エヴァーグリーン

このところ、仕上がった「耕」最新号の記事を毎日、1回は再読している。

べつに日課にしているとか、そういうことではない。

読み出すと面白いので、読んでいるだけだ。

テマエミソの自画自賛、自分で自分の書いたものを誉めているようで、

恐縮するが、いまのところ、まだ飽きてこない。

自分はこれまで他者のものでは、気に入った文章は何度も読んできた。

間中善雄博士の本の一節しかり。三木成夫博士の本の一節しかり。

いつ読んでも新鮮。

どれだけ読んでもすり切れない。

これだけ読みこんでもまだ得るものがある。

世の中にはそういった汲めども尽きない叡智が凝縮した文章がある。

自分もいつかそんな文章を書いてみたいと常々、考えています。

今回の執筆記事が果たして、そうなったかどうかはまだわかりません。

しかし、現時点では、かなりイイ線まで行った手応えを感じています。

これもひとえに編集を担当してくれた編集長のご指導、ご鞭撻の賜物です。

先日にある常連さんが「うちの2歳の孫が風邪ばっかひいてしょうがないよ」

と仰いました。だから、子供の風邪封じの秘技を伝授しておきました。

子供の風邪封じの秘技は、ひとことで言えば

「冷たいモノを摂取させない」です。

この簡単なことを守ることが、今の時代ではなかなか難しいのです。

もちろん、まったく冷たいモノを止めるということではありません。

真夏の暑い日、身体が焼ける程に火照る時、そんな時に、

かき氷を食べたり、ソフトクリームを食べたり、ジュースを飲んだり、

シャーベットに舌鼓を打つことまで否定しろ、と言うわけではありません。

つまり日常的に、水分を摂取するというその時に、冷たいモノではなく、

温かいモノが宜しい、と言っているのです。

例えば子供はお風呂を出た時などに、喉が渇いたと言ったりします。

うちではそんな時は、お湯か、麦茶のお湯割りか、ウーロン茶のお湯割りを、

飲ませます。お陰様でとりあえず、うちの娘たち二人は、風邪体質ではありません。

こうした日常で実践できる本当に役立つ養生のコツ。

こういう情報こそが、すり切れないエヴァーグリーンなコンテンツと言えます。

そんなエヴァーグリーンなコンテンツに満ちた記事を今後も書いていきたく思います。

養生の達人にして南宋の詩人の陸游さんの晩年のお気に入りレシピは、

お粥(かゆ)だったそうです。

陸游さんも腸管免疫の重要性を体感会得していたようです。

スポンサーサイト

2016.06.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 「耕」寄稿文

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR