ここに1冊の本がございます。

その本のタイトルは

「ミトコンドリアが進化を決めた」

著者は医学系の科学者のニック・レーン氏。



恐らくはミトコンドリアに注目する一般ピープル必読の書としては、

かなり有名な本と見受けられます。

自分もこの本にはもちろん、以前から注目しておりました。




しかし、まだ自分のなかにミトコンドリアに関するデータが不足している段階で

この本を読んでしまうと、この著者の思想が自分の脳内に

インストールされてしまうと思い、これまではスルーしてきました。




ミトコンドリアに関しては関連本をそれなりに読破しました。

ようやく自分なりのミトコンドリア観のアウトラインが描けるところまで来た

と感じる今、ようやくこの名著を読み始めております。

やはり、かなり、イイですね!




でも、グレリンや一酸化窒素がミトコンドリアを強化できるという情報は

まだ、この本には書かれていなかったようです。



ニック式のミトコンドリア強化法のキモは、

ミトコンドリアの数を増やすために

「さあ、ミトコンドリアよ、分裂せよ!」

とミトコンドリアの増殖を促すエクササイズを実践すること。

健康長寿の鍵を握っているのは、

どうもミトコンドリアの数と言えるようです。




グレリンや一酸化窒素はミトコンドリアの数を増し、

ミトコンドリアをパワーアップします。

グレリンは空腹時の胃の蠕動運動により胃から分泌されます。

一酸化窒素は指圧や鍼などで皮膚や筋肉を押すと皮膚と血管壁から分泌されます。

また運動によっても一酸化窒素はよく分泌されます。

ニック式のミトコンドリア強化のキモはこの一酸化窒素を誘導するエクササイズ、

運動と見なせます。




この本を読んで大いに共感できる部分がございました。

いわゆるチマタに流布する健康法を一刀両断している箇所です。

いわゆるミトコンドリアからフリーラジカルが漏出することで、

細胞が酸化されて、そのことが病気や老化の原因になるから、

フリーラジカルによる細胞の酸化を抑制するために、

抗酸化物質の摂取や抗酸化的効果を謳う機器やグッズやサプリを使用することで、

ミトコンドリアに起因する酸化現象が防げる、

とするこの一般ピープルを魅了するわかりやすい線形的な論理が、

実際のミトコンドリア生理には、当てはまらないと

ニックはアッサリと否定しているのです。



つまりミトコンドリアは自治的にこうした自分たちのフリーラジカルの漏出を

探知し、検出するサーモスタットを保有しており、

もしもフリーラジカルが漏出する不良品のミトコンドリアが出現すると、

そのミトコンドリアをミトファジーのシュレッダーで分解してしまうか、

あまりにミトコンドリアの損傷の度合いが激しい場合は、

アポトーシスを発動して、細胞まるごとを消去する

バックアップシステムを有しているというのです。



こうした幾重にも厳重なバックアップシステムを駆使しながら、

ミトコンドリアは細胞内の恒常性を維持しているのです。



ようはミトコンドリアや細胞は自治的な独立国。

外部からあれこれとタッチできない不可侵の領域なのです。




ミトコンドリアを増強するために、

なにかを買う必要などいっさい要りません。

青竹踏み、頭皮モミモミ、

全身指圧、自己流の筋トレ運動で

一酸化窒素フェスティバル!



お腹が減ってお腹がグレリン分泌のサインで

グーグー言うのを楽しむ。

そうしてお腹が減ってから、やおら食にありつく。

そうすれば飯も旨いし、ミトコンドリアもグレリンで強化できる。



いつも宝は足もとに転がっています。

スポンサーサイト

2016.03.31 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

 

勇気と希望が湧くね。先生、いつもありがとうございます。
特別なことは必要ないんですね。
腹八分にしてしっかり働き、よーく噛んで食事をし、ゆっくりお風呂に浸かりぐっすり眠る。
で、また朝日を浴びて一日を始める。この繰り返しで人は健康でいられるんだね。
疲れたら休み、肩凝ったら家族でモミモミ仕合ながら月に一度は治療院で鍼灸指圧。
ホント、宝や幸せって足元に転がってる(笑)

2016/03/31 (木) 09:39:35 | URL | かおちゃん #tJwXaRLI [ 編集 ]

特別な事=換金詐欺


かおちゃん、

だいたい健康法なんて、

ほとんどがわけのわからない利益誘導の詐欺商法ばっかりだからね。

抗酸化の市場は今や巨大マーケットでしょ?

でも、まったくエビデンスが皆無のお粗末な世界。

そもそも、そんなに簡単に細胞内環境が外部の影響で左右されたら、

生体の恒常性など維持できないわけです。

そもそも細胞はそれ自体で自律的に自立しているし。

一流の科学者は、チマタの健康詐欺など簡単に見破る。

自分も口酸っぱく、これまでそうした詐欺に引っかからないように釘を刺し続けてきたけど、

果たして、真意が通じたかどうか?

自分が推薦する健康法は、すべて0円健康法のたぐい。

だから安心して実践してください(笑)

2016/03/31 (木) 19:55:14 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR