空と海と土と

ミトコンドリアを体内に宿した真核生物が謳歌する

生物多様性あるこの地上の楽園はここ20億年を経て形成された。

この間の生命史のドラマはミトコンドリアなしでは

成し得なかった。もしもミトコンドリアがいなければ、

いまもこの地上には生命らしきものはいっさいなく、

海中か、もしくは土中に酸素を嫌う嫌気性のバクテリアやアーキアが

いるにすぎない実に殺風景な地球だっただろう。

しかし、もしも本当にミトコンドリアがいなかったとしても、

地下では今も見ることができるような想像を絶するバクテリアやアーキアの

王国が27億年を経て築かれたことは間違いないだろう。

地下の総生物量は推定で200兆トン。

また海洋に棲息する海洋ウイルスの総生物量は

シロナガスクジラ7500万頭に相当する。

恐らくは地下にも、おびただしいウイルスがいるはずだ。

海洋ウイルスは海洋バクテリアの生物量をコントロールしている。

海洋性の光合成バクテリアは海洋性のウイルスであるバクテリオファージに、

殺されることによって、大気中の酸素や二酸化炭素濃度がバランスを保っている。

つまり地球大気の酸素や二酸化炭素の濃度構成は

海洋バクテリアや海洋ウイルスが生みだしているのだ。

地球の大気中には酸素や二酸化炭素が含まれるだけでなく、

窒素も含まれる。この窒素は元素記号をNと書くが、

Nがふたつくっついた窒素ガス分子は、非常に強固に連結されているので、

これをほどいてNを取り出す作業には、特別な酵素を必要とする。

その特別な酵素をニトロゲナーゼと呼ぶが、土中の窒素固定細菌が

この酵素を合成できる。

この土中の窒素固定細菌がいるおかげで、わたしたちは大気中の

窒素ガスのNをアミノ酸の形で食事から摂取できる。

地下の王国の住人である窒素固定細菌はすでにわたしたちの生理に

欠くべからざる非常に重要な貢献をしてくれていたのだ。

原発事故だけに限らず土壌を汚染するような環境破壊をつづけていけば、

やがて窒素固定細菌をはじめとする土中世界の

住人たちの生態にも悪影響が及ぶだろう。

窒素固定細菌がもしも土中から姿を消せば、

植物は窒素を固定できなくなり枯れて死に、

その植物を食料にする動物も窒素源を失い絶滅するはずだ。

地下の王国と地上の楽園は密接につながっている。

それだけでなく母なる海もまた大気を通じて土中や地上とむすびつく。

ひとは空と海と土と共にある存在だ。

環境を汚染することは自分を汚すことに等しい。

わたしたちは地球を呼吸し地球を食べて生きている。

スポンサーサイト

2016.07.17 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

>ひとは空と海と土と共にある存在だ。

環境を汚染することは自分を汚すことに等しい。

わたしたちは地球を呼吸し地球を食べて生きている。


まさに、まさに!!!です。
それなのに、私たち人類がやっていることといえば・・・。
自分たちの呼吸を自分たちの食べ物を自分たちの家だけを汚染して、自分たちが困るのなら、まだしも、地球に生きるすべての生物にまで被害を及ぼしている。。。
あぁ、悲しい現実です。
いつになったら、みんな、気づくんだろう。。。

2016/07/17 (日) 17:50:26 | URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]


テロ、クーデター、自由ウソつき党の躍進を見るにつけ、

まったく、この学ばないサルの度し難いバカさ加減にウンザリしますよね。

これまでに約50種ほどの人類の仲間のホモ属が生起したんですが、

なぜ、わたしたちホモ・サピエンスだけが今、生き残っているのか?

それは言葉を使えたことと、ミラーニューロンがあったから、とも言われます。

ミラーニューロンがあるからひとの痛みに共感し、ひとの喜びを共に喜べる。

こんな素晴らしい素質を持ちながら、このテイタラク。

人類はこの先、どんな未来を描くのでしょうかね?

2016/07/18 (月) 09:46:12 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/19 (火) 12:19:55 | | # [ 編集 ]

ひひひ


文面を読んで、ここに、白隠禅師が降臨したのかと錯覚しちゃいましたよ(笑)

ああいうタイプの候補者が登場したことを、まずは喜びたいですよね。

ちなみにアタシのブログは、まだまだマイナーですから、

なんの気兼ねもせずに、ご投稿ください。

たまにNGワードで、ブログオーナーみずからが、はじかれますが、

それもご愛敬(笑)

2016/07/19 (火) 19:58:07 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR