手の内

ここでトリアルの今がすべて読める! ←ここをクリック!




はい、ということで、今回の vol.10のリリースで、

6月30日にスタートしたトリニティウェブ誌上で連載している

「養生アルカディア 凝りを巡る哲学的考察とセルフケア」

も、10回目を迎えております。




その全10回の講義は、この冒頭クリック ↑ のページを開けば、

すべて読むことができますので、復習、再読をしたい

ヨータンフリークの皆様におかれましては、

こちらをご活用頂きたく、お願い申し上げます。




今回の10話では、徹底的に

「リアルな気」にこだわりました。





気というモノの一般的なイメージは、

体外に浮游しているというイメージで、

そこから発展して、

触れずにヒトを吹っ飛ばすドラゴンボールのカメハメハや、

スター・ウォーズのフォースが連想されるというのが、

これまでの荒唐無稽で漫画チックで意味不明な

メディア主導のチープな気イメージ。




そんなこれまでの気のイメージを、

木っ端微塵に、ぶっ壊して、

マジメで骨太で本当の意味で

気とは何なのか?の真相を

アヴァンギャルド鍼灸指圧師ハリィーこと

今村光臣がとことん見せてやろうじゃないか!

という意気込みで今回は書きました。

その心を、気を、

読者の皆様が感じ取って頂きますれば、幸いに存じます。





気はどこまでいっても、

この体内が発生源です。

気血一如。

形気一如。





身体を離れた気論など

本来は異形、偏向、

トンデモなのです。





経絡は真皮結合織多水層を流れる。

その速さは毎秒10センチから30センチ。

しかし、時に応じ、気はクォンタム・ジャンプに

粒子性と波動性を伴って、

簡単に肉体の領域を飛び越える。




そんなこんなの

100%人間の手で、

ハリィーがこの指で、

感じ取った、

その「手の内」を語っていきます。

スポンサーサイト

2015.12.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR