G 戦上のハリヤ 10

「ツボとは何か?」

という命題も、これまた

「気とは何か?」

と同じくらいに悩ましい難題です。





でも、ザックリと適当にズバリと解答を提示すると、

「ツボとは身体の使い方の動線上に立ち上がる変性タンパク質の集積部位」

なんて、言い方ができます。





それで、この身体の使い方という事では、やはりGショックとの対応がメインになってきます。

よって、Gショック負荷のかかる部位に、やおら変性タンパク質が集中し、その結果、その部位に凝りが出現するのです。

してみれば、「凝り=変性タンパク質=Gショック・ポイント」と言えます。





それで、ではGショック負荷がどんな部位に集積するか?と探ると、

まず、首肩付近にはスイカの大玉1個分の頭部のGが常に負荷されます。

また腕1本の重さも4キロ近くありますから、両腕で8キロの重さGがズッシリと肩にのしかかります。

それから、この頭部、両腕、胴体の重さは全部で全体重の65%ほどになりますが、この65%Gをヒトは腰、特に仙骨付近で受け止めます。

よって仙骨にはモロに常に65%の体重Gが累積加算される計算です。

あとは、股関節、膝、足首、そんな脚のジョイント部分の関節には、むろんのこと、同じく65%Gが分散負荷されます。

つまり、今言った、Gショック・ポイント付近に、凝りが出現するわけです。






アヴァンギャルド鍼灸指圧師ハリィーが命名した新ツボ3大メッカの

「ハナオカ」「RBポイント」「仙サイド」

は、もちろんGショック・ポイント付近に存在します。






鍼の道に入り、ツボを探る旅路は、すなわち人類の直立二足歩行の歴史を反芻し、俯瞰し、身体の使い方を分析する作業でもありました。

「ツボとは何か?」の答えの一端は、臨床歴23年でほぼ解明されました!






人類は常に自分の体重を支える宿命を帯びています。

地球の引力や月の引力が交錯するこの地球の表面にへばりついて、立ち続けることは、実はとてつもなく過酷な作業なのです。

ただ、立つだけで抗重力筋が、収縮しています。





Gとの戦いに明け暮れる人類が、なにをとち狂って意味不明なヒト同志の殺し合い、戦争などする必要がありましょうか?

戦争なんてやってる場合じゃあない!

だって、いつもヒトは重力Gと戦い続けているんですからね。

地球1Gと戦っていれば、もうそれだけで沢山だよ!






そんなG戦上の疲れを温灸で癒し、鍼で癒し、指圧で癒す、

ハリヤのハリィーが主催する光伯堂癒しグランドツーリングへ、

いざ出発だぁーーーーーーー!





うんっ、またなにげに営業入ってるな(笑)

ということで、本シリーズはこれにて、おしまい。

スポンサーサイト

2015.11.29 | | コメント(18) | トラックバック(0) | 身体操法

コメント

本日も、カリスマサロン光伯堂は、めいっぱい満員御礼!


ということで、こんなところで油売ってる場合じゃない(笑)

老荘哲学の究極の理想郷に「坐忘(ざぼう)」という境地がある。

コレ、ようは、すべてを忘れて道と同化するという境地。

すべてのこだわりを捨てて、ありのまま、になるってこと。

それがでも、実は、一番、難しいのかも。

身体や心もすべて忘れるほどに、何かに没頭する、これも坐忘の境地かもしれない。

まあエクスタシーみたいな感じか?

これから、少し坐忘な感じでブログをやろうと思ったはイイけど、

それって、どんな感じだろう?って、やる前からかなり疑問満載(笑)

で、やっぱり得意分野の養生がらみで、行きます。

お題も決まった。

さて、仕事に行かねば(笑)

2015/11/29 (日) 13:37:31 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

駄文・井戸端

自分でカリスマサロンって、恥ずかしくないですか?(爆

勝手な漫画シリーズwww
「フラジャイル」と言う病理医を主人公にした漫画も、超面白いですわ(4巻まで発売中ね)
来年からTVドラマに成るのも肯けますわ。
個人的に、火箱ちゃんの大ファンですwww
(勿論、主人公・岸先生のファンでもありますけど)

何時もの事だけど全否定、100:0は無いよねと言うことを書きたかっただけですwww

何処の事を指してるかは、先生は十二分に判っているので、あえて書きませんwww

ではでは。



2015/11/29 (日) 14:43:51 | URL | 邪ブラック #2JEUmp5Q [ 編集 ]

断然カリスマ宣言(笑)


まあね、自分で言ってりゃ世話ねぇや、なんだけど、

キホン、ひとり電通博報堂、ひとり広告代理店、ひとり旅行代理店、ひとりコピーライターだから、

自己申告で自己アピールをするっきゃないんですね、アハハ(笑)




ブラちゃん、コミック情報、サンキューです。

アタシは今、そのへんのサブカルのカテゴリーには、非常に疎いから、

そういう意味では時代に追いついていないというか、トレンドを見逃しているかも。





フラジャイルという言葉は、よくファッションブランドがコレクションを発表する時の、

今季のコンセプトに挙げるキーワードだった、という記憶がある。

脆性、壊れやすい、もろい、みたいな意味。

ちょっと意訳すると、揺らぎ、とか、ブレ、みたいな感じかね。

アタシもこのフラジャイルという言葉を、ピックアップしようかと画策した事があったけど、でも使ったことないです。





0、100のハナシでいくと、例えば人体宇宙は、ファクターとパラメーターが無限に存在するという前提を理解する事がまず必須。

だから、あるキッカケとなるなにがしの健康術を実践したとしても、

その結果は、線形的な予測にはまず従わないと自覚する事も肝要。

ようは、一般化できる絶対的に誰にも効果的な健康術など、この世には存在しないということ。

例えエビデンスが確保された科学的な精密度が高いものであっても、

実際に運用する現場では、あらゆる意味でフラジャイル(あっ、使えた 笑)な結果が待っていると覚悟すべき。

なのに、なのに、ネット上にわらわら湧いているいわゆる健康指南、健康指導のネット番長たちは、

ふたことめには、コレさえやれば、万病が治せる、の一点張り。

もう特に意識するほどの事もないんだけど、単純と言えば単純で、やっぱりマルかバツか、答えはひとつ、の

教育による刷り込みの弊害の結果の、線形脳なのかも、と分析する次第です。

ひとさまにある論理を説明する場合には、確かに線形的な説明の方がわかりやすいし、伝えやすいし、受ける。

でも、それはあくまで単なる論理の遊びであって、実際のナマの生々しい生体においては、

論理など超越した未知なる世界がある、という

その生命世界に対する畏れと慎みを忘れてはイカン!

と再度、言っておきましょう。

2015/11/30 (月) 05:39:24 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

げっ!


なにげに、このブログのトップ画面の左枠の

月別アーカイブの今月11月の記事エントリー数を見たら、

たったの4本しか、記事書いてない事に、今気づいた(笑)

ということで、今後も記事数はそんなに増えないかも。

トリアルに力を入れてるわけでもないんだけど、

ヨータン・コンテンツのダイジェスト版としては、ひじょうに貴重なメディアを頂戴しまして、

とってもかっこいいビジュアルをプロデザイナーが配置してくれるという特典もまったくもってラグジュアリーで、

まあ、早い話し、けっこうトリアルにはまってきた感じです。

(※ 【用語解説】トリアルとは、『トリニティウェブ誌上に連載しているアヴァンギャルド鍼灸指圧師ハリィーの、「養生アルカディア 凝りを巡る哲学的考察とセルフケア」シリーズ』を略した言葉 笑)

でも、俺は移り気だから、またヨータンも全開モードが来るかもしれない。

アレだね、ここのコメント欄で、皆様とやり取りするのも、嫌いなじゃないというか、

超好きなんで、記事数は伸びなくても、コメント欄は賑わってるという、この路線もイイかな、というのもあり。

まっ、ここヨータンでも新しい事をしたいという気持ちもあるんだけど、

本業も忙しいし、夜間の睡眠時間は確保したいし、で、なかなかね。

はい、ということで、今後も成り行きまかせ、ありのままで、いきます。

2015/11/30 (月) 06:05:55 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

【用語解説 2】(笑)


『ヨータン、とはアヴァンギャルド鍼灸指圧師ハリィーが2012年からスタートしているブログ「養生法の探求」のブログ名を略した言葉』

ヨータンに、トリアル、ってスター・ウォーズのキャラ名と見まごうスペイシーな略名じゃん、俺、気に入った(笑)

まっ、アタシはそんなにスター・ウォーズフリークってわけでもないんだけどね。

なんかイイこと思いついたんで、書き付けておこうと思ってパソコンに向かって座ったら、忘れてもうた、

うん、コレがまさに老荘の理想郷、アルカディア、

坐忘の境地やな(笑)





無限のファクターとパラメーターの生体宇宙にあって、どんなモチーフを抽出して物語りを作るか、作れるか、というのが論理の遊び。

ある物語りではガンなど簡単に治るというが、べつの物語りではガンは難治疾患という。

それぞれの物語りではキレイに完結しているが、それはどこまでいっても物語りに過ぎない。

現実は論理とは異なる。

生体は常にこちらの期待、予想を裏切るもの。

まあ、そういう極めてフラジャイルな生体というシロモノを、23年余の期間、相手にし、

治療という現場で、

術者 対 患者、

1対1、

One on One、

を軽く3万回以上はやり続けてきたわけです。

タッチ数で言えば、3万回すら越えるでしょうね。






ナマの身体に触れなければ見えない世界を伝える、というのが私の使命、役割、仕事のひとつでもある、と最近になって思う次第です。

ヨータンの次ぎなるコンテンツは、手の内の実感とか、そのへんをやります。

2015/11/30 (月) 07:26:52 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

水木しげる様のご逝去に、慎んでお悔やみ申し上げます。


ゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげる翁が93歳で今朝、ご逝去されました。

水木先生の漫画は、好きでした。

シュールで、アナーキーで。

いよいよ、本当の意味で、幽明界に活躍の場をシフトされたんですね。

連れ合いと映画館で観た「妖怪大戦争」に出演した水木先生の決めぜりふが

「戦争はイカンです。腹が減ります」

こんな簡単なひとことで、人類の馬鹿さ加減を言い切った水木翁。

これからも、戦争ばっかやってて、いまだに自作自演テロやマッチポンプ戦争を止めない戦争中毒の大馬鹿人類を、

ラブ&ピースな方向へとお導きくださいますように、お願い申し上げます。

生前の水木先生のご活躍に、心より感謝して。

ハリィーより

2015/11/30 (月) 14:32:09 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

続きまして、速報!


わたくしごとにて恐縮ですが、

http://www.el-aura.com/kouhakudou10/ ←ここをクリック!

はい、トリアル10がリリースです。

ヨータンフリークの皆様、熟読吟味、読書百遍、

アヴァンギャルドな気論をとくとお楽しみください!

2015/11/30 (月) 14:46:18 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

アルカディアのほうと両方で、わかり易かったです。

釣をした際の魚の当たりと酷似している、気をつかむ感覚。何か電気的なぴくっとした感覚なのでしょうか。
さすがですね。
その狂喜する感じわかる感じがします。
ほーらな!っていう!w

気が秒速10から30センチで動くという話は以前こちらのブログでもされていたと思いますが、
なんとかく太極拳の動きを思いました。
でも30センチだったら太極拳よりは大分早い動きかもしれませんね。
ただ、ああゆうゆったりとした動きをするだけで、指先に熱感みたいのを感じますし、
あと、ちょっと暗いところで、両方の指先を近づけていくと、白い筋のようものが行き来しているように見えるのが、なんとなく、
フォトン微粒子のスバークだとか言われたら納得しちゃいそうです。

気が実在していると、一度思うと、やっぱりどう考えても実在しているとしか思えませんね。
私たち舞台芸術家も、自然にそういうエネルギーを感じながらやっていると思います。
歌手が舞台に立った時に注目が集まる歌手とそうでない人がいることや、指揮者の意図が完全に伝わっていると確信でき、また事実完全に伝わっていることも、気の働きかもしれません。

2015/12/01 (火) 04:46:30 | URL | akechi #- [ 編集 ]

アタリ=波動性 発砲=粒子性

akechiさん、

ご自身のブログ「ポジティブNEWS」の記事更新に忙しい最中に、こちらにコメント頂きまして、まことに恐縮です。

同じFC2ブログなんで、足跡が付くので、毎日、自分が訪問してる足跡も残っていると思いますが、akechiさんの流麗な文体に、はまりつつあります。

なかなか忙しくて何ですが、また、コメントを入れさせてもらいます。

そうですか、気ミストがakechiさんには、見えますか!

こういうの見ようと思えば見える、でも見ようとしても見えないものなんですね。

たぶん、見える者は、なにか訓練を経て身体が変化した者なんじゃないか、なんて推定できます。

葦原検校は盲人でした。日に100人をのぼる患者を鍼治療し、治せぬ者はいない、と豪語したカミワザの鍼医でした。

今回、トリアル10に引用した箇所は、鍼を打った際の心構え、鍼を打つ側の意念の用い方、を解説しているという解釈が普通だと思います。

でも、私がここを読んで真っ先に思いついたのは、

アタリ=波動性、発砲=粒子性という気の量子のような振る舞いの事でした。

中国における気の物理的解析で浮かび上がってきたのが、気には粒子性と波動性の量子のような振る舞いがある、という結論。

まったく同じ事を、量子論物理などまだなかった江戸末期に葦原検校はその指で感じ取っていた。

こういうフラクタルでホログラムな事象を発見するのが、たまらなくエキサイティングなんです(笑)

舞台に立ち、大勢の人を魅了する芸術家には、それ相応のオーラがまとっているでしょうね。

AURAとは、アトラクション、ユニゾン、リパルション、アクティベイションの略。

生命体はすべてAURA、つまり気を身にまとう。

その気はヒトの意識と連動し、意識を飛ばせば、気も同じく飛んでいく。

あっ、小出しにしないと、ネタ切れしちゃう(笑)

養生アルカディアの気論、けっこうイイ感じに乗ってきました!

まだまだ、あっちは、気論全開で行きます。

気との友情は一生です。

ほんと、akechiさんの言うとおり

「友情は一生」ですね(笑)

鍼の道、指圧の道、灸の道、気の道、に導いてくれた気。

気への感謝の思いを込めて、今後も気論、多いにやります。

2015/12/01 (火) 05:42:46 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

そうだ 前はよく 見てた あっ 今も…

 指先から出るオーラ 太陽表面のコロナのように
すべての指先から立ち上る不定形の白いもやか煙か… 背景が薄暗く そこそこ明るいところでは よく見えますよね 先生のところに行ったら嬉しくておしゃべりに夢中で 気の動きやオーラなんて ふっとんじゃいますね。残念ながら。桑畑さんのように無言で受けてみようの境地にはなれません。今度はマスクして行こうかな。

2015/12/01 (火) 07:34:37 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

むしろ、自分のブログを書くようになってから、
確実に毎日、皆様のブログも読ませて頂いています。
読むだけでなく発信もできるブロガーとしての
活動は、私に新しい何かをもたらせてくれそうな
気がいたします。

今回、ブログ開設のアイディアな、特に今村様に刺激されてのことなので、その事、すごく感謝しております。


そうか、別に誰でも見えるものじゃないのですか!
ちょっと嬉しいです!w

この注意力を注いだ時には、
圧力として、手と手の間に感じる感覚は、
実在としか、いいようがないですよね。
むしろ、これで実在してないと言っている人たちの方が変だなと真剣に思いますよ。

しかもこの注意力を注いだ時だけ、というのが面白いですよね。ということは、生活自体に注意力がもっと強くあれば、基本的な気の力ももっと充実してくるってことなんですかね。

ホント楽しくなってきました。

2015/12/02 (水) 06:25:59 | URL | akechi #- [ 編集 ]

インチ気  もど気  


ばっちゃん、akechiさん、

まったくもって、まだまだ、いかがわしいマガイモノの気が流行ってますからね。

そういった、これまでのインチ気や、もど気を全部吹っ飛ばす勢いで、

トリニティでは、オレ流の気論を展開しております。

いままで、うちら業界人はおとなし過ぎたんです。

上品もいいけど、それじゃあ魑魅魍魎にやられっぱなし。

過激でアヴァンギャルドな俺みたいなドンキホーテが出てこないと、

気論も盛り上がらない。

やりまっせー!

2015/12/02 (水) 13:30:51 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

頑張って下さい!!
ホントに応援してます!

2015/12/02 (水) 18:36:18 | URL | akechi #- [ 編集 ]

メルシー!


akechiさん、

今あらたなエセ医学の勃興期を迎えておりまして、

量子論医学、波動医学という用語がネットの界隈に飛び交っております。

また周波数でウンヌンも。

このへんが気がらみに関わってくる危険性が多分にありまして。

早めにこういったヤバイ芽を摘んでおく責任が、自分にはあります。

ですから、怒濤の重量級のコンテンツを今後も、ビシバシと分泌する所存です。

今回のトリアル10に引用した葦原検校の「鍼道発秘」の一節。

これだって、本当に超貴重な情報ですが、

ここぞで、大判振る舞いで今回は放出しました。

家人達には、何で業界紙とかに連載しないで、違う媒体にそんな高度なモノを出すのだ?

となかば、非難めいた口調で文句を言われますが、

私はウチワの業界紙とかには、はっきりいって、あんまり興味が湧きません。

ようは、業界アカデミズムの世界は、肩書き重視、派閥重視の古い世界と認識しておりまして、

今さら、そんな古色蒼然とした世界で一旗揚げようなどと、いう気は起きないのです。

拾ってくれたトリニティウェブに恩返しの気で今後もいっちょ、やったります。

自由にモノが言える場がある。

それが超うれしいじゃないですか?

あとは、ウチワ業界でなく、オープンに万人に開かれているし。

しかし、書く時間の確保が今後の大いなる問題(笑)

2015/12/02 (水) 19:42:01 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

腹筋が

捩れるほど大笑いさせてもらったおかげで、内臓までほぐれてる気がします。

先生はどうやら触れずにもみ飛ばす技もお持ちのようだというのが分かりました。

これからはハリィー・ジョーイ先生とお呼びしなければいけませんね。

無口なはずの夫婦ですが、昨日もまた喋りすぎました。
あのへんの話は聞かなかったことに、
それからアレは見なかったことに、お願いします。

丸い地球の水平線の3分の1が見える圧巻の御前崎から、これぞ理想郷!椿茶屋さんの温かいおもてなしを味わう贅沢。いいんだろうか。の一日、ありがとうございました。

2015/12/03 (木) 06:29:39 | URL | たがやすべえ #- [ 編集 ]

あっそうか!

おしゃべりでも良かったんだ!触れずにコリも飛ばしてもらえてたんだ!やっぱおしゃべり大事 (#^^#)

2015/12/03 (木) 07:33:44 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

こんにちは

ばっちゃんわらすさんのコリ飛ばしの技もかなりのものとお見受けしました。先生との火花散るやりとり、目に見えるようです。

2015/12/03 (木) 11:26:57 | URL | たがやすべえ #- [ 編集 ]

笑い指圧?


たがやすべえさん、たねまきこさん、

いつも当院を御利用くださり、まことにありがとうございます。

寒冷刺激に対抗して、体壁筋肉系は固さを増して、凝りを生み出します。

そんなこんなで、今回もイタギモ絶叫コースターと化した光伯堂でした(笑)

たがやすべえさんの、笑っちゃう程、痛い!と言いながら、本当に笑ってくれたのは、とってもうれしかったです。

ハナシの内容も濃かったですね。バー博士の動電場理論の思想は、宗教をまとめ、超越する可能性がある、

そして、東洋では直感で、宗教を越える気という概念をポンと設定するセンスがあった、

との、たがやすべえさんの分析、視点は目が覚めるような思いで、聞かせて頂きました。

御前崎の絶景、最高でしょ?

灯台の向こうからトレンチコートを着た片平なぎさと船越英二が、出てきそうで(笑)

また、それから椿茶屋まで、行って頂いて、本当にありがとうございました。

そうそう、たねまきこさんに洋食の美味しいお店は?

と聞かれて即答できなかったのですが、椿茶屋に向かう藤枝市の白子通り商店街の老舗のお肉屋さん、

大正亭が、やっている肉料理のレストランはイイです。

高校時代のバスケ部の夏合宿の打ち上げが、ここのすき焼きでした。

でも、その頃の味のある古い店とは様変わりして、最近になって建て替えたお店は、

和風モダンの超カッコイイ、キレイなインテリアで、リーズナブルに美味しいお肉料理が堪能できます。

また、いつか、大正亭や、あと、藤枝市なら蕎麦屋の八兵衛さんなんかも、そこから近いです。

まっ、蕎麦はアタシはチョンチョロリン系では満足できなくて、

ザブザブ三段大盛り派です(笑)

光伯堂癒しグランドツーリングのモデルプランを、先取りした今回のツアー。

またのご来院を心よりお待ちしております。

シフォンケーキ、超旨かったです!

家族全員で激闘争奪戦(笑)










ばっちゃん、うちら業界人の重鎮の言葉に、

言葉の一鍼を打てる鍼灸師になれ、

という格言があります。

言葉で、ギャグで、会話で凝りを溶かすことができれば、

指圧と鍼灸と双方のダブル効果が期待できますね。

目指します(笑)

ジョイフル・ハリィー、

ハリィー・ジョーイ、

そう、ハリィー・上医っすね!

2015/12/04 (金) 06:00:13 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR