通で快 6

「原子炉燃料としてプルトニウムが利用される多くのケースでは、

酸化ウランとの混合物のかたちをとる。

これはとくに英語のミックス・オキサイド(混合酸化物)の頭文字をとって

MOX(モックス)などと呼んでいる。 



酸化プルトニウムは、微粒子となって空中に漂いやすく、

呼吸器系統から人間の肺にとりこまれやすい。

非常に溶けにくい物質なので、肺に沈着すると、

長いことそこにとどまって、肺ガンの原因になる。



ラットやビーグル犬を使った実験では、1グラムの何百万、何千万分の1の

酸化プルトニウムが動物に肺ガンを起こさせることが知られている.。

一度生まれたプルトニウムは、ほとんど永遠に残り続ける」



高木仁三郎・著『プルトニウムの恐怖』岩波新書より












こちら冒頭文は、反核の孤高のカリスマと呼ばれた核物理学者のご存知、

高木仁三郎氏の著書より引用しました。

高木さんは、もとは核利用の推進側だったが、ある時に覚醒し、

一転して反核に転じた。

それからは、ただひたすらに反核運動に邁進した。

彼は市民にこそ科学が必要だ、と説いた。

3.11が起こった後に、自分も彼の存在を知り、彼の著書をいくつか読みました。

この『プルトニウムの恐怖』という本は、

プルトニウムというこの世にあってはならない元素に焦点を当てた秀作です。

彼はこの著書の最後をこんな言葉で締めています。

「いずれにしても、問題はひとりひとりの生活から発して、

どんな社会を構想するか、という点に帰着しよう」




川内、高浜と次々に原発を再稼働しているこの日本という国の国民ひとりひとりは、

今、どんな社会を構想し、どこへと帰着しようとしているのでしょうか?

未来に希望と夢を持ち、一億が総活躍できる社会が、

果たして原発を再稼働していて実現できるとでも思っているのか?




地球の中心のコアから地上まで6000キロもの圧力を押し上げてくる

マントルが生み出す大地の蠕動運動が地震。

この地球の地下マントル対流という内臓の「うねり」のうえで、

わたしたちは生かされているのです。

地球内臓の温かさ、マントル溶岩の熱がわたしたちが大好きな温泉の熱源です。

温泉というオキシトシンを分泌する素晴らしい天然の医療の場を持つ

四つの地底プレートが重なった宝石のようなシマ、日本列島は、

それゆえに地震が多発する宿命を帯びています。




地震を避けることは永遠に不可能です。

しかし原発を止めておくことは即座に可能です。





この国のひとりひとりに冷静な知性がもう一度、戻ることを求めて止みません。

オキシトシンというホルモンがなぜ動物に、ヒトに備わっているのか?

その秘密が解けた時、地球文明はあらたなステージへと移行します。





わたしはこれからオキシトシン革命を、

いや鍼灸指圧レボリューションを引き寄せます。

皆々様ひとりひとりのお力添えを、今後ともよろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト

2016.01.31 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

はい。

2016/01/31 (日) 09:26:57 | URL | 中尾勇人 #- [ 編集 ]

おっ


中さん、ニューヨークからお返事、ありがとでやんす!

ニューヨークでは雪が降るのはけっこう、当たり前ですかね?

ここ牧之原市は、やっぱりほとんど雪が降りません。

今日も何気に温かくて、イイ天気(笑)

で、よっこらしょっと、

サルわか第4弾、リリースしました!

こちらに即効で貼っておきます。

オキシトシン&鍼灸指圧レボリューションが始動します!

http://www.el-aura.com/kouhakudo20160131/

2016/01/31 (日) 13:47:02 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

トリ子さん

今さんがトリ子さん人形と公民館とか路上で腹話術をやってる姿が目に浮かぶようです。やってほし〜い^o^
ニューヨーク、20年以上前ぐらいはよく雪が降ってた記憶がありなす。その後そうでもなくなって、(寒さも)ここ近年また雪が増えたように感じます。
トリ子さん子持ちだったんですね!

2016/02/01 (月) 02:55:23 | URL | 中尾勇人 #- [ 編集 ]

いっこく堂

じゃなくて、光伯堂?(笑)

うん、なんか流れでトリ子さんは子持ちになってしまった。

なんとなく独身の若いスピリチュアル好きな女子という設定だったんだけど、

すでに既婚で子持ちに変化しているのは、どういうわけか?

同年代くらいの設定の方が、なにかと話しやすいし(笑)

さて、書きかけの原稿を進めます!

2016/02/01 (月) 05:18:49 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR