糖質礼賛

最近は糖質制限という言葉が流行ったせいで、ご飯やパンやお芋すら、

まるで悪党のように一部の健康法マニアから嫌われる始末だ。


その糖質が嫌われるついでかどうか乳酸もこれまでは害毒分子として

散々な汚名を着せられてきたが、

乳酸はエネルギー源として利用されていることがわかってきた。



人類史そして生命史を俯瞰すれば、生命は手段を選ばずに、

生き抜いてきたことがわかる。

とにかく利用できるものは何でも利用して、

エネルギー源にできるものはすべてエネルギー源にして

生命は生き延びてきた。



糖質を細胞内に取りこむ細胞膜装置がグルコーストランスポーター。

乳酸を細胞内に取りこむ細胞膜装置が乳酸トランスポーター。



どちらも細胞膜に標準装備されている必須のタンパク分子装置だ。

このトランスポーターをはじめ、細胞膜にはレセプターや、

チャネル、ポンプなどと呼ばれるタンパク分子装置が、

多数、埋め込まれている。



これらの細胞膜装置により、細胞内への分子の出入りは

厳密にコントロールされている。

なにを食べようが、なにをやろうが、こうした細胞膜のタンパク分子装置が、

適切に分子の出入りをコントロールする機能を恒常性(ホメオスタシス)という。

あるいは近年ではホメオダイナミクス(動的恒常性)とか動的平衡などともいう。




ヒトの生体内もこのホメオスタシスにより常に一定に保たれている。

こうしたホメオスタシスを維持するために細胞膜に

タンパク分子装置が装備されたのだ。




細胞膜のグルコーストランスポーターがなぜ装備されたのか?

それは細胞内でのエネルギー産生に必須のグルコースを取りこむためだ。

細胞膜の乳酸トランスポーターがなぜ装備されたのか?

それは細胞内でのエネルギー産生に必須の乳酸を取りこむためだ。


要らないものを取りこむためにわざわざ遺伝子が

タンパク分子装置をこしらえることはない。

必須なものを取りこむためにわざわざ遺伝子が

タンパク分子装置をこしらえたのだ。



タンパク分子装置は言わば、遺伝子の意思の現れだ。

この遺伝子の意思を完全に無視しての糖質制限ブーム、

乳酸忌避の思潮に、いったいなんと言えばいいのか、

言葉がない。




ご飯やパンやお芋を食べると、これらに含まれるグルコースが、

消化吸収されて細胞膜のグルコーストランスポーターにより、

細胞内に取りこまれると、細胞内のエネルギー産生が始まって、

その過程で乳酸が生じる。

この乳酸もまた細胞膜の乳酸トランスポーターで、

細胞外へ送りだされたり、取りこまれたりして、

細胞内のエネルギー産生に寄与する。


ご飯やパンやお芋が美味しいと感じるように、

細胞膜のトランスポーターもまた、

グルコースや乳酸を美味しく感じているのかもしれない。



細胞の意思、遺伝子の意思を

無視することはわたしにはできない。




わたしはご飯やパンやお芋が大好きだ。

この細胞の意思や遺伝子の意思と合致した

「糖質礼賛」「乳酸礼賛」の感覚を、

これからも大事にして、養生に励みたい。

スポンサーサイト

2016.05.23 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 細胞宇宙

コメント

糖質制限の逆効果について


→ http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38359

糖質制限→糖質失調→栄養失調→体調不良

糖質制限→糖質低下→低血糖→体調不良

糖質制限→体調不良

人間は低血糖になると、エネルギーが枯渇して倒れる。

糖質(グルコース)は、細胞のエネルギー産生のスタート分子。

まずグルコースで種火を起こして、細胞エンジンがアイドリングをはじめる。

インジェクション(発火装置)のグルコースが外部から補給されないと、

筋グリコーゲンを使い始める。

筋グリコーゲンはケンシロウ革ジャン破りの瞬発力のために備蓄された糖質。

これを切り崩して使っていけば、いざという時の備蓄グリコーゲンが底をつく。

すべて使い切れば、瞬発力がストップする。

こうした過程を踏んで、糖質制限による体調不良が続出したと、この記事から分析できます。

一世を風靡する、した健康法など、あとからみれば、トンデモナイものばかり。

新しい健康法が流行りだしても、絶対にスグには飛びつかない。

これもまた自分の健康を守る知恵です。

2016/05/23 (月) 08:41:24 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR