地上の楽園

生命がこの地球に誕生したのは今から38億年前とされる。

その頃の地球には酸素がなかった。

だから地球最初の生命は酸素なしで生きられる生き物だった。

いまでも土壌中やヒトの腸内などにいる嫌気性バクテリアのたぐいが、

おそらくは地球最初の生命だったとされる。

今から27億年前ころになるとシアノバクテリアという

光合成をおこなうバクテリアが増えてきて、

二酸化炭素と水から炭水化物を合成し酸素を放出しはじめた。

その結果、地球には酸素が増えていった。

海中の酸素は海中の鉄と化合し、酸化鉄となって沈殿した。

いまわたしたちの身の回りにある鉄は当時、

海中に沈んだものが鉄鉱となり精錬されて製品化されたものだ。

やがて酸素が海中から大気中へと拡散していき、

地球の大気濃度に占める酸素濃度もあがっていった。

酸素を嫌うバクテリアはこの頃から土壌中へと住み家を移したのだろうか。

酸素を嫌うバクテリアにとって酸素は毒ガスに過ぎない。

シアノバクテリアは実は地球最初の環境汚染の張本人ともいえるのだ。

この地球の酸素濃度の上昇という激変に遭い、

そこから地球の生命形態が変容をはじめた。

今から20億年前、あるひとつの奇跡が起こる。

酸素を嫌うバクテリアと酸素を吸収できるバクテリアが共生融合を開始した。

この奇跡の生き物が自分達の祖先だ。

爾来、20億年、地上で様々な生命が誕生し絶滅し進化してきた。

もしもこの20億年前のバクテリア同士の奇跡の共生融合がなければ、

いまのわたしたちはここに存在しない。

このことの意味を本当にわかっている者がいまの地球にどれだけいるだろうか?

真核生物、ユーカリアと呼ばれる生き物の体内にはすべからくミトコンドリアがいる。

このミトコンドリアが酸素を吸着してくれるから、酸素の毒にやられずに

真核生物は地上で生きられるのだ。

もしもミトコンドリアがいなかったら、

いまの地球の様相はまったく違ったものになっていただろう。

酸素濃度が上昇した地上で生きることを可能にしてくれたのは

すべてミトコンドリアのお蔭なのだ。

ミトコンドリアがこの地上に生命の楽園を生みだしたのだ。

わたしたち真核生物界はいってみればミトコンドリア・ファミリーだ。

だから地球には、アーキア(古細菌)、バクテリア(真正細菌)、

そしてミトコンドリア・ファミリー(真核生物)の

3種の生き物ドメインがいるだけ、と言い換えることができる。

ミトコンドリアの重要性はどれだけ強調しても強調し足りない。

スポンサーサイト

2016.07.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハリキュウ戦隊ミトレンジャー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR