ミツバチのささやき

『カワカツでカワイクなる?』 ←クリックよろしく!




我が日本国が西欧式のベル・ランカスター方式の

ひとりの先生に対して大勢の生徒という

教会スタイルの学校教育を採用したのは、

明治維新からでした。



政治家の背後に隠れて130年間も日本を支配し続けている

カオナシ官僚たちの官僚支配制度も、

明治維新からの悪弊です。




その官僚システムの文科省が管轄する日本の学校教育は、

今、いろんな意味で多くの問題を抱えています。

イジメ、学級崩壊、人間ピラミッド、先生達の燃え尽き症候群・・・。




自分の治療院の常連さんに高校の先生がおりますが、

彼に言わせれば、学校くらい人間同士が濃密に接する場はない、

とのことです。

これはインフルエンザなどが蔓延しやすい、という話題で出た発言ですが、

かのサカナくんに言わせれば、水槽で魚をたくさん飼うと、

必ずあるサカナが他のサカナをつつくイジメが発生するとのこと。




つまり、狭いなかに個体数が増えれば、それは各個体にとっては、

ストレスとなり、はけ口として、弱い個体をイジメる結果につながる、

とも言えるようです。

もっともサカナくんが言うのには、このサカナの順位決めは、

ある種の生命の法則のようなものとのことですが。




それはともかくも、イジメや学級崩壊を解決することは、

いまや、待ったなしの喫緊の課題です。

しかし、解決策は果たしてあるのか?

いまだ有効な解決策は聞いたことはありません。




ヒトはストレスを感じると、副腎という臓器からストレスに応答するホルモンである

コルチゾールを分泌します。

そういうわけで、コルチゾールが血液中に高い濃度で検出される場合、

その個体はストレス状態にある、と言えます。

ヒトの脳下垂体や睾丸や卵巣や心臓や血管や皮膚で合成分泌されるオキシトシン

というホルモンは、このコルチゾールと拮抗的に作用し、

コルチゾールの血液中の値を下げる!!!作用をします。



つまりひとことで言えば、

オキシトシンはストレスを緩和するリラックスホルモンと言えます。




冒頭クリックで詳細にワタシが解説しているように、

スウェーデンでの実験によれば、

子ども達へのマッサージの日課が子ども達の情動安定に果たした効能は、

もはや奇跡、ミラクルとしか、いいようがない成果でした。



小児按摩の歴史がある我が国がこんな実験でも他国に遅れをとっています。

いやストレス学説の提唱者であるハンス・セリエ博士が来日時に仰ったとおり、

我が国の医学界は鍼灸指圧を科学的に精査する気がまったくありません。

国立の日本東洋医学研究所すら、いまだに無いのです。

日本鍼灸、日本指圧、日本按摩の輝かしき歴史があるニッポン。

しかし、内実は差別と偏見と卑屈の幾つもの鎖にがんじがらめに

からめとられているのが日本の東洋医学の現状です。




そんなカセがいっさいない北欧はスウェーデンが快挙を成し遂げてくれました。

極東はニッポンの小さな島より、最大のブラボーを送りたいと思います。



尾木ママ、良かったら『カワカツでカワイクなる?』を眼を皿にして読んで下さい。

教育界を改革することなど、簡単かもしれませんよ。




オキシトシンという愛情ホルモンは、按摩マッサージ指圧をされる側にも、

する側にも分泌されます。

ヒトという種は、いや地球上の動物たちは、

オキシトシンによってつながれたオキシトシンファミリーなのです。



オキシトシンの秘密が解読された時、

ミツバチのささやきが、

人々の耳にこだますることでしょう。



それまで、ひたすらささやきつづけます。

スポンサーサイト

2016.02.10 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

 

素晴らしい!先生の言葉もオキシトシンも!!!
うちの会社でもね、心を病んでる人多いよ。。。そりゃ、大人が病んでたら余裕なくなっちゃって
子どもに構ってられなくなるよね。
大人も子どももみんなでマッサージしあうって、とっても大事なことだよね。。。
さあ、私はローラー鍼でお顔コロコロしなきゃ!

2016/02/10 (水) 11:46:22 | URL | かおちゃん #tJwXaRLI [ 編集 ]

日本按摩


かおちゃん、

日本の按摩には、親子按摩、夫婦按摩、小児按摩、

安産の按摩、などなど、なかなかにバラエティーがあって、

面白いんだよ。

明治維新で、こういう良き伝統が全部、ぶっ飛んだ!

まあ、再興するっきゃないね。

2016/02/10 (水) 19:10:10 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/10 (水) 22:22:18 | | # [ 編集 ]

貴重な情報をありがとうございます


尊いお仕事をされていますね。

頭が下がります。

スウェーデンをはじめ、日本でも認知症の方へのマッサージが、

認知機能の改善につながるというエビデンスがすでに立証されています。

ただ、そういったソリッドな治験ではなく、介護士さんのような、

お風呂介助において利用者さんを優しく撫でるように洗うと自分も優しい気分になる、

こういう感覚でオキシトシンを捉える方が、よほどオキシトシンにとっては光栄で嬉しいだろうと思いました。

触れること、触れられること、で両者にオキシトシンが分泌されて、

両者に絆が生まれる。母子の出産授乳で作られたオキシトシンの絆の糸が、

ヒトという生き物を終生、優しい生き物にするのでしょうね。

自分も介護士さんのような優しい人間になりたい、とそんな風に思いました。

コメントを頂きまして、ありがとうございました。

これからもよろしくお願い申し上げます。

2016/02/11 (木) 06:02:38 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR