温食一番

ヒートショックプロテインについての圧縮版論説 ←ご参照ください



本記事冒頭に貼り付けたのはトリニティウェブに昨年に掲載されたわたしの記事で、

ヒートショックプロテインにフォーカスしたものです。

今読んでもたいへんによくまとまっており、普遍性のあるコンテンツと

なっておりますので、復習を兼ねて熟読の程、お願い申し上げます。

この記事の前の記事では、ネバネバヒートを特集し、

そこですでに冷たいモノの制限、凍質制限については言及しております。

人類が誕生して約700万年、脊椎動物が誕生して約5億年、

生命が誕生して約38億年、生命が冷蔵庫というシロモノを

使用する事はこれまで一度もありませんでした。

いったいいつから冷蔵庫なる機械を使うようになったのでしょうか?

考えてみれば本当につい最近まで人間は冷蔵庫なしで、

生きてきたのです。わたしたちの祖母や祖父の時代には、

まだ冷蔵庫はそれほど一般化しておりませんでした。

だから井戸水で冷やしたスイカ程度の冷たさ(約15度)が、

その当時の冷たいモノでした。

いま冷蔵庫で冷やすと4度までキンキンに冷たくなります。

冷凍庫から出してすぐのアイスなどがカタマリのまま腸にまで届けば、

0度以下の温度がストレートに腸管の内壁絨毛を直撃します。

アイスのカタマリの溶けていく融解熱に伴って

腸管上皮の温度は急激に奪われて、腸管上皮のミトコンドリアの

機能が一気にシャットダウンします。

腸管内壁にはパイエル板、パネート細胞などと呼ばれる免疫細胞が集積したポイントが

あります。ここがアイスの冷たい直撃で破壊されると、

腸管マクロファージの前線部隊が壊滅し、この部位から腸内細菌をはじめとする

あらゆる異物が侵入してしまいます。

ことほどさように、腸管を冷やすことは恐ろしいのです。

とはいえ、冷蔵庫が普及した時代、冷たいモノの美味しさを知った者に、

まったくそれを止めろ、というのは酷です。

だから冷たいモノを摂取したら、

必ずバックアップで温かいモノをフォローしてあげる。

この温熱おもてなしフォロー精神で、今夏を乗りきりましょう。

ヒートショックプロテインという言葉は、

実は『温・食・一番』と読み替え可能でした!

温かいモノを食べるのが免疫を守るには一番いい、を英訳すると

ヒートショックプロテイン?!

これも言霊の神からの贈り物かもしれません。

中国養生の歴史では、お腹つまり懐(ふところ)を温かい石で温める療法を

温石(おんじゃく)と称しました。この言葉が懐石料理の語源です。

懐石料理もまた「温・食・一番・料理」と言い換えが可能かもしれません。

むかしのひとは本当に偉い!

「お腹だけは冷やしてはいけない」を口癖のように言っていましたからね。

夏でも温かいモノだけを摂取する。

これでもいいんです。自分は基本、これです。

暑いときに飲む自分の常連さんのお茶農家さんの自園自製の深蒸し緑茶を

熱いお湯で淹れて飲むとき、まったくもって五臓六腑に温熱ヒートショックが

しみわたり、得も言われぬ快感に浸ります。

温・飲、温・食、ヒート食があなたの腸管免疫を守ります。

スポンサーサイト

2016.06.27 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 免疫強化

コメント

温石



そういう意味だったのですね。

偶然にも、先週末、「温石」という茶懐石料理の店を発見したばかりでした。(^^)

思い出したのですが、

母が二十歳くらいの時に、(戦前です)

本人曰く「死に掛けた」ことがあったとかで

当時の何人かの医師に見放され、途方に暮れていたらしいのですが、

ある病院で入院させてくれて、お腹に温めた蒟蒻を乗せていたという話。

その後、回復に向かい、とにかく「食べなさい」と栄養たっぷりな食事ばかり。

さすがに、ステーキは食べられず、付添いの人に食べてもらったとか、

笑い話にしていました。

よく言われましたものね、お腹を冷やしてはいけないと。

冬でもおへそが見えたりする若い人をみると、心配になってしまいます。



2016/06/28 (火) 12:31:45 | URL | あるご #yNvNoxY. [ 編集 ]

こんにゃく温法、こんにゃく湿布


あるごさん、お母さんのとってもイイお話を聞かせて頂きまして、ありがとうございます。

以前にもここで少し触れたかもしれませんが、女優の高峰秀子さんが若い頃に撮影の過労で倒れた時に、

運び込まれた病院が、胸の辛子湿布と熱いシャワーと御馳走と休養で、

自然治癒させた、というエピソードが、高峰さん自著のエッセイにあります。

むかしは、こういう自然療法をやる医院が普通にあったんですね。

中医学における温熱療法の歴史は非常に古いです。

もっともヒポクラテス(BC346またはBC370没)の時代には西洋医学も中医学のようなやり方がメインでしょう。

「火で治せぬものは不治である」

このヒポクラテスの言葉を言い換えるなら、

ほとんどのヤマイは火、つまり温熱ヒートショックプロテインで治せる、になりましょうかね。

自然治癒力を引き出す古今東西の医療の王道こそがヒートショックプロテイン誘導です。

ヒートショックプロテインをうまく引き出せれば、ガン細胞内のミトコンドリアを復活させて、

この復活したミトコンドリアによるガン細胞のアポトーシス誘導が実現できます。

それを見事に立証しているのが丹毒症に罹患して高熱を発した後に自然治癒する数センチ以内の固形ガンの報告700例といえましょう。

この広大な60兆個の細胞と1京8000兆個のミトコンドリアと数百兆の常在菌が織りなす人体という地平こそが、

自然治癒の何たるか、医の道の何たるか、を教えてくれるわたしの友であり師であり、天地自然、宇宙です。


2016/06/28 (火) 13:32:13 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR