道を遊ぶ 12

本記事は本シリーズ「道を遊ぶ 8」のコメント欄への返信となります。




ジェダイの農夫、桑さん、

お呼びにお応え頂いてのコメント、

まことにありがとサンクス!



イナゴが繁殖する田んぼと、そうでない田んぼの何が違うのか?って

そのへんにもしかしたらヒントがあるのかも。

アタシはまるっきり農はシロウトなんで、

しかしシロウトなりの意味不明な発想が意外に

なにか突破口になるかもと思って、

ちょっと起きたばっかりのドーパミンが脳内に充填された

新しいアイデアを創発するにはもってこいの今、

この寝起き時に思いつくことをここに書き出しますが。




①昆虫の全体重の30%〜50%は共生バクテリアの重さで、

この昆虫に共生するバクテリアが昆虫の最強の免疫力の一端を担っているんだけど、

だから、イナゴの体内に棲むこの共生バクテリアのバランスを崩すような要素が発生すれば、

外来性バクテリアがイナゴの体内に感染して、

桑さんちの牧草の穂先でお陀仏になって死んでいった連中みたいになるかもね。




でも、このイナゴだけを効果的に殺すバクテリアの確保、捕獲が難しい。

例えば死んだイナゴを何匹が集めてバクテリア感染させて発酵させて、

こいつを粉末にして田んぼに播くとか!

そうすると、この死んだイナゴに繁殖した感染性バクテリアが一気に田んぼに拡散して、

生きたイナゴを急襲して、イナゴを撃退できてしまう?

ただし死んだイナゴから生きたイナゴに害をもたらすバクテリアがうまく捕獲できれば申し分ないけど。

そこがちっと難点と言えば難点のど飴(寒いギャグは暑い夏には最適 笑)

ばっちゃんの田んぼは確か周囲が森だったような気がするけど、

この森の中にはおびただしいバクテリアが棲息しているから、

イナゴにだけ害をもたらすバクテリアくらい捕獲できそうなもんだけど。




②狂牛病ってのは、同種のタンパク質がウイルスのように感染して悪さをする現象だけど、

このウイルス性タンパク分子を人為的にイナゴに発生させるように、

イナゴにイナゴをどうにか食べさせて、

イナゴ界のカニバリズム(同種嗜食)によって、

イナゴの体内にプリオンみたいなウイルス性タンパク分子を発生させて、

このイナゴ・プリオンが異常増殖すると、イナゴが一掃できてしまうという

イナゴ・プリオン病・人為発生法なんてのも、今思いついた。

あ〜、オレってほんと自分でもイヤになるほど恐ろしい事を思いつくわい、

よい子は絶対にマネしちゃあイカンぜよ(笑)





③この流れでいけば自然に何かのウイルス感染かバクテリア感染で死んだイナゴを見つけて、

そのなかからどうにか生きたイナゴにだけ害をもたらすウイルスかバクテリアを抽出して、

このイナゴ病原性菌かイナゴ病原性ウイルスを拡大培養して、

田んぼ全域にこのイナゴ病原性ウイルスもしくはイナゴ病原性バクテリアを

拡散できれば、これが一番の良策じゃね?




④う〜ん、ちっと発想を広げて

イナゴが嫌う音とか、周波数とか、

なにかそのへんはどうですかね〜?




⑤ウイルス、バクテリア、音、臭い、光り、振動、周波数、電磁波、・・

肉眼では見えない世界に、イナゴ撃退の鍵を握るなにか、があるとか。



⑥昆虫は紫外線を視認できるオプシン受容体をその眼にもっていて、

それで花の蜜部分が反射する紫外線を頼りに(ネクターガイド)

蝶やハチは蜜に吸い寄せられるんだけど、

バッタがどんな電磁波に反応するのか知らないけど、

イナゴが嫌う光り、色があるかも。





⑦イネじたいをイナゴに強いタイプに生まれ変わらせる。

死んだイナゴを田んぼにはった水の中に浮かべると、

イナゴを殺すバクテリアのDNAが

水生ウイルスの水平遺伝を介して、

バクテリア界と植物界の種を越えて

イネのゲノムに伝播するかどうか。





ばっちゃん、桑さん、

シロウトのお馬鹿な発想としては、

こんなん出ました〜!(笑)



自然の摂理に反しない事で、

うまくいくのが

いちばんイイと思いますが、

それがいちばん難しい?


スポンサーサイト

2015.08.14 | | コメント(7) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

うちの畑は

コオロギが大量に産まれるんですが、鶏と一緒に散歩すると
食べる食べる。コオロギに飽きるとトマトをつつくので
眼が離せませんが。(笑)

2015/08/14 (金) 07:16:52 | URL | 桑畑五十郎 #- [ 編集 ]

大学の研究者の返事よりすごいです

桑さん,先生ありがとうございます!
2年ほど作らない それもありますね 辛い…
あと何年できるかという時に…

桑さん そのバッタとうちのイナゴでうちにきたらどうなるんでしょう

「その穂先のバッタから
小さいキノコのようなものが生えるんです。
バクテリア、いい仕事しすぎやろー。
少しゾゾーってなりました。(笑)」

先生色々すごすぎです! 最期は先生に眠るように仕掛けをおねがいしたいくらいですが…

2015/08/14 (金) 07:59:00 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

セロトニン

イナゴが大発生するキッカケが実はイナゴの体内にセロトニンが分泌されることで、

ある個体と別な個体の身体が触れあうと、そこでイナゴにセロトニン分泌のスイッチが入る。

とすると、イナゴの密度が上がらないことは、かなり大事な要件かも。

ウチの庭にもショウリョウバッタやイナゴ、コオロギはそこそこ見かけるんだけど、

カマキリもクモも、野鳥もいるせいか、増えすぎない均衡を保っているみたい。

やっぱ田んぼってのがイナゴにとっては、楽園になっちまうのか。




ヒトのマクロファージのトールライクレセプターと同じ遺伝子を昆虫も持っていて、

昆虫のトールライクレセプター遺伝子は免疫物質を合成する遺伝子で、

この昆虫のトールライクレセプター遺伝子を使えなく(ノックアウト)したショウジョウバエは、

あっという間にカビにやられて死んでしまうことが実験でわかってる。

だからイナゴのトール遺伝子をノックアウトしてしまえば、イナゴはたぶん死滅するけど、

イナゴという種が地球上から消えると、これはこれで一大事かもしれん。

まだ、ちっとなにか他にイイ方策が思い浮かぶかもだけど、

取りあえず仕事マックスなお盆なので、

また時間見つけては、書き込みます。





ばっちゃん、はい、安楽死ならぬ安楽鍼のオーダーですね(笑)

だいたい、すでに開発済みって、ウソよ〜ん。

健やかな生の先に健やかな死が待つ。

これこそが安楽鍼いや養生の奥義。

2015/08/14 (金) 13:39:54 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

ドーパミンの枯れた脳端末で少し

いやいや、ここんとこ、お仕事マックス祭り中で、

満員御礼の垂れ幕を連日ぶらさげて仕事をしておりまして、

一日の仕事を終えると、それなりに内気を使いこんでしまっており、

夜はアイデアを発想するには、ふさわしくない脳端末状態なんですが、

ええと、そいで、何かイイこと思いついたはずだったんだけど、

ヤバイ、やっぱ、忘れてる(笑)



イナゴは昼行性のような気がして、だから走光性がなくて、灯りには突っ込んではこないから、

夜間に光りで集めて一掃するってのは、うまくない。

あっ、うまくない案を言ってもしょうがねぇよな。

やっぱ、頭回ってないっす。




でね、じゃあイナゴは夜間には何をしてるのか?

その夜陰に乗じて、一騎打ちみたいな手はないんかな?

なんて、思いついたはイイけど、

だからイナゴは夜はどこで何をしてるんか、がわからんのだ。

寝てるのか?




イナゴやバッタはひと夏で、4代くらいを経るから、そのどっかのサイクルで、

この流れを切ってしまうとすると、

バッタは産卵は土中に卵を産むから、

おなじ産卵パターンならば、

土になにかイナゴの卵にだけ悪さするウイルスでもしのばせるか。





あいや〜、やっぱドーパミンもセロトニンもβエンドルフィンもすでに使い果たしてるっぽい。





さて、明日の朝、しっかり睡眠をとってドーパミンを再充填して、いったいどんな良いアイデアが発想できますでしょうか?




つうことで、ほんじゃあ、ひとつ皆様、また明日〜!

2015/08/14 (金) 20:06:30 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

センセ、詳しいですね。

イナゴって畦に卵を生むらしいですね。

かつては、春先に畦を泥で固めて、イナゴの孵化を止めていたらしいですね。

あ、そんな情報はとっくに出回っていますよね。

お役に立てずにすみません。

先生、先日はありがとうございました!

2015/08/14 (金) 22:06:40 | URL | nanoie #wdCS19LM [ 編集 ]

イナゴは

悪者ではないのです。いいも悪いもない、悪い例えですが、
イナゴのホットスポットかもしれませんよね。
昔、北海道に移住した時に借りていた家は、スコットカメムシの
巣の中にある家で、そこで10年暮らしましたが何一つ改善策は
見つかりませんでした。そういう事もありますね。
おいしい野菜を作ろうといろいろ工夫するけれども、
空回りになって初めてそれは見当違いだった事に気付く。
ダークサイドはそこいらじゅうに網を張っていますからね。(笑)

2015/08/14 (金) 22:15:47 | URL | 桑畑五十郎 #- [ 編集 ]

nanoieさん、桑さん

お返事はお隣の「道を遊ぶ 13」にアップしましたので、

よろしくご参照、もといご参笑ください。

2015/08/15 (土) 02:46:36 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR