道を遊ぶ 18

これこそが神の真の姿なり ←ここをクリック!



今朝は1匹のミンミンゼミが静かに鳴いており、そこに秋の虫たちのコーラスがかぶり、鳥のさえずりがアクセントを加えております。

はい、久しぶり?のブログ更新となりました。




冒頭クリック記事をクリックしたら、まったく前回と同じ。

トリニティウェブ連載「養生アルカディア 凝りを巡る哲学的考察とセルフケア」vol.4。

暑さにやられて、このハリィーとか言う鍼医はついに頭がイカレタのか?

と思ったそこのアナタ!

はい、少しはイカレテますが、そんなにはイカレテおりませんのでご安心してください(笑)




それで、なんでまた同じ記事を貼ったかというと、今回の養生アルカディアの記事から

新しい文明観というか世界観というか宇宙観というか、生命とは何か?という

根源的な問いを発することで次世紀の「養生文明」を牽引するニュー・パラダイムを

打ち立てようとの意気込みで新路線に取りかかっており、

そこのところをよくよく読み込んで欲しくて、

もう一度おなじ記事をくどく貼ったということが一点。





それから、このアタシがフェリーから撮った記事トップの写真ね。

これ、ほんと、偶然にこういう瞬間に遭遇できたんだけど、

この写真、自分はスゴ〜ク、気に入っていて、

だって、まさに岩戸開きの瞬間、光りの鳥居でしょ?




神が止まる寄り代(よりしろ)、止まり木が鳥居なんだけど、

だから神ってのは天照大神つまり太陽ならば、

太陽はいつも地球を照らしてくれているのだから、

地球そのものが神の止まり木であり鳥居であって、

つまり地球そのものがパワースポットじゃん!




なのに、なんでアソコだけがパワースポットで、

みんな現世利益をお願いして、パンパンとね。

俺にはなんだかそんな世界がもの凄くチャッチイ世界に見えてしまって、

今回は悪いんだけど、お参りに行かなかったというか、

いくヒマがなかった。

うえの娘が三重県松阪市の木綿手織りセンターというところに行って、

どうしても「夕鶴のおつう」みたいに昔の機織(はたお)りの機械で

織物を作りたいというから、この望みを叶えてやるのが今回の旅行の最大の目的だったから、

この機織り体験をスケジュールに組んだら、結果として神社系には行く暇がなくなっちゃって。

ところが伊勢志摩スカイラインに入るのに迷って、モロに神社の中に入ってしまったのには笑ったね。





うんっ、なにが言いたいのかって?

そう、たまには旅行もイイよ、じゃなくて、

天照大神をはじめとする八百万(やおよろず)の神は、

地球のどこにでも等しく神の愛を注いでくれる、

とこの写真は示している、と言いたいわけ。

これが一点。






まあ、そういうことで、地球ってのは太陽光線がちょうどイイ感じに届く位置にあるから、

この位置をハビタブルゾーン(生命生存可能領域)と呼ぶんだけど、

ほんと、奇跡的にちょうどイイ位置に地球は配置されてるから、

生命が38億年前に地球に誕生して、生命史がつむがれて、

今の俺たちが存在できているんだよね。




太陽はやっぱり天照大神に違いない。

太陽にこそ毎朝、礼拝すべき。




今朝もありがたことに太陽神がお出ましです!

パンパン、いつも、地球を温めてくれて

本当にありがとうございます。

スポンサーサイト

2015.08.29 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

マト金太な宇宙

お陰様で養生アルカディア第4弾のいいねポイントが、

4回目にして、現在74ポイントを達成しております。

これまでの前3回のいいねポイントが軒並み10ポイント台だったことを振り返れば、

まったくウソのように今回はいきなりの高ポイント!

別にどっか、これまで出入りしていた他サイトに応援など一切あおいだわけではなくて、

この高ポイント・ゲットだから、アタシは実はもの凄く嬉しいのです。

やっぱり面白い記事を書けば、それ相応に評価される、ということなのでしょうね。

まっ、ちょっと字数がいつも多くて、読み手に負荷がかかり過ぎるきらいがあるから、

今後はそのへんを修正しつつ、できるだけもっともっと面白い記事を書いていこうと意気込んでいます。

ウイルス性善説はこれを深めていくと、かなり新しい生命観がググーッと出てきそうで、

自分も未知な領域にチャレンジする気分で高揚しています。

生命誕生の最初の生命体は果たしてバクテリアだったのか、ウイルスだったのか?

まだまだ決着はつきませんし、今後は色んなアイデアが海底の熱水噴出孔から熱いお湯が噴出するが如くに飛び出てくることでしょう。

まあパワースポットな神社にケチをつける気はさらさらありませんが、

地球そのものがパワースポットなら、人体もまたパワースポットだし、凝りはもちろんパワースポット。

こういう生命階層に応じて同じ事象が出現するさまをフラクタルと呼んだりしますが、

つまりフラクタルとは、ロシア版のこけしのマトリョーシカとか

どこを切っても同じ顔が出てくる金太郎飴な世界観ということで。

それでこのコメントの題は「マト金太な宇宙」ね。

はい、では午後の営業に行ってまいります!

2015/08/29 (土) 13:25:15 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR