Trailer

すべてのガン細胞に発現する現象ではない( ※ 末尾・備考参照)←が、

ガン細胞内のミトコンドリアは形がイビツになり機能が停滞し、

ガン細胞内のミトコンドリアにおけるATP産生がストップしてしまうので、

ガン細胞内の細胞質でミトコンドリア系とは違う仕組みのATP産生機構の

解糖系が亢進する。

これを発見者の名をとってワールブルグ効果と呼ぶ。




このワールブルグ効果が発現しているガン細胞について、

私は早くから自分なりの解読、解釈を公開してきた。

ひとことで言えば、ガン細胞はミトコンドリアの機能失調を

バックアップする目的で解糖系を亢進するのであり、

それゆえに見方を変えれば

ガン細胞もまた敵ではなく味方であり仲間である

という視点である。




ワールブルグ効果は解糖系の亢進に着目しているが、

これは言ってみれば乳酸生成の促進と見ることもできる。

この解糖系での乳酸生成には糖が必要となる。

糖を酵素反応で分解することで乳酸が生成される。

ガン細胞は実は解糖系の亢進とともに、

オートファジーという細胞質浄化機構も亢進しているという。

オートファジーとは細胞内の分子を分解するひとつの機序だ。

オートファジーにより変性タンパク質はアミノ酸に、

脂肪は脂肪酸に、多糖は単糖に、と

大きな分子が小さな分子へと単量化される。

このオートファジーの起動により、恐らくはガン細胞は、

外部からの補給なしに糖質を確保しているとみなせる。

ガン細胞はオートファジーを亢進して糖新生をし、

オートファジーで作られた糖を使って解糖系を亢進して、

乳酸生成を促進する。

では、なぜガン細胞はこれほどまでに乳酸生成にこだわるのか?

それはひとえにミトコンドリアへと乳酸を届けることで、

ミトコンドリアの機能を回復し、

ミトコンドリアを活性化し正常化するためだった!

乳酸は癌の原因分子にあらず。

乳酸はガン細胞がミトコンドリアを活性化するために生み出した

ミトコンドリア増強剤だった!




乳酸がもとで炎症誘導が起こっているのなら、それは当然の生理だろう。

ガン細胞は乳酸を使って炎症発熱を誘発することで免疫細胞にハッパをかけて、

免疫力を活性化しているのだ。

その結果、もしかしたらガン細胞が

マクロファージやキラーT細胞やNK細胞のキラー系免疫細胞で

アポトーシス誘導できるかもしれない。

ガン細胞はミトコンドリアを乳酸でバックアップしつつ、

乳酸で炎症を誘導することで、免疫力を活性化し免疫細胞をバックアップし、

速やかにガン細胞をアポトーシスする手はずを整えているのだ。




炎症誘導の主導は免疫細胞のホルモンであるサイトカインにより起こるが、

サイトカインが炎症誘導をするからといって、

サイトカインやサイトカインを分泌する免疫細胞がワルモノではない、

のは理の当然、当たり前だ。

もしもサイトカインや免疫細胞がワルモノならこれを駆逐すれば良い。

その結果、どうなるのか?

免疫細胞を失った身体はアッサリと免疫力を失い、

常在菌や常在ウイルスに侵蝕されて、

絶命の憂き目に遭うだろう。






ワールブルグ効果を発現しているガン細胞を読み解くと、

以上のような情報が手に入る。



ワールブルグ効果を発現しているガン細胞から読み解ける

生命現象のひとつの真理とは、ひとことで言えば、

『すべてはミトコンドリアのために、すべては健やかな命のために』

ということになるかもしれない。




そして解糖系は言い換えれば乳酸生成系と言える。

つまり解糖系は乳酸を生成することでミトコンドリア活性化に寄与する仕組みだ。

もっと言えば解糖系とはミトコンドリアのために作られたシステムだ。

ミトコンドリアを起動するための仕組み、それが解糖系、

いや乳酸生成系なのだ。

糖質は要らないだって?

わけがわかんねぇな。

乳酸を生成するためになくてはならない原料が糖質だ。





こうしたことを踏まえれば、

ガンの未病治、健康を維持する秘訣も、

ひとつのことに絞られてくる。

ミトコンドリアに常に元気でいてもらう。

ミトコンドリアの数を確保しておく。

ミトコンドリアを増強しておく。

これさえできれば、かなりの高確率で健康が確保できるかもしれない。




ミトコンドリアを増強するホルモンは、

一酸化窒素とグレリン。

ミトコンドリアを増強する分子は

乳酸 ←!!!




ワールブルグ効果を発現しているガン細胞内のミトコンドリアを復活させて、

ガン細胞をアポトーシス誘導する分子はヒートショックプロテイン!




一酸化窒素は皮膚や血管壁を押すことでその場で合成分泌されます。

グレリンは空腹時の胃の蠕動運動に伴い合成分泌されます。

乳酸はハードな強度負荷のかかる筋運動により、筋細胞内に合成されます。

ヒートショックプロテインは押すことでも分泌されますし、

筋運動でも分泌されますし、鍼灸指圧なら最もよく分泌できます。




一酸化窒素とグレリンと乳酸とヒートショックプロテイン。

この4つの分子を活用することで、

わたしたちはミトコンドリアを増強できるのです!





一酸化窒素を分泌するには、青竹踏み、ストレッチ、エクササイズ、鍼灸指圧・・

グレリンを分泌するには、腹を空かす、足の三里や背中を押す、歩く、・・

乳酸を分泌するには、筋肉をよく動かす、糖質を摂取する・・

ヒートショックプロテインには温熱、鍼灸指圧、青竹踏み、・・・

はっきりいって、ゼニなど一銭もかけずにミトコンドリアは増強できるのです。




ターゲットは『ミトコンドリアを増強する』

この一点にターゲットを絞った時、

最速最強の養生法が見えてきます。





ワールブルグ効果に心酔し、

ワールブルグ効果に踊らされ、

ワールブルグ効果に反省し、

ワールブルグ効果を見直すことで、

ついにターゲットを捉えたか?





Trailer(追跡者)ハリィーは、

ワールブルグ効果という trail(てがかり)を頼りに、

ようやくここまで到達しました。






(※ 末尾・備考)

ワールブルグ効果とは「ガン細胞内のミトコンドリアの呼吸酵素活性が

低下したことに起因して解糖系が亢進している」とする説。

しかしワールブルグがこの説を発表した80年ほど前から後に、

すべてのガン細胞においてワールブルグ効果が起こっているわけでないことが判明し、

またガン細胞であっても十分な酸素を供給すると、

ミトコンドリアの呼吸酵素活性が正常に機能することがわかってきた。

よって一部の論調を除き、ワールブルグ効果に着目するトレンドは終焉している。

わたしハリィーは個人的にガン細胞内のミトコンドリアの機能失調は、

そのミトコンドリアの形状の変異と関係性が高いとみている。

ミトコンドリアの形状の変異とはその構造を司るタンパク質の変異だ。

つまり変性タンパク質こそがミトコンドリアの機能失調の原因と

見なすのが私の視点だ。

よって、こうした視点でワールブルグ効果を再度見直しているのが私の立場である。

ワールブルグ効果の発現がミトコンドリアの呼吸酵素活性の低下に原因しない

とするのなら、べつな要因でワールブルグ効果が起こっていると推測し、

そのべつな要因を探るのが Trailer の使命である。

ガン細胞が発生する最大の要因とは何か?

今後も追跡者の探求は続く。


スポンサーサイト

2016.05.16 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

補講メモ



問い① 短距離走を全力で走った後に乳酸が多く産生されるのはなぜか?

答えA 乳酸が疲労分子だから→誤

答えB 乳酸が疲労除去分子でありミトコンドリア増強剤だから→正






問い②ワールブルグ効果を発現しているガン細胞に乳酸が多く産生されるのはなぜか?

答えA 乳酸がガンの原因分子だから→誤

答えB 乳酸がガン細胞内のミトコンドリアを復活させてミトコンドリアを増強するから→正?



ある現象が起こっている時に、そこにこれまでになかった分子の発生、現象が起こった時に、

これを原因とみるか、

結果とみるか、

バックアップのフィードバックの補正のための起因因子とみるか、

でまったく解決策が違ってくる。

2016/05/16 (月) 09:42:00 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

いまさん

ありがとう今さん。

2016/05/16 (月) 23:56:36 | URL | 中尾勇人 #- [ 編集 ]

なかさん

いえいえ、どういたしまして、中さん

2016/05/17 (火) 05:50:10 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

乳酸の秘密


臨床上におけるガンの方たちは、平素から非常に強靱な体力を有している。

普通人以上に健康で風邪ひとつ引かない。

その理由こそが乳酸の活用だったのだろう!

乳酸がなぜガン細胞に特異的に産生されるのか?

乳酸は通常はミトコンドリアに利用されることでエネルギー産生に寄与する。

ミトコンドリアが何らかの理由(トランスポータータンパク質や、膜透過に関わるヒートショックプロテインの変異など)で乳酸を取り込めなくなった時に、

その細胞は乳酸を作ることをやめることなく、むしろ大量に乳酸を作ることで、その乳酸を他の細胞のミトコンドリアへと送り届けようとしていた?

あるいは来るべき変異タンパク質が修正される日のために、大量の乳酸を備蓄しようとしているのか?

実は体内が酸性環境になると疲れにくくなる、という報告もあがってきている。

まだまだ乳酸の秘密は解き明かされていない。

今後の思索の積み重ねが、新たな生命観を生みだしていくだろう。

ガン細胞は乳酸生成に特化した超エネルギー産生細胞かもしれない。

ガン細胞を抹殺せんとする治療法が、結果として患者の体力を極端に減退させるのも、

乳酸エネルギー供給のストップと見れば、あながち的外れでもなさそうだ。

チマタの通説を信じることなく、ただひたすらに細胞生理を素直に捉える。

その先にきっと、命の真理が見えてくるはずだ。

2016/05/17 (火) 20:17:50 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR