本当の事 5

閑話休題。




ここんとこ、かなり激しくここのコメント欄に養生アドバイスを書き込んでおりますが、

今週末に地元で祭りがありまして、

昨年と今年と祭りがらみの役を私が引き受けている関係上、

たぶん、そろそろノンビリと書き込む余裕もなくなってくると思います。





なので、少し私自身が発信する記事やコメントが停滞することを、御了承ください。

ではありますが、常連コメント陣や新規コメントをくださる方は、

是非にジャンジャンとコメントして頂きたく思います。





昨日は子ども達と、カブトムシの幼虫のカブ分け(笑)をしました。

今夏はひとつの飼育槽で2カップルのカブトムシの成虫を飼いました。

どうも、2カップルともうまくいったようで、

ある日、連れ合いが飼育槽の底を見て、

「アンタッ、やばいよ!見てみっ、カンブー飼ってる中にダンゴムシが入りこんでるよ!」

と言うから、なにっ!そりゃあ、イカンと思って、見に行ったら、

「なんでぇ〜、こりゃあ、カブトムシの幼虫じゃんか!」

「えっ、じゃあ、今年は成功したの!やったぁー、子供っちが喜ぶよね」





だったんですが、それでちょっと飼育槽の土をほじくって、調べたら、

軽く10匹を越える幼虫がいまして、このままだと、ちょっと密度が高くて、

住環境としてはちと狭いので、昨日、2匹ずつを、小さな飼育槽3つに分けて、

残りは大きな飼育槽のビフォー&アフターとしました。





このカブトムシの幼虫はなんでも、あの「ファーブル昆虫記」の

著者アンリ・ファーブルが「進撃の巨人」ならぬ、

「無敵の巨人」と称した昆虫だそうです。

なにが無敵かというと、バクテリアやウイルスが夥しく棲息する土の中にあって、

ごくごく普通にそんなバクテリアやウイルスに侵蝕されることなく、

平気の平左で健康に過ごして、やがてサナギになり変態し、

雄々しき成虫の姿に成長する、この無敵の免疫力を称えて、

ファーブルがそう称したということです。




近年の研究により、カブトムシの幼虫の体液からはあらゆるバクテリアに抵抗できる強力な

生体防御タンパク質!

が発見されました。



そう、生体防御タンパク質と言えば、

その筆頭はヒートショックプロテイン!



昆虫の細胞の細胞膜にはトール受容体という

ヒトのマクロファージのトールライクレセプターと同じ機能をもつ受容体があり、

またレクチンという受容体も昆虫の細胞膜には備わっております。

昆虫はこのトール受容体やレクチンを使って、

外部から侵入しようとするバクテリアやウイルスに対抗する抗菌ペプチド

つまり生体防御タンパク質を産生して、無敵の免疫力で生き延びています。

もちろん、昆虫は抗菌ペプチドとは別に、

ヒートショックプロテインでも生体を防御しております。




なんでも、抗生物質がまったく効かない多剤耐性菌の代表であるMRSAを

カブトムシの幼虫の体液に浸したら、18時間後にはMASAは跡形もなく

殺菌されて消滅してしまったそうです。




切り傷ができたら、ションベンをかけるより、紫雲膏を塗るより、

カブトムシの幼虫の体液を振りかけた方がイイかもね!




ヒトもセントラルドグマを使って100種類以上の

生体防御タンパク質・ヒートショックプロテインを

日々、毎瞬間、産生し、自分自身の身体を守っている。




人間もまた生まれながらに

「無敵の巨人」

の、はずなのです!




なのに、なぜ、そこを見ようとしないの?

なのに、なぜ、そこを尊重しないの?

なのに、なぜ、そこを利用しないの?





ネバネバヒートなコンプリート風邪対策マニュアルを実践すれば、

進撃の巨人にも打ち勝てる、かも?

そりゃあ、ねえか(笑)






カブトムシの幼虫なみの、

無敵の免疫力は

ネバネバヒートから!

スポンサーサイト

2015.10.06 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 免疫強化

コメント

安保法改悪制定、TPP植民地化成功、マイナンバー奴隷制発布、のスピンノーベル賞





現代のシュバイツァーとか、と今に称えられるだろう日本人研究者のノーベル賞医学生理学賞が、 



華々しく報じられておりますが、まっ、アタシは超ひねくれた中年オヤジですから、 

手放しで喜ぶ気分にはなりません、はい。



他にもっとスゲエ発見や業績はゴマンとあるし。



NK細胞の発見、インターフェロンの発見、トールライクレセプターの研究、小胞体ストレス応答の研究、



これらもぜんぶ日本人研究者の発見業績だけど、どんだけスルーされてるのか、ってくらい無視されてるじゃん。 



実際、このへんの発見業績はハンパなくノーベル賞100個級だけどね。 



そう、それで忘れちゃあイケナイのが、ハリィーの業績、

裏ノーベル賞1000個級(笑) 



それはともかく、取りあえず、原稿も書かないとイケナイし、でボチボチ、ヒマがなくなるから、



ダメ押しで、エセ医学と疑似科学を徹底論破、最後の巻をやっておきましょう。



今流行ってる論調は、まず現代医学を口汚く叩くそのクチで、こっちがホンモノの療法だ、とする



アッチがダメだから、コッチをやればイイ詐欺、がそこかしこでブレイク中です。 



それで現代医学を叩く以上は、現代医学を熟知した上でそれを越えるコンテンツがあるはずなのに、 



こういった詐欺論法には、まったく医学的整合性を取ろうとする姿勢が見られません。 



それでふたことめには、癌が治った、万病が治った、の治った体験談だけは盛んに吹聴する。 



これだって、本当に治ったかどうか誰も確かめようがないわけで、 



何千人もの癌患者が生還とか言われると、冗談も休み休み言えよ、とつい突っ込みたくなるものです。



で、では、治った、治ると豪語する以上は、どうして治るのか、そのメカニズムの詳細を提示し、

しかるべき客観的データを提示するという、 

エビデンスの公開というお約束は最低限のマナーなのですが、 



こういうマナーすら、これらナオルナオル詐欺の連中はいっさい公開しません。



オシッコを飲んで万病が治ると豪語するのなら、なぜオシッコを飲むと治るのか? 



そこのところを説明できなければ誰も信用しません。 



オシッコが起点となって免疫系が起動するという仕組みでもあるのでしょうか?



そんな事、聞いたこともありません。 



電子や水素を供給すると癌が治るなる意味不明のエセ医学をもとに、 

電子や水素を供給する機械やサプリやグッズの販売促進に励むブロガーも後を絶ちません。



しかし、ではどういったメカニズムで電子や水素が癌を治すのか、その詳細が公開されることはいっこうにないのです。 



ただ、ナントカのひとつ覚えのお念仏で、酸化したものを還元すれば癌が治る、の一点張り。



酸化されていたモノは何ですか?そして還元された先に何が起こるのですか?



電子や水素を大量に供給すると、それはいったいどんな経路でその酸化物に到達するのですか? 



電子や水素を供給する触媒はいったい何?



酸化も還元も自然な命の営みのなかにおける、通常の細胞生理においてはすべてタンパク分子酵素により触媒されます。



自然ではない外部から機械が供給した電子や水素の橋渡しとなる触媒酵素の名前は? 



そしてもしもそんな都合の良い果たしてあるのかないのか、いまだに説明もされない触媒酵素があったとして、



そのおかげでうまく電子や水素で還元された酸化物はその後、どんな機序を起こすことで癌を治癒に導くのですか?



ここまでとここから先のメカニズム、癌が治癒する過程の詳細をすべて説明しなければ、誰も信用しませんよ。



な〜んにも、こういう細かい部分の説明がいつも、いっさいないんだよね。



それなのに、なぜ癌が治る、万病が治る、なんて豪語できるのでしょうか?



チマタのエセ医学、疑似科学の詐欺はみな、この最後の詰めがまったくお粗末で、ユルユルのお花畑なんです。 



しかし、そこを突く者も、またほとんどいませんね。



みんなそんなにヒマじゃないんだね。 

こんな一銭の得にもならないエセ医学、疑似科学叩きを率先してかって出ているのは、俺くらいのもんでしょうね(笑)



まあ、とにかく、アッチがダメならコッチがあるよ詐欺が、健康指南カテゴリーでは大流行なので、



くれぐれも気をつけてください、とのハリィーからのくどい提言でした。



だいたい水素イオンなんて、細胞内に大量に入ることなんて出来ないよ!



細胞膜のイオンポンプで常に細胞質の水素イオンは一定の濃度に厳密に保たれる仕組みだから。



まあ、色々とアラが多いのがエセ医学や疑似科学だから、自分で反論の証拠を探すのもけっこう面白い作業で、



医学や生命を問い直すいい機会になるから、皆さんもヒマがあったら挑戦してみてください。 



もっともそんなヒマなんかないよね(笑)



さて、アタシもそろそろ、原稿と祭りにと、忙しくなりますので、



このへんで、しばし、ネットから遠ざかります。



週明けくらいには、また顔を出します。 



では、それまで、みなさんも

ネバネバヒートなコンプリート風邪対策マニュアルに

励んでください!

まったね〜(笑)

2015/10/07 (水) 01:54:16 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

何だか静かで寂しくなりました

 去年初めて知ったのですが,遠州とか
多分,先生ところの祭りも凄いのでしょう。期間中,家にも仕事場にも戻れない…

 掛川でも「屋台」というのが住宅地図のあちこちに出ていて,これは何だろうと思っていたのですが(ひょっとして,テキヤが多いのか…(@_@) これは祭りの山車(これを屋台と言うらしい)を入れておく倉庫でした。

「東京イン」という3ヶ月に1度行く,安い美容院の従業員の人が,祭りに休めない店はみんな駄目と言ってました。店を転々変えたのだとか。 10月になったら自分の祭りだけでなく,若手が足りないあちこちに助っ人に行くそうで,やたら忙しく,それも休めるのだとか。屋台の掛川レベルなんてずっと下なのだとか。

 人生は遊びだ!こういうノリ素敵ですよね。今は農繁期の最後の追い込みで,毎日農でこれも遊びです。このあと大豆の収穫,落花生の収穫,大麦播き,ニンニク植え込みと続きます。この1週間で終了予定です。いつの日か祭りでも遊んでみたいです。

 あと,この場をお借りしてイナゴ関連アドバイスのお礼申し上げます。今年は3/4持って行かれました。うちが1/4です。小さな田んぼが7個あるのですが,うち3つ強制終了しました。稲束が軽くて軽くて熟年には大変ありがたいものでした( 一一) 2人分のお米としては大丈夫です。遊びにきてくださった方には御飯もお餅も召し上がってもらえます。
 いただいた言葉の数々コピーしてとってあります。「百姓の来年」といって来年はきっとこうしようと誓うこの頃です。


2015/10/08 (木) 09:16:50 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

祭りに関しては

ジモティーじゃない外来種の人間は、なかなか地元に溶け込むまで時間がかかる。

で、溶け込んだ頃には、だいたいOBになるという流れです。

ただ子供会がらみは、まだ長い。

アタシはもとは焼津っ子でして、でも海よりは田んぼばっかの田舎で育ちました。

焼津では、ここらへんのようなダシ出しはなくて、神輿を担ぎます。

でも焼津の荒祭りに出たのは、小学生の時の1回きりの思い出。

さて、文科省は、今後もあの運動会の定番プレイ、骨折組み体操のSMショーを続けるつもりでしょうかね?

普通に考えて、とてつもない虐待でしょ?

まるで戦時中だよね。

10段ピラミッドが崩れる映像を見たけど、揺れてる初動時に、止めが入ることもないわけです。

こういうのいったい誰の責任なのかね?

ウチの下の娘の幼稚園児も、組み体操が見せ場だったけど、5歳児ならできることも知れてて、まだギリギリ良しかもだけど、

小学生、中学生、高校生では、もうこういうマスゲームは全面的に禁止すべき。

骨折がもとで、今後、様々な後遺症が出る危険性もある。

経絡が切られたりして、気の流れがブロックされたり、乱れるからね。

なんとも思わないのかね、日本の医療者たちは?

鍼医も整形外科医も、あんな恐ろしい人間ピラミッド見たら、普通は猛烈な怒りが湧くはずだけど。

まさに権威権力こそ、リアル「進撃の巨人」ということでしょうか。

ふぅ〜、黙っていられない性格だわ(笑)

ばっちゃん、来年はどうにか、イナゴに一矢報いましょう!

2015/10/08 (木) 20:18:50 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

えっ これ知らなかった 10段組み体操

 そんなすごいことになってたんですね。いつの間に10段も 昔はせいぜい5段。動画見てびっくり。それを今時の子供達が…昔の子達のほうが全般に基礎体力がそろっていたろうし。

 大体2m以上の高い場所の仕事は足場つくらないとやってはいけないのだけど,仕事として熟練している大人の世界にもあるルール。先生達も教育委員会にも驚きです。物言わぬ親たちにもびっくり。みんなやってるから?誰もやめないから?達成感持たせる?え~え?

 毎年骨折事故あっても,続けている…凄すぎ… 

2015/10/08 (木) 22:22:36 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

ピラミッドでもそうですが、学校の異常さって
みんななかなか本気で理解しませんね。
被曝ありぃの素性の宜からぬ給食ありぃの
でも、何のかんの言っても学校の権威には
逆らいにくいみたい。
ピラミッドなんてやりたけりゃ
どんだけ反対してもやるのが教師の性でっせ。
ホンマに

2015/10/09 (金) 00:25:57 | URL | 大阪のおばちゃん #- [ 編集 ]

危機管理能力ゼロ

そうだった 教師って一人では何も決められないし,やめられない人達多かったんだ… 

私の母が生きていた,多分30年近く前の話だけど,孫の男子中学生と相撲取ったら勝ってしまったと驚いていた。元気だった母らしいエピソード。体でかいのにからっきし力ないって。

その頃ゲームはやりはじめ… 体力的には今頃もっと恐ろしい事態では… 

やめろ!今すぐやめろ!組体操なんてもうやってはいけない!

 

2015/10/09 (金) 05:13:19 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR