受容体にヒットするのです。

その辛味を受容するべつの受容体が温度センサー細胞のTRP受容体です。

唐辛子が日本に伝播したのはポルトガルやスペインの宣教師がのった船が

日本に上陸した頃といわれます。

唐辛子の栽培自体は非常に古くから行われており、

メキシコでは8000年以上前からとされます。

コロンブスが中米から自国のスペインに唐辛子を持ち帰り、

欧州に広まり、やがて、スペインから江戸期の日本に持ち込まれました。

爾来500年ほどを経て、急速に唐辛子は人々の嗜好品として普及しました。

甘唐辛子と銘打って売られているなかに、時々、なんだコリャー!

と悲鳴を上げるように辛いものが混じっていることがあります。

きっと、その大当たりの唐辛子は成育過程でムシにかじられたのでしょうね。

いま大豆を育てていて、よくわかるのですが、本当にムシたちは、

美味しい野菜が好きなのです。

ムシたちに囓られてもメゲズニ育つたくましい枝豆がフサフサと成るのが待ち遠しい

今日この頃です。

中医学では辛味は肺と大腸を養うといいます。

しかし、カプサイシンもカプサンチンも血液中に入れば全細胞を養うといえます。

食薬一如。

食こそ薬、食こそ命。

小腸のセンサー細胞から読み解く新しい栄養学。

なかなかユニークな論考が展開できました。

スポンサーサイト

2016.07.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食薬一如

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR