明日のケンシロウ

乳ガンの最大の原因は放射能被ばくである ←こんな意見もあります


昨日に自分が本ブログに書いた記事「カナリアを救え」と

まったく同様の趣旨で書かれた投稿を阿修羅掲示板で見つけたので、

ここ冒頭に貼り付けておきました。



恐らくは乳ガンだけでなく、すべての疾患や不定愁訴の基礎原因として、

放射性同位元素による内部被曝がある、とみて間違いないでしょう。



しかし、そのことをどれだけ非難し訴えても世界の原子力政策に

大きな転換が起こることは今のところ期待できません。

なぜならこれまで少なからぬ識者が同様の声を上げてくれたのですが、

その声はすべて無視されて原子力政策は推進されてきました。



この冒頭記事の文中にもあるように、

日本国はわずか2000キロ程度の列島です。

その沿岸に54基の原子力発電所が作られているのです。

原子力発電所の罹病圧力は優に直径160キロ範囲に及びます。

つまり54基の原発の罹病インパクトは、

実に8000キロ四方にまで拡がる強度とみなせます。

今頃気づいても遅いのですが、日本列島は54基の罹病インパクトに

さらされた内部被曝列島だったのです。

恒常的な内部被曝にさらされてきた日本国民の累積被曝に最後の一押し、

トドメ、発病発症のトリガーを引くに十分な量のさらなる内部被曝を強いたのが、

3.11であった、と言えそうです。



さてこうした分析はともかく、わたしたちに今できることは、

内部被曝から身を守る養生セルフケアの徹底です。

累積被曝に輪をかけた3.11加算被曝の現実を直視し、

それすらを跳ね返す強靱なクマムシ体質を獲得すること。

そのためのありとあらゆる未病治セルフケアの提言をする。

そうしたアドバイスこそが3.11後のこの国の

医療者に課せられたプライオリティーでした。




生命史38億年がつむぎあげた奇跡の治癒分子ヒートショックプロテイン。

ヒートショックプロテインを誘導できるセルフケアが、

これからのわたしたちの命の手綱です。




実践あるのみ。

青竹踏み、リップス&タン運動、鍼灸指圧、ストレッチ、発酵食品、LPS、・・

バラエティーに富んだヒートショックプロテイン・エクササイズで、

明日のケンシロウを目指しましょう!


スポンサーサイト

2016.06.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 内部被曝

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR