自分の言葉

ここのところ三寒四温とでも言うのか、

極端に温かい日があったかと思うと、

またいきなり真冬に逆戻り、

とそんなあわただしい日々が続いています。


いよいよ春ですね。



さて、本年からスタートしたトリニティウェブ誌の連載シリーズ

「サルでもわかるハリィー先生のアヴァンギャルドな東洋医学講座」

がいま現在、第七話までアップされて、入稿原稿のストックが底をつきました。

これから、第八話から、また新たに書き起こしていきます。

頭の中ではすでにトリ子さんと、かなり話し込んでいるんですが、

まだ書く気が起きません。



自分としては、これまで東洋医学になど何も注目していなかった方々に、

こんなコンテンツがあったのか!

こんな鍼灸師がいるのか!

という衝撃を与えたいと思いながら書いているのですが、

どうも、いまのところ不発のようです。



なにしろ鍼灸指圧などここ130年間は、

そこいらの代替医療のひとつ、

ぐらいにしか、思われておりませんから、

無理もないのですが。


こんなことをいうと、

愚痴や文句のようにとられるかもしれませんが、

あくまで客観的な事実として、

しっかりと状況は認識しておいたほうが、

戦略は立てやすいです。



東洋医学に関して一般の方の認識度はほとんど 0 、

いや、偏見の圧でゆがんでしまった部分をマイナス 100 としたら、

マイナス100の認識度しかない者たち99.9%が振り返るような

コンテンツを提供しなければ注目はされません。



サルでもわかる、と銘打っておきながら、

少しレベルが高すぎたのかもしれません。



もっとも書いている方にしてみれば、

この程度が書けて当たり前。

ただし、言ってはなんだけど、

この程度のレベルでも、

そんなにどこでも読めるモノではないと思います。



世の中に流布している論説は、

そのほとんどがカタログ販売の冊子のように、

インデックスの満艦飾がほとんど。

そしてそのほとんどはどこかの文献やデータの引用、

あるいはどこかのエライ先生の言葉をひいた焼き直し。

そうとう実力がある論客でも、

こういうのが多い。



つまり自分の言葉で語っているようで、

誰かの権威におんぶにだっこした、

虎の威を借る狐コンテンツがほとんど。


最近、こういう虎狐コンテンツの薄さ、アラが妙に気になります。


でも、ほんとにたま〜にだけど、

自分の言葉だけで語れる凄腕がおります。

こういう方はやはり読んでいて、

まったく違いますね。


こういう方の文は読み出したら

最後まで一気にスーッといきます。


哲学者の内山節さんの文章は、

いつも惚れ惚れする程に自分の言葉です。


自分も内山節さんのような語りを

目指して、今後も精進する所存です。


ネット時代はほんとコピペ言説ばっかりで、

辟易しちゃうよね。


自分の言葉だけで語ったほうが、

よっぽど気持ちいいのに。



ということで、

今日の本記事、

短めの落書きで 丸っ!

って、自分で言ってりゃあ、

世話ねぇな(笑)


スポンサーサイト

2016.02.19 | | コメント(3) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

時事通信


というか、単なるアウトプット。

ええと、だいぶイイ感じに煮詰まってきてます。

おいおいと、第八話の原稿作成に取りかかります。

本日も、ハリ睡眠の患者さんが2名ほど続出でした。

ほんと不思議だよね。痛いはずのハリを打っているのに、

気持ちよくなって寝てしまうんだから。

鍼オキシトシンの睡眠導入パワーは、ハンパないです!

ちっと、アタシも腰が重かったので、

つい、うっかり自分で自分に鍼を打ちました。

こういう時は鍼師ってのは自分で自分に鍼が打てるから、

けっこう便利です(笑)

2016/02/20 (土) 19:49:54 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

 

いいなぁ~、ホント羨ましい。私はてい鍼でセルフケア中。。。
娘の国家試験が終わったら伺います~次回は鍼をお願いしようかな。
ああ、贅沢に指圧と鍼にしよう(笑)



2016/02/20 (土) 22:44:50 | URL | かおちゃん #tJwXaRLI [ 編集 ]

ひひひ

鍼師の特権(笑)

自分の術の深度も、そのつど自己判定できる。

オーライです。

かおちゃんの娘さんの国家試験の合格を祈願して、

お待ちしております。

指圧&鍼ですね。

そうこの世で一番の贅沢、究極のラグジュアリー、

通人だけが味わえる大人の楽しみです。

2016/02/21 (日) 05:59:19 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR