通で快 7

サルでもわかるシリーズ.第4話『頭も良くなる鍼灸指圧』 ←クリックしてね!




はい、こちらトリニティウェブで連載中の

『サルでもわかるハリィー先生のアヴァンギャルドな東洋医学講座』

の第四話がアップされましたので、こちらにも貼っておきました。




前回の第三話『傷の治りとオキシトシン』から、

大々的にフューチャーしているのが愛情ホルモンとして

すこし前から話題のオキシトシンというホルモンです。




前回の第三話でもすでに申し上げたように、

オキシトシンというホルモンは出産や授乳と密接に関わるホルモンとして

一般には知られておりました。




しかしオキシトシンの生理作用は出産や授乳に関わるのみならず、

実に広範な生理作用があることが近年の研究によって判明しております。




鍼灸指圧は皮膚からのオキシトシン合成と分泌を促進することで、

オキシトシンの幅広い生理作用を牽引する

オキシトシン医療の筆頭である

ことが類推できます。




オキシトシンというホルモンがなぜ動物やヒトに備わっているのか?

そもそも、オキシトシンというホルモンはどんな役目を担っているのか?

オキシトシンの真相を知ることで、私はこの人類文明の羅針盤を得ました。





戦争も原発もいまだに卒業できないオバカ人類ではありますが、

分子レベルのオキシトシンの生理学をよく学ぶことで、

どうやら人類文明を進化させることができそうです。





ようやく希望や夢が湧いてきました。

まずはトリニティウェブ連載のこのシリーズで、

オキシトシン&鍼灸指圧レボリューションを巻き起こしたく

今後も鋭意、執筆していきます。




オキシトシンの導きで、ヒトはヒトたり得ているのです。

さて、ヒトらしい文明の再建のために、執筆を急ぎます。

スポンサーサイト

2016.02.01 | | コメント(3) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

本日は曇天なり


今朝あさいちで、サルわかシリーズの第六話の原稿を入稿しました。

それから午前は梅の木を選定しました。

今からしたの娘を迎えに幼稚園に行きます。

休日も、なにげに忙しい(笑)

サルわか、ようやくアイドリングでエンジンがあったまったところ。

アクセル全開でトップスピードを出すのは、これからです。

フフフ。

2016/02/01 (月) 13:46:04 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

サルわかシリーズいいですね。

この年齢になると、中学生くらいの知識は不思議と結構残っているのに、
新しいことがほとんど右から左に抜けて行ってしまいます。
昔はそんな親の様子をみて不思議に思っていたのに、
今はすっかり自分の姿となってしまいました。
そんな私にはとても読みやすいです。

トリ子さんいいですね。
ハリィさんの指圧&講義を頻繁に受けられて。^^

残念ながら、自分で指圧&お灸生活です。
でも、入浴前後、飲酒後はお灸は出来ないなど制約があるので
案外、ゆっくりお灸を楽しむ時間もなかなか取れませんが、
お灸のできない日は、仙骨あたりにカイロを張って過ごしています。
それだけでも十分に気持ちがいいですし、
お陰様で、低体温だったのですが、少し体温が上がってきたようです。

これからもオキシトシン分泌を促進させて、
ハリィさんの講義についていけるよう頑張ります。

2016/02/01 (月) 14:18:14 | URL | あるご #yNvNoxY. [ 編集 ]

オキシトシンは血液循環も促進する

あるごさん、

こちらはあのダンディな旦那さんのブログですよね。

http://buono555.blog.fc2.com/

いつもメチャクチャ美味しそうな写真がてんこ盛りで、

こういうのを見ると、また何か食べたくなってスゴク精神衛生上、イイです!

作家・池波正太郎さんの小説には、食べ物のシーンが数多く登場して、

その描写がたいへんに食欲をそそることで、

入院時などに読むと、早く退院したくなるなんて聞きました。

池波さんの小説が読む健胃剤なら、ボーノくん日記の写真は観る健胃剤ですかね。

オキシトシンについては、これから頻繁に触れていくつもりです。

サルわか、が、あるごさんにとって読みやすいとのお褒めにあずかり、

だいぶ気分が高揚してきました(笑)

自分も温灸はそんなに頻繁にはやりません。

でも、先日にちょっと念入りにやっときました。

またいつかこちらに出向く時がありましたら、今度はゆっくりとこの辺りを散策してください。

お待ちしております。

2016/02/01 (月) 19:14:56 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR