最強のミトレンジャー

「細胞の成長・分裂が速く、エネルギーの需要が高ければ、電子は速やかに呼吸鎖を流れて酸素に到達する。このような状況では、呼吸鎖から漏れ出るフリーラジカルは比較的少ない。・・だが今度は、細胞が損傷を受け、エネルギーはたっぷりあるのに分裂できなくなったらどうなるかを考えよう。ミトコンドリアは牢屋に閉じこめられた状態になる。細胞分裂が起きないため、ATPの需要はわずかしかなく、細胞にはATPのたくわえが大量に残っている。呼吸鎖を流れる電子の速度は、ATPの消費速度に左右される。ATPの消費が速ければ、それに引きずられて電子はすばやく流れるーまるで掃除機に吸い込まれるような感じだ。しかしATPの需要がないと、呼吸鎖は行き場を失った余分な電子で詰まってしまう。すると酸素も余分な電子もたくさんあるのだから、フリーラジカルの漏れる速度は大幅に上昇する。・・結局、どういうことなのだろう?ミトコンドリアと宿主細胞の利益は、たいていは一致しているということだ」ニック・レーン著 斉藤隆央訳 田中雅嗣解説「ミトコンドリアが進化を決めた」みすず書房




非常に示唆に富む重要なヒントを内包する文章なので前稿に引き続きここに引用した。

この文章をよくよく読み込むと、例えば内部被曝に対抗する方策も見えてくる。

内部被曝とは体内に侵入した放射性同位元素により「細胞が損傷を受け」て、

被曝した細胞内の細胞核DNAが変異することで細胞が

「分裂できなく」なる特徴を有している。

まさにこの現象はミトコンドリアが内部被曝という

「牢屋に閉じこめられた状態」と言えよう。

このような囚われの身となったミトコンドリアは、

冒頭の文章の流れからいけば

「細胞分裂が起きないため・・フリーラジカルの漏れる速度は大幅に上昇する」と

いう結果に帰結すると予想できる。

フリーラジカルとは活性酸素を含む細胞を傷害するストレス分子の総称だ。

この活性酸素を含むフリーラジカルの消去を謳うのが

いわゆる抗酸化サプリに代表されるアンチエイジングの巨大マーケットである。

しかし、抗酸化や還元作用の効能を声高に叫ぶこうしたサプリメントには、

ミトコンドリアから漏れ出すフリーラジカルを消去する効能がまったくない事は、

すでに1990年代初頭には医学の専門家の疫学的調査から判明していたことだ。

それなのに今だにこの抗酸化や酸化還元を錦の御旗にした健康詐欺が後を絶たない。

冒頭の文章を読めばミトコンドリアからのフリーラジカルの漏れ(電子リーク)を

防ぐ方策が、実に簡単にアッサリとわかりやすく提示されていることに気づくだろう。

その方策とは早い話しが、ATPをよく消費することでミトコンドリアを活性化し、

電子の流れを加速し、ミトコンドリアの分裂と細胞分裂を促進することだ。

ここには電子が不足する、などという意味不明な言葉はいっさい出てこない。

電子が不足するのではなく、電子が滞留し、余剰となることで、

フリーラジカルの発生を招くと、はっきりと明言している。

この文章はネットに溢れる健康法論の正否を見極める

踏み絵的なコンテンツとして、非常に有用なツールだ。

ミトコンドリアを味方につけて、ミトコンドリアを活性化するには、

ATPの消費スピードを促進すること。

それはつまりは筋肉を使うことであり、脳を使うことであり、

腸管内臓を使うことを意味する。

いわゆるカウチポテトな食べてすぐに横になる、

ような自堕落なライフスタイルが、もっともミトコンドリアに

とっては良くない生き方なのだ。

食べたら動く。動くことでまたお腹が空く。お腹が空けば

お腹がグーグーと鳴って、胃の蠕動運動に伴って分泌される

胃ホルモンのグレリン濃度が上昇する。

胃ホルモンのグレリンはミトコンドリアの分裂を促進するホルモンだ。

胃ホルモンのグレリンと同じくミトコンドリアの分裂を促進するのが、

鍼灸指圧で分泌が高まる一酸化窒素だ。

ミトコンドリア数を増やすことは、あらゆる意味で健康長寿に貢献する。

ミトコンドリア数を増強できた者こそが最強のミトレンジャーとなる。

スポンサーサイト

2016.07.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハリキュウ戦隊ミトレンジャー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR