乳酸は宝

普段使わない筋肉を使ったり、短距離を全力で走ると、

翌日にそれらの運動で使った筋肉に筋肉痛を発することがよくある。

この筋肉痛は、通説では乳酸の蓄積が原因である、

とマンネリに信じられてきた。




しかし、筋肉中に産生される乳酸は、どのような運動においても、

運動後30分 〜1時間で正常値の安静レベルに戻る←ことが、

厳密な実験により立証されている。




エッ? それじゃあ、

筋肉痛の原因は乳酸の蓄積による、はデマ?



はい、単なる迷信、妄想、思いこみ、

ウソ八百のデマ、

であることがわかりました。




筋肉痛の原因は筋繊維の損傷、つまりタンパク質の変異、

変性タンパク質により引き起こされている、

と見るのが自然です。




いわゆる肩凝りに代表される「凝り」という現象がございます。

この凝りの原因物質は何なのか?という問いが取りざたされる場合、

これまでは必ず、凝りの原因は乳酸の蓄積である、

と説明され、信じられてきました。



しかし、筋肉痛の原因が乳酸の蓄積でないのと同じく、

凝りの原因も乳酸の蓄積でない、ことはすでに

賢明な読者の皆様にはおわかり頂けることでしょう。

凝りと乳酸は何の関係もありません。



筋肉が硬い=凝り=乳酸の蓄積、というイメージは

まったく正確性を欠いた単なるイメージ、

脳内で作り上げた妄想、ウソの概念に過ぎないのです。



ヒトの体内各部で産生され代謝される一日あたりの乳酸量は

皮膚では35グラム、赤血球では35グラム、脳では30グラム、

筋肉では19グラム、大腸では10グラムとなっています。

もしも乳酸の蓄積が凝りや痛みや各種疾病に関係しているのなら、

一番懲りやすい部位は皮膚と赤血球、

二番目に懲りやすい部位は脳、

三番目に懲りやすい部位が筋肉、

四番目に懲りやすい部位が大腸ということになります。



皮膚が凝る、という感覚を持つ方がどのくらいいるのか知りませんが、

果たして皮膚って凝るのでしょうか?

赤血球が凝る?これは自覚できる方はほとんどいないでしょう。

脳が凝る?う〜ん、最近、ある女優の名前が思い浮かばないで、

ほら、アレ、アレ、あの女優、誰だっけ?

ってよく言うから、これって脳が凝ってきた証拠だわな(笑)

筋肉の凝り、これならよくわかる。

でも、筋肉中の乳酸は常にホメオスタシスにより、

安静時の正常レベルに維持されており、

筋肉中に乳酸の蓄積など起こらないのだから、

筋肉の凝りが乳酸の蓄積による、とは断定できない。

大腸の乳酸レベルは、大腸内にいる常在性の乳酸菌が

産生する乳酸によるから、大腸の乳酸は凝りとは

いっさい関係ない。




ということで、結局のところ、

凝りと乳酸の因果関係を証明する方法はない、から

凝りと乳酸はいっさい関係ないか、ほとんど関係ない、

とこういうことになります。





筋肉痛と乳酸は関係ない。

凝りと乳酸は関係ない。




乳酸は常にミトコンドリアの栄養源となって、

細胞に活力を与えてくれるかけがえのない

貴重な分子です。




わたしたちはこれまで乳酸という分子を、

筋肉痛の原因物質であり、凝りの原因物質であり、

疲労物質であり、細胞の老廃物であると断定し、

体内に生じるゴミカスのように蔑(さげす)み、

差別し、侮蔑し、罵詈雑言のあらん限りを

浴びせてきました。

体内に産生する細胞の代謝産物という貴重な分子を

なぜこれほどまでに忌み嫌い、けなし、いじめてきたのでしょうか?




通説は心の写し鏡。

乳酸憎けりゃあ、いや、

坊主憎けりゃあ、袈裟まで憎い。

こんな箴言が頭に浮かびます。





乳酸はこれまでイメージされていたようなゴミカスでは断じてありません。

乳酸は乳酸トランスポーターを利用して、身体中で使い回しできる

貴重なミトコンドリアのエネルギー源です。

もしかしたら赤血球や脳内や大腸内の乳酸も、

乳酸トランスポーターにより、体内各部のミトコンドリアに運ばれて、

自在に利用されているかもしれません。




トランスポータータンパク質をはじめ、体内のすべての構造タンパク質、

機能タンパク質を正常に作動させるシャペロン(介添え)分子は、

ヒートショックプロテインです。

ヒートショックプロテインをよく分泌できれば、

乳酸トランスポータータンパク質もよく増産できるのでは、

などと、只今、乳酸トランスポーターに焦点を絞って養生法を思案中です。




乳酸の汚名を返上し、

乳酸を貴重な分子として称賛される立ち場へ

押し上げる。

乳酸の汚名を晴らすリベンジ役が、

どうもわたしに回ってきたようです(笑)




リベンジ1000倍返し。

乳酸は宝です!

スポンサーサイト

2016.05.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 細胞宇宙

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR