マクロファージ・プライミング新時代

健康という概念を今風に定義すれば、

「健康とは免疫力があること」

と定義できます。



しかし、この「免疫力がある」という

言葉がいったい何を意味するのか?

これが問題なわけです。




難しく考える必要はありません。

わたしに言わせれば、たったひとこと、

「免疫力があるとは、マクロファージがプライミング状態にあること」

と、こうなります。




しかし、しかし、さらにここで、また新たな問題が浮上します。

ではその「マクロファージがプライミング状態にあること」

とは何を意味するのか?




プライミング( priming )とは「活性化した状態」という意味です。

つまりマクロファージの細胞膜がまるで

サクラが満開になっているような

そんな状態です。



このマクロファージの細胞膜のサクラ祭りの時に、

もしもウイルスやバクテリアやガン細胞や古くなった不要細胞や、

血栓のもとになる悪玉コレステロールや糖化最終産物や、

凝りの原因や認知症の原因になる変性タンパク質が、

発見されると、プライミング・マクロファージは、

これらを猛烈な勢いで貪食処理して、

消化し、消去してしまいます。

プライミングされたマクロファージを確保すること。

これこそが免疫力を維持するキモなのです。




マクロファージのプライミング力を維持し、

高めることが出来れば、

ヒトは健康です。



さて、ではいったいどうやったらマクロファージを

プライミング状態に持っていけるのか?



ここが一番大事なところです。

マクロファージをプライミングできる分子は幾つか見つかっています。

まずは、これは今まで何度もわたくしが強調してきた、

ネバネバヒートに集約されています。


ようは、ネバネバ多糖体を含む食品群は、

すべてマクロファージをプライミングできます。

そしてネバネバヒートのヒートの部分の、

ヒートショックプロテインもマクロファージをプライミングします。

ネバネバヒートという私が独創で発案した造語は、

このようにマクロファージをプライミングできる、という意味を

兼ねた掛詞(かけことば)だったのです。





さあ、いよいよ、新しい局面です。

ここに耳慣れない言葉が登場します。

糖脂質(とうししつ)。

リポポリサッカライド。

略してLPS。

この耳慣れない言葉がここで意味するのは、

実はバクテリアの細胞壁の分子成分をいいます。

早い話しが、ネバネバヒートのニューフェイスと

いった感じです。



このLPSという分子成分。

この分子成分がもつマクロファージをプライミングする潜在力が、

実は圧倒的にケタ違いに凄いという、

ここが本記事のキモ中のキモなんです。




どれほど凄いのかというと、

これまでマクロファージをプライミングできる分子として、

有名だった酵母菌やキノコのネバネバのβグルカンや、

乳酸菌の細胞壁成分のネバネバのペプチドグリカンの、

およそ 1000倍から1万倍  もの、

プライミング力をLPSはもっているのです!




それで一番気になるのが、

では、いったいどんな食材にLPSは多く含有されているのか?

ここが奥様方が、一番知りたいところですよね(笑)



なんでも、ごくごく普通のありふれた食材である

ソバ、トマト、レンコン、ホウレン草、カボチャ、自然薯、

ワカメ、メカブ、昆布、ひじき、ナメコ、シイタケ、

ゴマ、緑茶などにLPSは含有されています。



ようはLPSは乳酸菌と同じ植物共生菌の分子なので、

乳酸菌がいるお米や小麦にも、

もちろんLPSは含まれます。




この乳酸菌と同じ植物共生菌のうちの

パントエア・アグロメランスと呼ばれる

パントエア菌の細胞壁に多くある成分が、

糖脂質、リポポリサッカライド、LPS

だったのです。




LPSの解説本によれば、

乳酸菌とパントエア菌の両方のネバネバである

ペプチドグリカンとLPS を同時にいっぺんに

摂取できて、

マクロファージを超絶技巧にプライミングできる

一品が、ライ麦発酵パンとの記載も見られます。





ということで、

ネバネバヒートのニューフェイス

LPSの登場で、

いよいよマクロファージ・プライミング革命の

新時代がスタートです!

スポンサーサイト

2016.04.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 免疫強化

コメント

おはようございます!

パントエア・アグロメランス・・LPSがいよいよ表舞台に登場して来ましたね!(拍手)
又アクセスが増えるかもしれませんね!(笑)
難しい内容ですがとてもわかりやすく感謝です!

さて(笑)主人と私は祭りの後の好転反応に浸っておりまして(苦笑)マクロファージの活躍に期待しております!
働き過ぎの主人と怠け者の私!日頃の鍛錬が顕著に出て主人は回復も早いです!私は...が...頑張りますです!(笑)

それと...アラレちゃんは「バイチャ!」だったかと...(笑)

2016/04/05 (火) 07:47:20 | URL | ライオンの子の嫁 #zpbGWri6 [ 編集 ]

おはこんばんちは!


そうか、バイチャ、だったっけ。

あと、リーバイス901じゃなくて501。

911と501がドッキング(笑)

俺も洗脳が解けたというよりも、軽く呆けたクチだわさ(笑)

好転反応の揉み返し、が出ても普通は3日間ほどで、

解消されていきます。

パントエア菌ネタをようやく記事にできました。

今、土壌菌の世界の話を読んでます。

これも、かなり面白い。

いずれ、よく咀嚼して記事にします。

バクテリアの世界は難しい、とSさんが仰っていた通りで、

これまで俯瞰的、包括的な視点でのバクテリア論は、

書籍においても少なかったようです。

たまたま寄った書店で、たいへんにいい本に巡り会いました。

自分の役目はこういう本の濃い内容のコンテンツのキモを、

いかにわかりやすいカタチでブログ読者に提供するか、です。

フフフ、どうぞ楽しみにしていてください。

2016/04/06 (水) 01:56:45 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR