腸管の味方

「中国医学で最も基本的な剤形は熱水で抽出する『煎じ薬』である。『煎じ薬』という言葉は日本人がよく使う言葉であり、本来はこれを『湯剤』という。『湯』は中国料理で言うスープを意味し、料理と一体化した剤形である。中国医学の聖典『傷寒論』は伊尹の『湯液経』を基にしたと言われ、また、殷の湯王の宰相であった伊尹(いいん)はもとは庖宰(料理人)であったことも、『湯液』が料理と不可分であったことを暗示している」遠藤次郎、中村輝子、マリア・サキム著「癒す力をさぐる」農文協



いわゆる一般的な昔ながらの漢方薬とは、

生薬を土瓶などに入れてお湯で煎じたその生薬の旨味、成分の

溶け出した熱い飲みものを飲むことを意味します。

このような煮出すタイプの薬剤のスタイルを『湯剤』(とうざい)と言います。

そもそも漢方薬の元祖は殷王朝の料理長だった伊尹(いいん)が

薬草スープを作ったのが、そのオリジナルとされます。

つまりはお料理のレシピのスープこそが、漢方湯剤の始まりだったのです。

そういう意味では、やはり食薬一如(しょくやくいちにょ)、

医食同源なのです。

温かいモノを飲み食べることは、これそのままに

漢方湯剤を飲むことと同じと言えます。

ヒトの腸管内温度は37度に厳密にセッティングされています。

この体内温度37度こそがミトコンドリアが旺盛に活動するうえでの

最適温度であり、

すべてのタンパク分子でできた酵素が酵素反応を行う最適温度であり、

つまりは生命活動をおこなうベストな体内温度なのです。

この腸管内温度の37度を下げてしまうほどの冷たいモノの過剰摂取が、

あらゆる不調の原因となる場合が非常に多いのです。

うっかり腸管免疫を冷たいモノで破壊すると、本来は味方、身内であるはずの

腸内細菌がとめどなく腸管から体内に侵入してきてしまいます。

もしも腸管内の常在性の大腸菌が体内に侵入すれば、これを不顕性感染と称し、

見えざる感染症となって風邪のような高熱を発症するケースもあります。

自分の常連さんのお身内の方が最近、この自分の大腸菌の不顕性感染で、

40度の高熱を発し、入院されたばかりです。

ここ最近の食生活を問診しましたら、

やはりここのところの暑さで、冷たいモノばかり飲み食べていたと言います。

恒温動物の掟は恒温である腸管内の温度を一定にキープすることです。

そう、わたしたちは温血動物でもあります。

温血の温度の源は全身の60兆個の細胞に棲まう

1京8000兆個のミトコンドリアが、生み出します。

ミトコンドリアが熱源なのです。

このミトコンドリアが効率良く熱を生み出すためには

腸管内の温度が37度でなければなりません。

なぜ腸管内を37度以下に冷やしてはいけないのか?

それは腸管内のミトコンドリアの活動を

シャットダウンさせないためであり、

腸管免疫の働きをストップさせないためなのです。

漢方薬とは、生薬の力も大きいのでしょうが、

温熱を腸管へと与えるという

もうひとつの大きな使命があったのです。

温熱ヒートショックプロテインでよみがえった腸管上皮のミトコンドリアは

恩返しに旺盛にATPと熱を生み出すと、身体中がホカホカと温まってきます。

一杯のスープが、一杯のかけそばが、一杯の深蒸し緑茶が、

あなたの腸管の味方です。

スポンサーサイト

2016.06.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 免疫強化

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR