プラシーボ越え

長かった今年のゴールデンウィークも昨日で終わりました。

例年と同じく当院は休日を取ることもなく、すべて通常通りの営業でした。

お陰様で多くのクライアント様がご来院し、ご交流することができました。

このゴールデンウィーク中にご来院くださったクライアント様には、

改めて感謝申し上げる次第です。

ありがとうございました。




わたくしごとのネタが続いて恐縮ですが、

ゴールデンウィーク中の5月5日「子供の日」に、

トリニティ・ウェブにアップされた

「サルでもわかるハリィー先生とトリ子さんのアヴァンギャルドな東洋医学講座」の

第11話 〜ミトコンドリアの愛に包まれて〜

がお陰様でアップ数日で、これまでにない高ポイントを獲得し、

トリニティサイトのトップページの下欄「トリニティ・セレクト」の

トップ8選についにランクインできました。

これもひとえに本ブログの読者様のご支援ならびに、

当院へ足を運んで下さったクライアント様のお蔭と感謝申し上げる次第です。

ありがとうございます。




この忙しいゴールデンウィーク中に、ふと降臨した言葉が、

「プラシーボを越える」という言葉です。

プラシーボとは「偽薬(ぎやく)効果」などと訳されますが、

うどん粉をノイローゼの特効薬と信じ込ませて

ノイローゼ患者に飲ませると2週間はノイローゼの症状が軽減される、

という、このような2週間限定のウソのニセ薬の効果を指して

「プラシーボ効果」と言います。



このプラシーボ効果を巧みに利用することで成り立つ産業こそが、

いわゆるサプリ、グッズ、マシンなどの物販をメインにした健康産業です。

はっきりいって、これらの健康産業の供するモノには、

プラシーボ効果以上の効果はありません。

そして、そのプラシーボ効果を増大するために、

過大な広告に大枚が投資されているのです。

2週間お試しセット。

まったくプラシーボ効果を知り尽くしたビジネスモデルです。



早い話しが物販をメインにした健康産業は、ひとことで言えばプラシーボ詐欺です。

しかし、プラシーボ詐欺産業は今や巨大なマーケットを形成しております。

このようなトンデモな健康詐欺の世界に絡め取られた者を、

いかにして脱洗脳して正常に覚醒させるか?

そのあたりへのフォーカスも今後のハリィーの論説の見所となりましょう。



このようにプラシーボ効果はたしかに悪しき側面があるのですが、

詐欺に利用するのでなく純粋に医療に応用すれば、

治病効果を増大させる良きスパイスになります。

効くわけねぇじゃん!

と思っている者に、何らかの術を施すのはそれなりにヤッカイです。

効くはず、と素直に信じている者との治療セッションの方が、

よほど治療の場の空気もプラシーボに清々しいものです。

でも、効くわけねぇじゃん!の猜疑心タップリの

そんなヒネクレ者を、アッと言わせるのも、

治療の醍醐味です。



効くわけねぇじゃん!の「逆プラシーボ効果」が

完璧にしみ込んだアンチ東洋医学の識者たちを、

いかにしてプラシーボ満点の東洋医学ファンにするか?

それこそがもしかしたら、わたしの論説の究極の目標地点なのかもしれません。



プラシーボ信者にも、「逆プラシーボ」信者にも、

まったく同様に作用する機序、メカニズムを説くことこそが、

わたくしハリィーの論説の真骨頂です。



この論説のキモはヒトの生理を正確に描き出す、という一点に尽きます。




そんな視点が今回の「ミトコンドリアの愛に包まれて」では

評価されたのだろうと、自己分析する次第です。




今後も続々と「サルでもわかるミトコンドリア編」が

リリースされます。

「プラシーボ越え」の論説の冴えを楽しんで頂きますれば

幸いに存じます。

スポンサーサイト

2016.05.09 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

>プラシーボ信者にも、「逆プラシーボ」信者にも、
まったく同様に作用する機序、メカニズムを説くことこそが、
わたくしハリィーの論説の真骨頂です。
この論説のキモはヒトの生理を正確に描き出す、という一点に尽きます。

まさに!!!です。
私も基本的には、こういう姿勢で、健康の維持と病気からの回復・治癒の研究というか、情報集めをしているような気がします。

医療関係者でもなんでもないですが、多岐に渡る情報収集で、そのへんの医療関係者よりも幅広い知識があるかも(笑)

やはり、科学的根拠の積み重ねがあるとないとでは、違いますよね。。。

ネット情報中心ですから、時々早とちりとかしてますが・・・。
玉石混合のネット情報の中から本質を突く研究結果を見つけるとビビビッてくるんですよねぇ~。

2016/05/09 (月) 06:19:12 | URL | ひろみ #ngtcWdFE [ 編集 ]

仮説はフィクション、エビデンスはノンフィクション


ひろみさんが教えてくれたカナダの大学で行った

マッサージで筋細胞中のミトコンドリアが増える、の実験エビデンスは

まさにネットで拾ったノンフィクションのピカイチの情報でした。

自分は基本的にネットよりも、書籍を情報収集のメインにしていますから、

こうしたネットからの情報提供は本当にありがたかったです。

ただ、ネットは玉石混淆ですから、真贋リテラシーが受容する側に求められます。

騙されない秘訣は、とにかく徹底的に疑ってかかることでしょうね。

論理にアラや隙がないか?ヘンな物販に利益誘導していないか?言葉遣いが紳士的かどうか?

幾つかのポイントをクリアして、さらに徹底的に疑う。

そうしていけば容易にヘンな情報を鵜呑みにはしなくなります。

そしてさらに真贋リテラシーのレベルは上がっていくはずです。

一度、騙されると、次ぎからは騙しの手口が見破れるようになりますし。

テラヘルツ領域なんか、その好例でしょうね。

こうすれば治る詐欺は、こうしても治らない部分には、いっさい触れません。

治った以外の膨大な治らない実例を無視して、治った祭りをやってるんですから処置なし、とはこのことです。

ガンに対しても決して単独のナニガシカが効を奏するということはありません。

すべて多様なファクターとパラメーターが絡んだ病態ですから、治していくにも多様なアプローチで取り組むのが定石です。

多様なアプローチのどれがヒットするか、は未知ですが、そもそも命が未知な存在なのですから、

そういうものと割り切って対処していくしかありません。

正確なヒトの生理を描き出すことは、わたしたち医療者のおもてなし、としては真っ先に成すべきサービスです。

これからもこの、おもてなしのサービスに徹して情報提供に努めます。



2016/05/09 (月) 08:22:12 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR