いのちのタネ

野口のタネ屋・野口勲さんのミトコンドリア的タネ論 ←姿勢を正してお読みください




こちら冒頭に貼りました記事はご存知の方も多い在来種、

固有種のタネを販売するその筋では有名なタネ屋さんの

店主である野口勲さんの論説です。

野口さんは一時期から騒がれ出したミツバチたちの突然の大量失踪事件の

原因がミトコンドリア異常の植物にあると、独自の分析をされています。

生命とは何か?を追及していくと突き当たるのがミトコンドリアです。

ここのところわたしの脳裏に舞い降りているのが

「ミトコンドリアと生物種との共進化」というキーワードです。

現生鳥類のミトコンドリアは鳥の体内で2億年の時を共に過ごし、

発熱能力を上げて高体温の39℃を生み出す進化型ミトコンドリアに

エピゲノムに進化しています。

このようなミトコンドリアの進化は実はごく普通にヒトでも

起こっており、熱帯に住むヒトのミトコンドリアは発熱を抑えて

ATP産生を重視する方向へ進化し、寒冷地に住むヒトの

ミトコンドリアは発熱量を増して、ATP産生を抑制する方向へと

シフトします。そのせいでエスキモーには男性不妊が多くなります。

どういうことか?

つまりエスキモーの男性の精子のミトコンドリアのATP産生量が

抑制された結果、その精子の運動量が落ちて卵子にまで到達できない

ことで男性不妊が起こるとされます。

おなじような機序で作られているのが現在のF1種のタネということです。

種なしの野菜を食べ続けていると、いったいひとの身体にどんな変化が現れるのか?

これもまた壮大なる人体実験と言えます。

今から20億年前、原始真核生物とミトコンドリアの祖先が共生融合を開始しました。

この奇跡的なミトコンドリアとの共生融合がなかったら、

いまもこの星には恐らくは真核生物は存在しなかったでしょう。

見渡す限り、目に見える生物らしいものは一切見えない清らかだが、

あまりに殺風景な星。そんな地球であったことでしょう。

しかし、実際のわたしたちのいまの地球は実に生物多様性に満ちあふれています。

我が家は牧之原市の田舎ですから、周りを茶畑に囲まれて緑の景色です。

うちの庭は雑草だらけですが、バッタやセミやカナブンやチョウをはじめ

昆虫たちの天国です。土をほじればミミズが湧いてきます。

土壌はミミズたちが生みだしています。

空にはいつも鳥が舞っています。

こんな当たり前の命あふれる世界は、いったい誰のお陰で出来たと思いますか?

そうすべてミトコンドリアのお蔭なのです。

ミトコンドリアがもしも原始真核生物と共生融合しなかったら、

うちの庭も茶畑も、いやわたしという存在もなかったのです。

この地球の生物多様性はひとえにミトコンドリアが生みだしたのです。

地球を生命溢れる星に変えたミトコンドリアはまるで地球の命のすべてを

見守りコントロールするあの手塚治虫の漫画「火の鳥」のイメージに重なります。

奇遇にも野口さんもまた「火の鳥」をお店の看板娘に据えておりました。

ミトコンドリアこそ地球の「いのちのタネ」です。

ミトコンドリアに命を読み解く鍵があります。

ATP産生に舵を切るか、熱産生にベクトルを傾けるか、いずれにしろ

ミトコンドリアの数が多ければ対応はしやすいです。

ヒトという種とミトコンドリアの共生期間はわずかに600万年。

わたしとわたしのミトコンドリアの共生期間はわずかに46年。

わたしの46年連れ添ったミトコンドリアをさらに進化型に

バージョンアップする。少しハードな筋トレにもだいぶ慣れてきました。

わたしのなかの「いのちのタネ」を増やし継いでいく。

それが健康的であるための養生の究極の鍵かもしれません。

スポンサーサイト

2016.07.05 | | コメント(12) | トラックバック(0) | ハリキュウ戦隊ミトレンジャー

コメント

いつもお世話になっております。
ほんの一週間のブログブランクで、
私は、完全に今村さんの繰り出す話題から
取り残されてしまっております。

今村さんのパワーには圧倒されるばかりです。

こうやってまとめて記事を読ませていただいても
いたるところに、返信したくなること、
話題にしたくなることがあるのですが、
全てはできなさそうなので、
まずは最新記事にコメントするところから再スタートさせてください。


「種無しの食物による、壮大な人体実験」

考えてみると、恐ろしいことが起こっているのですよね。
そういった食物を人類全体で、
何割ぐらい消費しているのかわかりませんが、
それが、何なのかは別にして、
確かにそのことによって、人類が大きな影響、
変化を被るのは自明のことに思われてきます。


この話題で連想したのが、
放射能のことでした。
おそらくこれからも地球上の放射能は増え続ける気がいたしますが、
そのことで、多くの人が、病気になりやすくなることも、
多分本当だと思います。
しかし私の直感的な思考によりますと、
それで人類がみんな病気になって単に滅びていくとは到底思えない。
その中でも健康に生き続ける人もやはり多くいる筈だと考えます。
(そういう人たちを準備することが「養生法の探求」の趣旨なんですよね)

すると、高い放射能の中で健康的に生きれるように
環境に適応した人たちは、一体どうなっていくんだろう。
という疑問が出てきます。


私はなぜか、そこに希望を見出すのです。


そういった「新」人類が、
今までの人類と違う傾向を持つことは、
自明のことだと思うのですが、

それが、もしかしたら、人類の進化なのではないか
とか、ちょっと馬鹿げたことを妄想したりするのです。


ガンダムのニュータイプみたいな進化が始まったりして。
とか。笑

そしたら日本は本当に「神国」みたいになっちゃいますよね。


日本に帰りたくなっちゃいます。



2016/07/05 (火) 16:44:11 | URL | akechi #- [ 編集 ]

やぁやぁ!


akechiさんのサイトもいい感じのネタが出始めて今後の展開が楽しみです!

呼吸とマテリアルとスピリチュアルと哲学と、なんともイイ感じ。

この野口さんのメッセージは、本当に重大です。

先週のはじめにずっと観たかった映画「ホビット」3部作を観賞しました。

前シリーズのロードオブザリングのメッセージも素晴らしかったですが、

今回も本当に感動しました。

ドワーフの王、トーリン・オーケンシールドを演じた英国俳優のリチャード・アーミティッジの魅せる演技力には、惚れました(笑)

深みと野趣と高貴さ。まさにキャラクターをリアルに演じていました。

akechiさんも、なんとなくイメージが重なります。

あの風格でまだ40代のようです。

なんだか、ネタがしっちゃかめっちゃかに飛んでる(笑)

とりあえずこれ以上の汚染をくい止める哲学、思想、科学を再興しなければいけない瀬戸際に来ていることは事実です。

自分はミトコンドリアが文明変革のキーになるかも、と今、新しい構想が芽生えてきています。

ミトコンドリアをリンクにネットワークができていけば面白いです。

2016/07/05 (火) 19:55:47 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

ミトコンドリアが文明開化のキーになる。
すごいですね。

私はまた、日本に帰りたいなんて、軽はずみなことを書いてしまって少し恥じているのです。
汚染や健康に、真剣に取組んでいる方々を軽く見ているわけではなくて、私も実にその責任を一緒に引き受けていきたいような、そんな気持ちがあり、妻と、日本に帰る可能性についてもよく話しているのです。

個人の幸せは確かに、自分の周りに調和的な関係を築いていくことだと思いますが、やはり同時に、積極的に社会に働きかけ、その動力になっていかなくては、単なる責任逃れになってしまいますよね。

私も頑張ろうと思います。



リチャード・アーミティッジ!
ちょっと私のイメージがかっこよすぎですね!
私は普通のおっさん顔でございます!

2016/07/06 (水) 19:02:49 | URL | akechi #- [ 編集 ]

ミトコンドリアがいなければ


わたしもあなたもすべてのひとも、地球の目に見えるすべての生命体も、

今ここには存在しない。

であるならばミトコンドリアは神と置き換えすら可能な存在と言える。

akechiさん、宮沢賢治がこんな言葉を遺しています。

「おれたちは農民である ずいぶん忙しく仕事もつらい

もっと明るく生き生きと生活する道を見つけたい

われらの古い師父たちの中にはそういう人もおうおうあった

近代科学の実証と求道者たちの実験とわれらの直感の一致において論じたい

世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない

自我の意識は個人から集団社会宇宙と次第に進化する

この方向は古い聖者の踏みまた教えた道ではないか

新たな時代は世界が一の意識になり生物となる方向にある

正しく強く活きるとは銀河系を自らの中に意識してこれに応じて行くことである

われらは世界のまことの幸福を索ねよう

求道すでに道である」

ミトコンドリアとは何か?

その正しい認識に目覚めた人類が一つになる時、

世界文明は新しい時代を迎えるはず。

その道へと至るために自分は情報発信をしている。

そんな気がします。

2016/07/06 (水) 19:48:27 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

タネ、念も業もなにもかも凝縮されし

昨日は、
参院選で気をはく、元気のいい、ひとりの若者のエナジーを肌で確認したろうと、アキバまで足を運びやした。
折しも彼が語ったメインテーマは、
農作物のタネ、いのちのタネでしたよ。笑

あなたはどーする?
あなたならどーする?

と、まるで聴衆の一人ひとりに矢を射るかの、
指向性の強い光を放つ、とても頼もしい御仁でした。

政治的話題は割愛しまして、

種子が願う心は何か?と思案しますに、
それは生の全うなんですね。
邪な計らいをいのちに施してはなりません。

生の全う無くして生の昇華無し。
昇華無くば再誕を願ういのちの輪廻止むこと無し。
が、我が私見であります。

ひとつ、我々も生を全う、
完全燃焼させようじゃありませんか。爆笑

2016/07/07 (木) 17:58:52 | URL | 陣中見舞い #- [ 編集 ]

陣さん、タネ、いい響きの言霊ですよね

田根なんて当て字も良し。

あっ、安藤昌益がやってるかな?(笑)

かの御仁は実に自然に農を語りますよね。

しかもかなり具体的に。

自分がユーチューブで観た時は、健全な食べ物が健康な国民をつくる。これも国富だ、と申しておりました。

至極まっとうなこうした意見がいかにも新鮮に感じるということは、

いかにこれまでこうした発言のない政治家ばかりだったかという証左でしょう。

今は二人でも、いずれは一大勢力に育って欲しい潮流です。

タネは次代を継ぐためにまた芽生える。

その芽の力を人為的に淘汰したツケがどんな結果を生むのか?

本当に恐ろしい事態が進行しています。

ミトコンドリアは真核生物の細胞内に植えられて育った生命のタネ、そして火の鳥、かも。

個体の中で羽ばたき、種のなかで繁茂し、種を越えてすべての真核生物の体内で舞い飛んでいます。

その命の炎を消す遺伝子操作、内部被曝。

人類はやはりホモ・スツルツス、愚かなサルに過ぎないのかもしれません。

2016/07/07 (木) 19:48:34 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

アキバ も行きたかったなあ

前日の高田馬場と新橋に行って来ました!リアルな出会い最高でした。わくわくする人とこれからも付き合っていきたいですね。明日は先生ちでまたまたワクワクです。

2016/07/08 (金) 03:36:18 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

田根と共にある政治を


ばっちゃん、東名バスで東京行き、

リアル選挙フェス応援ツアー、お疲れ様でした。

明日、また色々と、盛り上がりましょう(笑)

彼の農政観は異色というか、農政を語るというのは、

やはり国の根幹に関わる一大事です。

それをまず言えるというのが、頼もしく感じます。

食という土台があって、はじめて国民があるわけです。

ホウレンソウの栄養価がすでに10分の1にまで低下している原因は土やF1種などに原因するのかもしれませんね。

土と言えば山崎農研の最新号138が土づくりの特集です。

自分の論説もこの特集のなかに掲載されています。

根っこ、の世界をないがしろにしていてはまともな国民も育ちません。

2016/07/08 (金) 04:01:45 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

リアル選挙フェス応援、本気で羨ましいです。
私も秋葉原の街頭演説をYouTubeで今見たところですが、
実際熱くさせますよねぇ!
あのバイブを生で感じたいって、
多分、最近起こったことで一番熱いバイブが、
選挙フェスにある気がしてならない。

今日あった、サッカーヨーロッパカップ決勝、
ドイツ対フランスよりもずっと熱いですね。

結果、フランスが優勝して、がっかりする
ちょっと変わった私のフランス人の奥さん。
曰く、フランスはサッカーで優勝なんかして、
自分の国を誇りに思うに値しない。だって。

申し訳ない、話が変わってしまいました。

参院選、フランスから、在外投票を
すでに先週済ませました。
もっと盛り上がるといいですね。

2016/07/08 (金) 06:58:10 | URL | akechi #- [ 編集 ]

やっぱ 奥様も素敵ですね!

フランス人の奥様coolですね!先生野口の種買いながら増やして来なかった怠慢が恥ずかしいです。すごい人だったのですね。テキトー農まで反省させられる鍼灸の先生なんて他にありません。いつだって首を洗い 禊ぎをすませてからお伺いしています。ドキドキ(^^;)

2016/07/08 (金) 13:25:55 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

ばっちゃん、本日もご来院頂きまして、ありがとうございました!


ほんとakechiさんの奥様はクールですね。

以前に作家の馳星周さんがイタリアに行った際に、

サッカー嫌いの老人と会話したのを思い出しました(笑)

明日は選挙ということで、こちら光伯堂の選挙フェスも2人で盛り上がりました。

しかし、様々を考えるにつけ、かなりヤバイことは確かです。

それはともかく、ウチの庭では珍しく大豆の芽がスクスクと育っています。

残念ながらF1種のタネを今夏は買ってしまいましたが、

次からは以前に購入したことがある野口のタネで買う予定です。

ささやかな抵抗こそ庶民の力です。

ささやかな抵抗が集まればきっと未来は明るい。

そんな気にさせてくれたあの候補者の当選を心からお祈りする次第です。

おっと日が変わった。

朝一番に選挙フェス本番!

2016/07/10 (日) 00:02:34 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

これからどうなるにしても、
選挙フェスでは政治に興味を持てたかった層を
呼び起こすことには成功しているような気がしてなりませんね。
しかも18歳から選挙権がある中では、彼らが実に面白い役回りになる感じがしてきます。
世界を変えていきたいという想いは、今、全世界の人に共通しているはずですから。


先週のドイツーフランス戦はヨーロッパカップの準決勝だったそうです!実に私がサッカーを知らないことがバレてしまいました。。
決勝が週末に来ないなんて、なんかおかしいと思ってたんですよねぇ。。
今晩が決勝で、フランス対ポルトガルだそうです。

私の妻は、クールというよりは、あまりにサッカーに興味がなく、しかもフランスが勝つと車のクラクションがうるさいから嫌がっているだけのような気がしてなりません。笑

2016/07/10 (日) 15:13:39 | URL | akechi #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR