ナニゲの向こう

ひとは世の中に流布している定説を何気なく信じています。

この実際には本当かどうかが、定かではなく、

たぶんそうだろうとみんなが何気なく信じきっている定説を

取りあえず、ナニゲ定説などと呼ぶことにします。

そしてこのナニゲ定説を信じきってしまっている皆さんを

ナニゲ教のナニゲ信者と呼んでみます。

こうすると、まさにこの世の中とは

ナニゲ教のナニゲ信者さんばかりで成り立つ

ナニゲの帝国である、ことが見えてきます。




ナニゲの教えは、まず自分の帰属する文化圏で育まれます。

その自分の帰属する文化圏のナニゲの教えは、

まず最初は自分を養育してくれる親から、

そして学校機関で幼児のうちから大人になるまで仕込まれます。

ですから、だいたい生まれてから20年ほどをかけて、

ナニゲの教えが人々の脳や身体にしみ込むのです。

大人になった頃には、もう立派なナニゲ教の信者さんが

できあがる寸法です。



ところが、こういうナニゲ教のナニゲな教えを

小さい頃からどうも面白くないと感じる

風変わりな変わり種が、たまに出現します。

この風変わりな変わり種は、

ナニゲ教の教祖の言うことがいちいち面白くありませんから、

そんなナニゲ教の教祖にいちいち反発しては怒られて育つことになります。

こんな風変わりな変わり種は、

たいがいが、落ちこぼれの烙印を押されるか、

自分から落ちこぼれの道を見つけるか、

かっこよくいえば自分なりの我が道を歩むことになります。

アナーキーな芸術家とか、アーティストなんて種族はだいたい

この変わり種グループに属しますね。



またこういう変わり種の自分の性格を十分にわかったうえで、

あえてナニゲ教の信者さんの振りをして、

波風立てずに、上手に世の中をわたるクレバーなアナーキー種も、

恐らくは大勢いるはずです。



ということで、上記の流れに従ってこの世の中の構成員を分類すると、

99%ほどのナニゲ信者さんと、

0.9%のクレバーアナーキー種と、

0.1%の真性アナーキー種で、

人類は構造化されていると言えるかもしれません。




それで、自分はどこに属するのか?

と少し主観的、かつ客観的に俯瞰してみますと、

たぶん、すでにナニゲ信者ではないと思われます。

では、クレバーアナーキー種かと言えば、

そうでもなくて、やはり真性アナーキー種と呼ぶに

ふさわしいのでは、と考える次第です。




なにせ、ウチの両親は自分が子供の頃からこんな言葉を

わたしの脳内に注入したのですから。

父曰く
「人間なんてほんと小せぇなあ、

なぁ、光臣。

おい、あの夜空を見て見ろよ。

あんなにたくさんの星が光ってるんだぞ。

あの宇宙の星からこの地球を見たら、

お前も俺もみんなチリかホコリだ。

人間はいったい何をやってるんだかなぁ?」



母曰く
「人間のやってることなんて、

喰って寝て起きて糞して子が親に、

を繰り返しているだけ。

光臣さん、

あなたは、

すべてのことに

「?」

をつけて、

自分のあたまで

考えなさいよ」




ねっ、これじゃあ、ナニゲの教えにすべて反発するはずでしょ?(笑)

でも、今ではこんな両親に育てられたことに、

心底、感謝している。




自分の頭で考えることができるくらい、

楽しいことはない。



与えられたものを鵜呑みにするのではなく、

自分が生みだしたものを、

与える側になれる。



こんな喜びを感じることができるのは、

ナニゲの教えに背いたお蔭です。



今、我が子は8歳と6歳です。

娘たちが大人になった時に、

自分が言ったどんな言葉を覚えているのか?

それはまだわかりません。


でも、きっと、なにかしら

娘達の脳裏にも自分が放った言葉が刻まれるはずです。



娘たちの一生の羅針盤になるような言葉が、

残ってくれれば、父親冥利に尽きます。



まさか「ナニゲに背け」なんて言葉が

娘たちの羅針盤になっても、

困っちゃうけどね(笑)





ナニゲから学び、ナニゲを越える。





ナニゲの向こうは、

実に自由でアナーキーで

気持ちいいです。

スポンサーサイト

2016.02.15 | | コメント(7) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

私は完璧にナニゲ信者でした。

「教科書は嘘つかない」
「新聞は嘘つかない」って、何気にずっと思っていましたから。

でもあることがきっかけで、ナニゲ教から脱退できたと思っています。

インターネットという世界も貢献してくれました。

御蔭でハリィさんとこうして交信できています。

よかった。

2016/02/15 (月) 14:13:08 | URL | あるご #- [ 編集 ]

フフフ


あるごさん、ナニゲ真理教を脱退すると、

エキサイティングな世界が見えてきて、

楽しいですよね!

それで、もうナニゲなコンテンツが超つまらなくなってくる。

どれもこれも、どうでもイイようなネタばっかり。

誰かの二番煎じ、定説の焼き直し、先生のよいしょ、

そんなペラッペラのコンテンツの薄さが妙に気になり出す。

例えばちょっと違うけど、最近の芸能スキャンダルなんて、

そんな痴話ネタは、ほっとけよの完璧なバカさ加減。

誰が何をしようが、ヨソサマがクチを挟むことではない。

不倫は文化って石田純一が言ってたじゃん(笑)

もうね、野暮の極み。

なのに、さも一大事、国家存亡の危機みたいな報道。

この記者クラブメディアのお犬さまたちは、自分たちで

そんなくだらない報道をしていて、イヤにならんのか?(笑)

まっ、すべて報道は捏造であり、操作であるからして

アタシはまったくオモテのメディア情報には興味が湧きません。

ただ、常連さんが色々とテレビ情報を教えてくれるので、

なんとか世の中についていっているという次第です。

かたや事故原発、かたや再稼働。

これほどの重大事を無視して、ベッキーちゃんのことなんか、

ほっといてあげなってね(笑)

ええやん、勝手に盛り上がれる若さがある時は盛り上がればさ。

そのうち、そんなエナジーも減衰しちゃうもんだからさ(笑)

あっと、アタシもどうでもいいネタに巻き込まれつつあるかも。

これじゃあナニゲに足を踏み入れてる?

ナニゲ学会には永遠に縁がない自分は、

これからも我が道を行きます。

2016/02/15 (月) 19:38:16 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

ほんと。

不倫しようが、愛人が何人いようが、
すべき事をきちんとやってくれさえいれば、どうでもいいんですけどね。
フランス人だったら???なんですよね、きっと。

それにしても、昨今の議員さんレベル低すぎてトホホです。


メデイア関係者にしても
いくら生活の為とはいえ、自分がイヤにならないのかって、
最近では哀れに思えてしまうんです。
なので、報道番組って検証程度にしか見なくなりました。


時々、図書館で本を借りるのですが、
ショックドクトリンをリクエストした時も、30番目くらいでした。

その手の本は、いつもそんな感じでかなり待ちます。
ということは、ナニゲ教脱退組も結構多いのではないでしょうか?

何も語らないのでわからないだけで。


私もこの年齢まで無事に生きてこられたので
あとは御釣りの人生と考えて、「我が道を行く」つもりです。

2016/02/15 (月) 21:39:21 | URL | あるご #yNvNoxY. [ 編集 ]

ナオミ・クライン


の惨事便乗型資本主義に関するあのショックドクトリンの本が、

30番待ち!

隠れ脱退組は、意外に多そうですね。

そう、まさに報道とはショックドクトリンのためにあるんですね。

いかに大衆を操作するか?

うん、ダヴィストック研究所か(笑)

そうして、いかに資本家にとって都合の良い法律をそのショックドクトリンのドサクサのなかで通すか?

そのためだけにあるのが報道機関と思えば、間違いないです(笑)

その昔、アメリカで通貨の発行権がクリスマスの最中に、

グローバル金融に乗っ取られたなんてのがいい例ですね。

もっとも、天気予報は別(笑)

まっ、天気や地震も操作できるとか、そんな陰謀論もありますが、

このへんは本当のところ、わかりません。

そういえばマレーシア航空の飛行機が消えたハナシも、フォローは無いし、

311にドンピシャであがった時の首相の金銭スキャンダルは311で吹っ飛んでしまったし、

次から次ぎに垂れ流される報道の洪水に、まともな判断がついていかない感じがしますね。

こういう大量の情報攻撃も、ひとの判断力をおかしくするショックドクトリンでしょう。

健康養生カテゴリーも、また次から次にアレがイイ、コレがイイ、の情報過多ショックドクトリン状態。

しかし、そんな情報のなかに、まともな見識のある正確な情報はまずない。

だから、こういうモノを見分ける判断力を養うために、

わたしはわたしなりに練った情報を公開しているのかもしれません。

もっとも、わたしの情報だって、わたしというフィルターを通したワタシ観が混入しているから、

さらに、それを自分のなかで濾過して、自分流にアレンジしてもらえば幸いに存じます。

ここんとこのコメ欄や記事での発信で、キテイル言葉では、

フラジャイルな調和、なんてイイ感じの概念です。

とにかく生体システムは1対1の因果律はまったく適用できない。

だいたい精神や心という問題なんか、もうまったくわけがわからないんですから。

そこにファクターとパラメーターが無数に存在する実体としての身体が絡んでくる。

もちろん1対1でうまくいくこともあるけど、キホン、人体は命曼荼羅ですね。

2016/02/16 (火) 05:54:53 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

フラジャイル



ダンボールの横のアレですね?。

最近そんな題名のドラマもあるみたいですね。

若い女性向けのファッションブランドが、まず思い浮かんじゃいます。^^


「フラジャイルな調和」なんとなく理解できたかも。


それにしても、いつも朝早いですね。

2016/02/16 (火) 14:25:59 | URL | あるご #yNvNoxY. [ 編集 ]

だいたい朝は5時に起床します。

それで原稿タイムがそれから1時間です。

6時にはうえの娘が起きますので、

それからは一緒に朝ご飯です。

で、8時前には、治療院に行きます。

サルわかを7本書いて、いいねのアタリを観察してみたんだけど、

いまのところブレイクの予兆は無し(笑)

ちょっと、戦略を練り直して、ボチボチと

また原稿を書いていきます。

2016/02/18 (木) 05:58:36 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

思考の整理


またの名を、予習、

また、またの名は、ネタの先行公開(笑)

ということで、こうしたちょっとした隙間タイムに、

ここんとこ脳端末に浮上してきているネタを、

少しづつアウトプットしておくと、

また、どこかの記事や原稿につながると思いまして。

で、今、浮上してきているネタは、ゴッチャゴロミソに

たくさんあって(笑)

ひとつには、まずサルわかの路線をブラッシュアップすること。

どうも、トレンドが見えてない?

もっとも、そう言いつつ結局は同じ路線で行くと思いますが。

というか、アタシはリアルしか書けない性分。

そうそう、つまりリアルとロジックの狭間に真実がある、

というちょっとかっこいいキャッチフレーズが思い浮かんできている。

ヒトはどうしてもロジックの魅力に吸引されるものです。

でも、ロジックはそれ自体が整合性をもって完璧であろうとするもの。

その完璧なロジック、論理、起承転結はたしかにキレイでけっこう毛だらけだけど、

リアルを知る者から言えば、だから何?なんだよね。

ロジックの通用しないリアルはごまんと存在する。

特に、健康カテゴリーはそんなエエかっこしいのすかしたロジック野郎の巣窟。

どんな素敵なロジックを展開したところで、そんなもんが歯が立たないのがリアルな身体宇宙。

だから、自分はあえて、こう言うのです。

フラジャイルな調和、と。

身体宇宙はカオスでコスモスな複雑系なんです。

だからそもそも、イノチとは何なのか?

なんてそんな簡単にわかりっこない。

それをわかったようなクチで威張り散らすなってぇの!

気レベルも、分子レベルも、どちらも、まだまだ本当にわからない世界。

だから、あくまで仮説であり、仮説ロジックで実験的な試論を展開するのは、

大いにけっこうだけど、それよりもリアルな実感、実体験がはるかに

インパクトをもった説得力をもつ。

ということで、オッカムの剃刀じゃないけど、

ロジックってのは、1対1の線形世界だから、そんなにありがたがることもない。

本当に重視すべきはリアルな実体験。

そしてそのリアルを説明できるロジックを見つけたら、

それはやっぱり宝物でしょう。

自分はこれまでこうしたリアルとロジックが合致した宝物のようなコンテンツを

提供することを心がけてきました。

いや、それしか自分にはできません。

スピリチュアルな土俵でリアルが受けるまで、

ネコラーメンじゃなかった、

ハリィーの挑戦は続きます。

2016/02/18 (木) 19:48:32 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR