手の内 3

いやいやほんと、急に寒くなって、なかなか冷えがきつくて、身体にこたえますね。

ということで、今回のシリーズは、

ズバリ! 

「てのうち」






普通は術者というものは、そんな簡単に手の内は明かさないんだけど、

アタシは太っ腹というか、別な言い方ではバカ(笑)なんで、

だいたい、全部、明かしてしまいます。




でもね、手の内の事を果たしてすべて文字で伝える事ができるかどうか?

そこがね、だいたい、かなり疑問満載なわけです。




禅なんかでは、不立文字なんて言うじゃない?

これ、本当に大切な事は文字で伝えることはできない、という意味でしょ?




だからさ、幾ら手の内を公開すると言っても、そこには文字の限界が必ずある。

どんな文字を選択しても、文章だけでは伝えきれないニュアンスが残存する。

その真に伝えたいエッセンスを、こぼれ落ちた文章の行間の谷間から

読者の皆様のおのおのの眼力で拾い上げ、掬い取って欲しいというのが、

本シリーズに対するアタシの気持ちです。

はい、ここまでマクラ。






で、本日の本題は、パワーとフォースについて、ちょっとやってみます。

いちおう用語解説としては、

パワーは単純にチカラ、

フォースは気のたぐい、としておきます。





それで、アタシは気がわかるみたいな事を随分と言っておりますが、

例えば指圧をする際に、気だけで治療するなんて事はもちろん出来ません。

というか、気だけの治療なんてモノはたぶん、あり得ません!




指圧にしろ、灸にしろ、鍼にしろ、基本的に治療はパワー先行です。

いや、パワーだけといってもイイでしょう。




えっ、だって、お前は散々、気だのフォースだのと、偉そうに言ってきたじゃん?って?

はい、もちろん、アタシは気をそこそこ感じることはできてますよ。

でもね、あくまで治療のキホンは触ってなんぼ、

押してなんぼ、

当ててなんぼ、

刺してなんぼ、なんです。

いいですかね?




気だの、フォースだの、そんなね、カスミみたいなモノだけで治療するなんて事は、

まずできない、というそこのキホンをしっかりと押さえておいてください。

もうね、あらゆるインチキ、

インチ気が、まだまだ跋扈(ばっこ)しておりますから。





最近も、パワー指圧が炸裂して、常連さんの「痛気持ちイイ〜!」の

絶叫が当院では鳴り響いております(笑)

フォースなんかに頼らずとも、パワーだけで十分に治療効果は出せます。




パワーの追及、肉の追及、実体をとことん観察し尽くした先に、

これまで見知っていた実体とは異なる、ナニガシカを発見するのです。

それこそが気、フォースなのです。





実体を追及せずに、いきなり実体を越える実体など、わかるわけねぇじゃん!

とことんパワー指圧を極めた先にしか、気は立ち上がってきません。





ホンモノとニセモノを見分ける方法なんか簡単だよ。

マジメにとことんやったかどうか?

ただそれだけを見るだけで、簡単にホンモノなんか見抜けます。





たいして修行もしてないのに、気だの、フォースだの、ほんとよくほざいてくれるよね。

10年を鍛とし、10年を錬とする。

最低でもモノを言うまで20年の鍛錬・修行は必須だね。





いちおうアタシは、20年選手だから。

23年の臨床実績をもって、満を持して、

もうそろそろ何か言ってもイイだろうと思って、

こうやって言い出しているわけ。




治療はパワーです!

スポンサーサイト

2015.12.05 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

共時性2

こんばんは、
今村様に続き、私の方にも信じられないタイミングで共時性が起こりましたので、報告させてください。

今日の仕事帰り、何となくメールをチェックするのに
携帯のプラウザーを開けたら、
「養生法の探求」のもくじが最初に出てきまして、
今月のテーマの「手の内」という文字が目に入り込んできました。

「それにしても、今村さんが、手の内を明かすなんてものすごいことだよなぁ。今日帰ったら、コメントを書かせてもらおう」

などと思い、メールをチェックしてから家路につきました。
道すがら、なんとなくインターネットラジオをつけてヘッドフォンで聞きながら帰ったのですが、
それが、料理人の黒木純さんの新しい書籍、
「くろぎのおかず」についてのインタビューだったんです。
するとインタビュアーが、
「これだけ手の内をあかしちゃって大丈夫なんですか」みたいなことを聞くんですよ。え!っと思いました。
そこに黒木さんが、「そう、手の内を8割どころか全部明かしたところで、先ほど話しましたように、私ですら、春菊を湯がくという作業だけでも100回のうち3回しか、完全に成功したとは思えないわけですから、これをもとにして、皆が自分なりにアレンジしてくれたらいいと思っています」
なんていうんです。

で、帰ってきて、お風呂に入りながらこちらのサイトを開けたら、「手の内3」がアップされていまして、今度は今村さんが、「手の内を書いたところで、文章に出来ない部分が達人の領域だ」といった、同じようなニュアンスのことを理由に
「明かしても問題ない」というようなことを書いているじゃないですか!!

しかも、黒木さんは20年の料理人人生といってこの話をされているという。。

そんな、信じられないレベルのシンクロ率でしたので、思わず興奮して報告してしまいました。


私はちなみにまだ、芸大を卒業してから16年なので、まだまだひよっことして、皆様の達人業に近づこうと頑張っております。
でもこれだけ、身近にそういう達人業を扱い、またそれを新たな理論として打ち立てようとしている方がいると、私のほうにも、その意思が強くのこっておりまして、歌を教えていましても、声のもっと微細な違いから、感情や身体の状態の機微まで聞き取れないものだろうかと、一生懸命生徒の声を聞くようになっております。
このように、私のゴールが大分遠くに設定され直されたのも今村様のおかげと思い、本当に感謝でいっぱいです。


2015/12/05 (土) 07:30:11 | URL | akechi #- [ 編集 ]

共時性ネタ


akechiさん、

たしか、ユングの有名なエピソードに、患者さんのカウンセリング中に、

その患者さんの夢判断か何かをしていて、コツコツと窓ガラスを叩く音がして、

見てみると、そこに甲虫が飛んできていた。

甲虫は変容のシンボルで、まさにそのクライアントが見た夢だか、今迎えている状況を暗示ならぬ、

シンクロニシティーに示していて、ビックリしたという、そんな本当かウソがわからない不思議なエピソードがあります。

でも、ほんと、そんな事があるんですよね。

まさに、この手の内の共時性がそうだし、自分がakechiさんのブログにコメントしたポジティブネタもそう。

どうも、得体の知れないナニガシカが、この世界の背後で作動していますね。

今日は、いつもの常連さんをいつものように治療したのですが、

終わり際に、「今日は本当に気持ち良かった。なんでだろう?」

とその常連さんが言ったので、

「やっぱり、毎回、ウマイヘタがありますかね?」

と聞いてみたら、

「そうじゃあない。毎回、気持ちイイ。だけど、今日はなんでか特に気持ちよく感じる」

と仰いました。

こういうのも、なんか不思議ですね。

気ではなく、パワーのみの治療、というか徹底的にパワーで治療するのが、アタシの流儀。

で、そういう心境で治療したから、なお良かったのかも。

ヒトの身体くらい不思議なものはありませんね。

2015/12/05 (土) 21:39:06 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR