壺 4

このあいだお伊勢詣りに行った際に(伊勢神宮はお参りせず 笑)、

開業60周年を迎えた鳥羽水族館に出掛けて、

色んな生き物を観察して楽しんだんだけど、

タコがなかなかグロテスクでかっこよかったね。





あっ、この前振りはもしかして、と

ピンッ!と来たアナタ、そうご名答!

ふふふ、蛸壺、たこつぼ、タコツボね(笑)






タコツボというと、何となく引きこもりのような、

なんか狭い殻に閉じこもって、外界と接触を断って、

自分の世界に耽溺している、そんなイメージのある言葉だけど、

このタコツボという言葉から私が何をイメージするかというと、

まさに自分はタコツボの中でここ26年間、

ツボと対話し続けてきたと

いま感慨を深くする次第です。






ほぼ、どっぷりとここ26年間、

ツボを介して気を、ヒトを、命を、宇宙を観る世界に

私は生きてきました。

それで、ようやく観えてきたものを、

今、ここのブログやトリニティウェブの連載などに

公開しています。







ここのところ、奇跡の一発治療のような自分でも驚くような成果が上がりはじめているんだけど、

たぶん、そういうレベルに達するには、タコツボに沈潜すること26年間の時間が必要だったわけです。





チマタには弁舌たくましきニワカ健康指南番が、

とても自信満々な滑らかな口調で、

自説を吹聴しております。





でも、悪いんだけど、そういうモノのなかにアタシが共鳴共感共振できるコンテンツは

いっさい、ありません!

だって、お前さん、ヒトのからだをさわってないじゃん!





ヒトのからだをさわりつづけたからこそ、

ヒトのからだをさわりつづけた者にしか、

わかりえない世界があるんです。






そういう世界なら公開し、ヒトサマに読んでもらえるはずだ、

との思いではじめたこのブログもすでに4年目を迎えております。






先日も、随分と高齢の御婦人が

美容指圧をして欲しいとご所望されて、

次回に来院された際に、

「先生、毎朝、魚市場で会うあたしの仲間の三人娘

といってもみんなお婆さん(笑)がいるんだけど、

あたしは何にもひとこともいわないうちに、

朝いちばんに、アンタ、顔のシワが減ってる!

って、ひとりの大の仲良しのお婆さんが

あたしに言ってきて、先生、ほんとに

あたしは、ものすごいビックリしたよ!」

と仰ってくれました。






また50年来の手足の冷えが、

わずか一回の温灸治療で、

改善の方向へとシフトしたケースも

ございます。







奇跡は一日にして成らず。

奇跡が起こるまでは、

タコツボに沈潜すべし(笑)








タコツボ奮戦記に

どうぞ今後ともご期待ください!

スポンサーサイト

2015.09.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR